どうも、タカピです。
本日は、2歳牝馬のG1レース阪神JFの追い切り診断です。
 
今年の2歳戦は、牝馬の活躍が目立ちます。
メンバーを見ても目移りするような馬が集まっている印象です。
 
ミスエルテは来週の朝日杯に回りましたが、それ以外の有力馬は
ほとんど出走してきたと思います。
 
来年のクラシックに向けても最重要レースになると思いますので
レースを楽しみにしたいと思います。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
⑱リスグラシュー
④レーヌミノル
 
B+評価
⑪ジューヌエコール
⑰ヴゼットジョリー
①ディーパワンサ
⑦ブラックオニキス
 
B評価
②ソウルスターリング
⑥ショーウェイ
 
 
高素材が集まっただけに、調教の動きも見栄えする馬が多いです。
上位人気の馬の動きが良く、能力的なことを考えても波乱要素は
少ないのかなという印象を受けました。
 
上位陣はどの馬が勝っても不思議ではなく、レース前からワクワク
した気持ちになりますね。
 
スポンサードリンク
 
 

調教解説

リスグラシュー
栗坂 55.2-39.5-25.2-12.3 単走/馬なり
このメンバーに入ってもスケールで上をいっています。
小さめの馬体ですが、ひ弱さは全く感じませんし、むしろ
牡馬並みの力強さすら感じるほどです。
2週連続坂路で素晴らしい動きでしたし、重心のブレない
フットワークは大物感を感じさせます。
阪神コースは未勝利戦でレコードを出したように適性大ですし、
素質馬が揃った今年の2歳牝馬の中でも一枚抜けている可能性
すら感じます。まず勝ち負けは間違いないでしょう。
 
 
レーヌミノル
CW 66.9-51.3-37.1-11.7 3頭併せ/外/馬なり/先着
動きが柔らかいですね。全身ゴムまりのような柔軟性が
ありますし、追われてからの体の伸縮度が抜群に良いです。
初戦、2戦目と小倉で馬を見ましたが、正直言ってまだ全然
造ってない状態でした。馬体は緩いし、筋肉もまだ発達して
いないような状態でした。それでも圧倒的な強さで連勝しましたし、
潜在能力は相当だと思います。
先週、今週とCWコースで強めに追われていますし、特に今週は圧巻
の動きでした。
3頭併せで4角で外に大きく膨れて、直線向いた時はとても届かない
ような位置でしたが軽くしかけただけで差し切りました。
強めの調教を行うようになって馬がグングンと良くなってきています。
スピードが抜けているので、押さえるのに苦労している現状ですが、
折り合いさえつけば圧勝すらある雰囲気を感じます。
 
 
ジューヌエコール
CW 54.7-39.5-11.7 2頭併せ/外/馬なり/同入
完成度が高い馬です。馬体も見栄えしますし、
調教でも無駄な動きをしません。現時点でも筋肉がしっかり
発達しているので、追われてしっかり伸びますし、前半の
位置取り争いでも無理なく好位置を取りに行けます。
筋肉が発達し過ぎているので、マイルは少し長いかなという
印象がありましたが、前走を見る限り何の問題もありませんでした。
好位からしっかり伸びる器用な競馬が出来ますので、ここでも
大崩れはないと思います。
 
 
ヴゼットジョリー
CW 84.3-67.8-52.2-37.9-11.8 2頭併せ/内/馬なり/先着
いいですね。間隔は開きましたが、柔軟性抜群のフットワークで
久々を感じません。ローエングリン産駒とは思えない柔らかさと
バネがありますので、母父サンデーサイレンスの影響が強く出ている
と思います。
前走は上がりの速くなる新潟コースとは言え、レース上がりの33.6より
0.4秒速い33.2の脚を使っていますので加速力はあります。
調教を見る限り、気性も素直そうなので久々も苦にしない可能性が
高そうです。面白い存在だと思います。
 
 
ディーパワンサ
CW 86.2-70.3-54.7-39.7-12.0 2頭併せ/外/馬なり/先着
一叩きされて素軽さが増してきました。
上がり重点の内容でしたが、ラスト1Fの伸びは目立ちましたし、
久々の前走時に比べ躍動感が出てきました。
前走のデイリー杯は、プラス10キロと少し重たさが残って
いましたし、先行有利な馬場状態で位置取りの差が出ただけの
敗戦だと思います。ジューヌエコールとの0.1秒差は逆転可能
だと思います。問題は鞍上のシュタルケだけでしょうね。
 
 
ブラックオニキス
CW 84.5-68.2-52.9-39.0-12.6 単走/馬なり
一叩きされ動きが一変してきています。
前走時はまだフットワークが小さく映りましたが、
今週の動きは体全体をいっぱいに伸ばした躍動感を
見せました。状態は急上昇していると思います。
後は、上がりの速いレースに対応できるかでしょう。
札幌戦と前走の京都でのパフォーマンスを比べると、
上がりがかかるコースの方が良さそうに思います。
堅実に走る馬なので、馬券内に粘り込む想定はして
置いた方が良いかもしれません。
 
 
ソウルスターリング
美坂 55.1-40.5-25.6-12.4 単走/馬なり
調教は良く見せない馬で、レースで見せるような
大物感も感じないんですよね。
まだ馬が幼いですし、フワフワした走りをしています。
ただそれでもあれだけ走りますし、前走は牡馬の
ダービー候補ペルシアンナイトを寄せ付けなかった
ほどの強さでした。
パドックでの姿は、デビュー戦とは比べ物にならない
程の姿で成長を感じました。本当に良くなるのはまだ先
だと思いますが、それでも素質的には侮れない馬です。
ここで結果を出すようなら、とんでもない器の可能性も
あると感じています。
 
 
ショーウェイ
CW 83.5-67.1-52.2-38.3-12.4 3頭併せ/中/馬なり/先着
デビュー前から調教の動きに迫力がありましたし、
完成度が高い馬だと思います。前走は調教VTRがなく
動きを見れなかったので印を回せませんでした。
結果的に2着に好走しましたが、個人的には何の不思議も
感じませんでした。やはり走る馬だなと思いましたね。
今週の動きも3頭併せの真ん中から馬なりであっさり先着
しました。体を大きく使ったフットワークで躍動感があり、
デキは変わらず良好だと思います。
1000mを60秒くらいのペースで逃げれれば残る可能性もある
と思います。穴馬として軽視は出来ないです。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
スケールが大きくかなりの能力を感じる馬は?
 
 
今までとは仕上がりが違う真の力はどんなものか?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ