どうも、タカピです。
 
先週は、雪の影響で開催日程が大幅に狂いましたね。
当然、調教過程での影響も強く残ると思います。
 
例年なら、今週くらいから年末年始の変則調教が
落ち着きはじめるのですが、今年は先週の影響で
もう少し伸びると思います。
安定してくるのは2月に入ってからだと見ています。
 
上記のような理由から、毎年この時期は馬の調子が
分かり辛く、馬券の調子もイマイチです。
 
しかし、今年は昨年に比べて調子が良いかなと思っています。
昨年は酷すぎましたから(笑)
 
今年の重賞の本命馬
中山金杯:クラリティスカイ 2着
京都金杯:フィエロ 3着
フェアリーS:ヒストリア ×
シンザン記念:トラスト ×
愛知杯:ヒルノマテーラ ×
京成杯:コマノインパルス 1着
日経新春杯:モンドインテロ 3着
 
単勝の回収率は全然ですが、単勝は的中率20%想定なので、
回数をこなさないと安定はしてこないので、まだまだこれからです。
複勝回収率が110%あるので、この時期にしては上出来だと
思っています。
 
1,2月は無理せずこのままのペースを保っていけば良いと考えています。
 
 
では、今週も良い結果を出せるように追い切り診断を
していきたいと思います。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
該当なし
 
B+評価
⑨ピオネロ
⑧グレンツェント
⑯ロワジャルダン
⑮カゼノコ
 
B評価
⑩リッカルド
①アスカノロマン
⑥ラストインパクト
⑬ロンドンタウン
 
 

追い切り 短評

 
ピオネロ
どんどん良くなっている気がします。
休み明けということもあり万全という感じではないですが、
動きに安定感が出てきました。前肢の出が硬いところがあり、
少し窮屈な走法なのですが、それでも体をしっかり伸ばして
走れるようになってきた点は成長が見られます。
走法からもダートが合っているのは間違いないですし、
今年はかなり活躍が期待できると思っています。
今回も勝ち負け出来そうです。
 
 
グレンツェント
加藤征厩舎の馬は、細めの造りが多く調教での迫力を
感じない馬が多いです。これが悪いわけではなく、厩舎の
特徴だということです。ですのでこの馬も調教は目立たないのですが、
前走あたりからフットワークに躍動感が出てきてバネを感じるように
なってきました。着実に力を付けていると感じます。
今年のメンバーなら見劣るところはないので当然勝ち負けでしょう。
後は乗り替わりがどう出るかだと思います。乗りやすい馬ではないので。
 
 
ロワジャルダン
前々走あたりから硬さが徐々に取れてきて調子が上がってきたのを
感じていました。さすがにG1のメンバーでは結果は出ませんでしたが
0.5秒差なら状態自体は上がってきたと判断して良いと思います。
元々捌きに硬さがある馬なので完全にほぐれることはないですが、
今週も前走時と同じく硬さはましなのでデキは良いと思います。
乗り慣れた浜中騎手なら一発を期待して良いでしょう。
 
 
カゼノコ
坂路で活気十分の動きでした。
少しモサッとした動きをする馬ですが、今週はスピード感、
フットワークの回転力共に良く、迫力ある走りをしていました。
併走馬を最後交わせなかったあたりは決めての無さを露呈した感は
ありましたが、ダート馬なのでそんなものでしょう。
後方からになると思うので、展開が向けば好走可能な状態には
ありそうです。
 
 
アスカノロマン
ここ最近は、絶好調時のような柔らかい動きが影を潜めていました。
前走のチャンピオンズCも決して状態は万全では無かったと思います。
それでも3着に好走するのですから、左回りは余程合うのでしょう。
今週の動きも好調時に比べればまだまだですが、左回りなので
連覇をする可能性もあるのかなと思います。
 
 
スポンサードリンク
 
 

AJCC 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
②クラリティスカイ
 
B+評価
⑩ゼーヴィント
④シングウィズジョイ
⑰クリールカイザー
⑦ワンアンドオンリー
 
B評価
⑧タンタアレグリア
①ミライヘノツバサ
⑪ナスノセイカン
 
 

追い切り 短評

 
クラリティスカイ
状態が上がってきましたね。馬体重が増えて身が入って来た
印象ですし、馬も成長していると思います。
今週の動きもラスト1Fの仕掛けてからの脚は切れ味十分でした。
併走馬を一気に突き放したところを見ると、状態は更に上がっている
印象を受けました。
前走は先行馬には厳しい展開でしたが2着に踏ん張ったあたり
持久力があるところを見せました。あれなら2200mも問題ないように
思います。今回も好走が期待できると思います。
 
 
ゼーヴィント
躍動感が素晴らしいですね。回転が速いフットワークで、
追ってのバネ感も申し分ないです。切れる脚を使いそうです。
ただ、並走馬を抜かし切れなかった点は不満でその分評価を
一つ下げました。動きからはA評価でも良いと思います。
一瞬の脚に長けた馬で、小回りは適性が高いです。
手の内に入れた戸崎騎手が騎乗しますし、馬券からは外せない
存在だと思います。
 
 
シングウィズジョイ
CWで追い切りをするようになって状態が良くなってきました。
エリザベス女王杯時も動きは良かったのですが、まさか連対を
確保するとは予想出来ませんでした。
今週も、ゆったりとしたフットワークの迫力を感じましたし、
変わらず良い状態を保っていると思います。
前走はフロックではないと思います。ルメール騎手が再度騎乗する
あたりも勝負気配は高いような気もします。
 
 
クリールカイザー
良くなってきました。イライラするところが少し解消してきたように
感じますし、精神面でも充実が伺えます。
動きも、フットワークが大きくなって躍動感が出てきました。
逃げた前走は展開的に厳しかったですが、0.6秒差なら上出来でしょう。
この条件はめっぽう得意ですから、侮ると痛い目に合うかもしれません。
 
 
ワンアンドオンリー
CWコースでの調教が板についてきましたね。
動きは一戦毎に活気が出てきていますので近い内に好走すると
思っている馬です。ただ追ってからの頭の高さが目立つので、
良い脚は一瞬だと思います。なので直線が短いコースの方が
好走が期待できます。後方で脚を溜める競馬の方がパフォーマンスが
上がりそうな気がするのですがね…。
 
 
タンタアレグリア
休み明けとしては上手く仕上がっていると思います。
ここが目標ではないでしょうし、少し重たさが残るのは
致し方ないかと思います。
毎回きっちり力を出し切る気性なので、今回も大崩れは
ないでしょう。
 
 
ミライヘノツバサ
動きに活気があり、能力は高いものを持っていると思います。
追って弾むようなフットワークでしたし、状態も良さそうです。
まだ上半身の使い方が甘いところがあるので、そこが良くなって
くれば重賞を勝てる馬になる可能性もあると思います。
3着ならあってよい馬かなという感じです。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
東海S↓
 
 
AJCC↓
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj