どうも、タカピです。
本日は、2歳G1の朝日杯FSの追い切り診断です。
 
阪神マイルに変更になり今年で3回目ですが、中山での
開催に比べて素質馬が集まるようになった印象です。
 
昨年の1,2着馬はリオンディーズとエアスピネルで
クラシックでも活躍しました。
 
今年は牝馬のミスエルテの参戦で注目を浴びています。
これまでの圧倒的なパフォーマンスが牡馬相手で通用するのかに
注目ですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
⑬ミスエルテ
 
B+評価
⑤タガノアシュラ
④ボンセルヴィーソ
⑧ダンビュライト
 
B評価
⑥クリアザトラック
⑱トラスト
⑮レッドアンシェル
⑨ダイイチターミナル
 
 
全体の印象としては、先週の阪神JFに比べると少し落ちる
感じはあります。
ただ、人気のミスエルテの動きは凄く、牡馬もなぎ倒して
しまいそうな雰囲気はありますね。
 
対する牡馬も、今年は昨年の1,2着馬のような素質馬は
いませんが、個性的な馬が多い印象です。
 
簡単に牝馬に勝たれてしまってはメンツが丸つぶれなので、
何とか牡馬も頑張って、レースを盛り上げてほしいですね。
 
スポンサードリンク
 
 
 

調教解説

ミスエルテ
CW 51.8-37.9-11.6 2頭併せ/内/馬なり/先着
ちょっと脚力が抜けている印象があります。
異次元の脚を持っている可能性すらありますね。
今週の追い切りも、軽く仕掛けただけでビュンと伸びましたし、
抜群の反応とともに、フットワークのバネには凄みすら感じました。
確かに、馬体はギリギリだと思います。気性の勝ったところも
不安ではあります。それでも馬の脚力や能力はレベルが違うのでは
ないかと感じています。
ただ、競馬に絶対はないですし、前走のような粗削りのレースを
しては今回は勝ち切るのは難しいかもしれません。
しかし、少々折り合いを欠いても、ゲートで出遅れても、大外を回さずに
直線だけの競馬が出来れば勝てるだけの能力差があるのではないかと
思わせる馬であることは確かです。
 
 
タガノアシュラ
栗坂 53.3-38.9-25.3-12.5 単走/馬なり
一言で言えば完成度が高い馬です。
走るフォームを見ても古馬並みの力強さがありますし、
2歳馬とは思えないような風格もあります。
今週の追い切りは坂路でしたが、非常にパワフルで
スピード感あるフットワークで走れていました。
瞬発力には欠けるので、スピードとパワーと完成度で
押し切る競馬が合っていると思います。
しっかり逃げれれば、少々速いペースでも押し切れる
だけのスピードがあると思いますから、後方の馬に脚を
使わせる競馬が出来れば面白いと思います。
 
 
ボンセルヴィーソ
CW 85.6-68.6-53.3-38.7-12.1 3頭併せ/内/馬なり/先着
スピードがありそうな走り方です。
フットワークにも伸びがありますし、柔らかいフォームで
柔軟性もあります。距離はマイルあたりが一番良さそうです。
前走はもう少しで押し切れる惜しいレースでしたが、1.34.6の
時計ならここでも十分勝ち負け出来るタイムだと思います。
調教での鋭い反応を見る限り、控えた方がパフォーマンスは
上がりそうな印象があるので、タガノアシュラを見る形で
レースが出来ればアッと言わす可能性はあると思います。
 
 
ダンビュライト
栗坂 52.2-38.6-25.4-12.9 2頭併せ/内/馬なり/同入
ルーラーシップ産駒らしく、スパッと切れる脚はなさそうです。
ただ、バテない脚があり持続力に長けている印象です。
調教でも切れる印象はないのですが、毎回バテずに最後まで
伸びています。2歳馬でこれだけ持続力に富んだ馬は珍しいです。
ただ、瞬発力に欠けるだけに勝ちきれるかは微妙なところでしょう。
ルメール騎手も長く脚を使うタイプの馬は得意なだけに馬券からは
外しにくい馬です。
 
 
クリアザトラック
栗芝 82.9-66.6-52.0-38.1-12.8 単走/馬なり
荒れた馬場を考慮して、芝コースでの追い切りでした。
1週前は重たさがあり、デビュー前のキレがなかった
ですが、今週は軽めながらバネのあるフットワークで
走れていましたので走れる状態にはあると思います。
ただ、まだキャリア1戦ですし、あまり負荷をかけなかった
調教内容からも、ここは力試しの出走のような感じも受けます。
素質は高い馬なので、どれだけやれるか注目しておきたいです。
 
 
トラスト
CW 83.0-67.8-53.8-39.9-12.0 2頭併せ/外/一杯/先着
うーん、まだ少し太いかなという印象ですね。
パワフルなフットワークでパワーは感じますが、
追われてのスピード感に少し欠けるところがあります。
一瞬良い脚を使うのですが、それが続かない感じですね。
もう少し絞ってキレを増さないとマイルでは脚負けする
可能性が高いですね。
ただ、前走でも厳しい流れの中、大きく負けていないように
能力の高さは感じますので、展開次第では一発がある馬だと
思います。
 
 
レッドアンシェル
CW 85.3-67.9-51.6-38.1-12.3 単走/強め
うーん、どうなんですかね。
鋭い決め脚で連勝中の馬ですが、大物感は感じません。
体を上手く使って走れていないのでフットワークも伸びてないです。
調教からは、小ぢんまりとしたフォームでスケールは感じません。
ただ、回転の速い脚捌きなので、一瞬の脚に長けているのだと思います。
なので、マイルへの距離延長と阪神コースへ変わる点に対応出来るか
でしょうね。
2~3歳戦は、瞬発力が大きな武器になります。その点ではこの馬の
決め手は無視出来ないです。
個人的には、マイル以下の平坦コースで狙いたいという感じですね。
 
 
ダイイチターミナル
南P 66.1-51.1-37.3-12.3 2頭併せ/外/強め/先着
フットワークに躍動感がありますし、追われてのバネも
あります。完成度が高い印象があり早熟型だと思います。
今年のメンバーなら、完成度で上位に来てもおかしくは
ないです。
ただ、馬体や走りのスケールは小さく、先々は条件戦を
走っている可能性もあります。早い内に結果を出しておきたい
馬だと思います。
 
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
自分で展開を作れれば一発が期待できる馬は?
 
 
前走はフロックではない、スピードがありそうな馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ