どうも、タカピです。
 
先週からクラシックのトライアルも始まり、
いよいよ春競馬も盛り上がりを見せてきましたね。
 
チューリップ賞を勝ったソウルスターリングは圧巻の内容で、
桜花賞に王手をかけた印象です。
アイビーSでペルシアンナイトを負かした内容も秀逸でしたし、
ダービーに挑戦しても面白いし勝てそうな手応えも感じますね。
 
今年は牝馬限定のレースが多い週で、馬券は難しくなりそうですが、
しっかり当ててG1の資金を作っておきたいところです。
 
 
では、今週の重賞の印象です。
 
<金鯱賞>
新設G1大阪杯に向けてなかなかのメンバーが揃った感じです。
ただ、そこで勝ち負け出来る馬がいるかと言ったら微妙な感じなので
金鯱賞を勝ちに来た馬を狙いたいところですね。
後は、中京は開幕週になります。中京は開催毎に馬場傾向が変わる
印象なので馬場はしっかり確認した方が良いと思います。
 
<フィリーズレビュー>
上と下の能力差が大きい印象ですね。
レーヌミノルやジューヌエコールなど重賞での常連の馬以外は
先々は条件クラスで終わりそうな馬が多いです。
下のクラスの馬の能力差が計りにくいので、三連系の馬券は難しいかなと
思いますね。
ポイントはレーヌミノルがどういったレースをしてくるかでしょう。
 
<中山牝馬S>
今年は、牝馬G1も狙える馬が何頭かいますし、各世代の実力馬が
揃った印象ですね。
昨年は大荒れ決着でしたし、ハンデ戦の怖さはありますが、
今年は上位拮抗で平穏な結果になる可能性の方が高いかなと思います。
ヴィクトリアマイルも先ですし、ここは結果を求める馬が多いのでは
ないかと感じます。
 
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
①ルージュバック
 
B+評価
②プロディガルサン
⑥ヤマカツエース
⑭ヒストリカル
⑪ヒットザターゲット
 
B評価
⑤タッチングスピーチ
⑨ステファノス
⑬ヌーヴォレコルト
⑩サトノノブレス
 
 
 

追い切り 短評

 
ルージュバック
躍動感抜群の素晴らしい動きです。
元々調教は動く馬ですが、それでも今週の動きは目立ちましたね。
休み明けながら捌きの硬さも見られず、スムーズな脚捌きでしたし、
四肢をしっかり伸ばしたフットワークで走りを大きく見せます。
力強さ&スピード感、迫力全て申し分ない動きでした。
今までのレースを見ても2000mがギリギリだと思いますし、
大阪杯は強敵が揃いますからここは勝ちに来た印象が強いです。
 
 
プロディガルサン
思った以上に良くなってきましたね。
奥手なタイプとは思っていたので、今年は期待していました。
その期待以上の伸びしろを感じる動きでした。
この馬は、柔軟性に富んだフットワークで走りますので、
スピードが出てないようでも、一完歩の距離を長く取れる分
速く走ることが出来ます。
また、筋肉が柔らかいので、消耗もしにくくしっかり脚を溜める事が
出来ますね。
前走はマイルを使われましたが、距離は中距離の方が良いです。
今年は重賞の1つ、2つは勝てる馬だと思いますので期待しています。
 
 
ヤマカツエース
昨年の良かった頃の状態に完全に戻っていますね。
キンカメ産駒らしく、前肢の捌きの硬いところがありフットワークは伸びない
ピッチ走法です。悪い時はスピード感に欠けバランスの悪い走法になりますが、
昨年の暮れからは、スピード感を取り戻し、活気ある動きが戻っています。
今週の動きも回転の速いフットワークでスピード感がありましたし、
状態は変わらず好調を保っていると思います。
瞬発型なので、小回りコースの方が適性は高いですが、昨年の勝ったレースなので
問題はないでしょう。
 
 
ヒストリカル
前走からの好調さをしっかり維持していると感じる動きでした。
調教の動きに調子の良し悪しが出るタイプなので、状態の良さは間違いないでしょう。
ただ、前走時は坂路で加速ラップを出せていましたが、今週はラスト1Fは減速ラップ
でした。好調期間が短いタイプなので、前走時のような絶好調とまでは言えない感じです。
典型的な瞬発タイプなので、中京の直線で最後まで脚が続くかがポイントでしょう。
 
 
ヒットザターゲット
昨秋あたりから動きが良くなってきていると思っていました。
今週も坂路で加速ラップで上がっていましたし、好調時のスピード感も出ていました。
トップクラスの揃うG1では二桁着順が続いていますが、レベルが落ちる今回は一発が
期待できるかもしれません。
9歳馬で年齢的には厳しいですが、大穴としてなら面白いかもしれませんね。
 
 
ステファノス
藤原厩舎の休み明けらしく、まだ動きに重さを感じる動きでしたね。
良い時は、躍動感のあるフットワークでキレがある馬ですが、
今週の動きは、まだボテッとした感じがありました。
狙いは大阪杯でしょうから、余裕を残した造りであることは確かでしょう。
後は能力でどこまでと言った感じですね。
 
 
 
 

フィリーズレビュー 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
⑮レーヌミノル
⑥ジューヌエコール
 
B+評価
⑨ベルカプリ
⑯カラクレナイ
 
B評価
⑱アンジュデジール
⑦タガノカトレア
⑫シグルーン
 
 

追い切り 短評

 
レーヌミノル
馬は1戦毎に仕上げが進んでいます。
今までずっと8割くらいの仕上げで走ってきた馬なので1戦毎の
上積みは大きい馬だと思っています。
今週の動きも、道中抑えきれない手応えから離れた併走馬を
一気に突き放す圧巻の動きを披露しました。
追ってからの鋭い脚を見る限り、脚を溜める競馬を覚えさせれば
覚醒する気配もあります。
前走はスピードの違いで逃げる競馬でしたが、最後の1Fは力尽きた感じでした。
やはりマイル以上で戦っていくには脚を溜める競馬を教え込んだ方が
良さそうです。
今年の3歳牝馬は大物揃いなので、桜花賞でも厳しい戦いになるとは思います。
陣営がどう考えているのかを読む必要がありそうです。
ここを勝ちに行くのか、抑える競馬を教えて桜花賞に繋げるのか。
興味深いレースになりそうですね。
 
 
ジューヌエコール
昨年から思っていましたが、完成度が高いですね。
この時期の牝馬はまだ華奢なところがあるのが普通ですが、
この馬に関してはそんな面は見られません。
坂路での動きも、重心がしっかり安定した走りで力強さ満点です。
追って切れるというよりスピードで押し切るタイプの馬に見えますので、
距離短縮は良いと思います。
マイルの桜花賞では足りないと思いますので、ここは勝ちに拘った
出走だと思います。
 
 
ベルカプリ
この馬も完成度が高く、動きに不安定さが見られません。
牝馬ながらパワーのある走り方ですので、スピードで押し切る競馬が
出来れば重賞でも見せ場以上は作れそうです。
メンバー的にもここで馬券内は十分可能な能力はあると思いますし、
スピードでは上位の存在だと思います。
 
 
カラクレナイ
しっかり体を使ったフットワークで走る馬ですね。
完歩の大きな走りで持続力の高さを感じます。
今までのレースでの後方一気の脚からは瞬発力タイプだと思ってましたが、
調教の動きを見る限り、長く脚を使うタイプかなと思いました。
なので、重賞でも大崩れなく走れそうです。
距離的にはマイル以上の方が良さそうな感じがしますし、直線も長い方が
良いと思います。何とか権利は確保したいところでしょう。
 
 
アンジュデジール
まだ動きにひ弱さがあり、力強さには欠けます。
ただ、追ってからは回転の速いフットワークでキレのある脚を見せました。
一瞬の爆発力はありそうだなと思いました。
ただ、まだ成長途上なので、道中のペースは上がる1400mで脚を溜めれるかは
微妙なところでしょう。スローペースの方が良さそうな印象があるので、
距離は伸ばした方が良いかもしれません。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

中山牝馬S 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
⑬マジックタイム
 
B+評価
⑯パールコード
③ビッシュ
⑭フロンテアクイーン
 
B評価
⑫ヒルノマテーラ
⑩ウキヨノカゼ
①クイーンズミラーグロ
⑨デニムアンドルビー
 
 
 

追い切り 短評

 
マジックタイム
首をグッと下げて気合の乗った走りでした。
動きにも力強さがあり、力感が増した印象を受けました。
併走馬に並びかける時の反応も鋭く、休み明けの重たさは見られません。
ここ数走は動きに力強さを欠き軽い感じだったのですが、
今回はそんな弱さは感じませんでした。
馬に走る気も見られますし、いきなりから勝ち負け出来そうです。
マイルを中心に使われていますが、血統からも距離延長はむしろ歓迎では
ないかと思います。
 
 
パールコード
相変わらず体をいっぱいに使った大きなフットワークで躍動感があります。
キレる脚を使うタイプではないですが、長く脚を使える馬で安定感抜群です。
CWの大外を走らせましたし負荷もしっかりかけられています。
追ってからの機敏さには少し欠けましたが、休み明けを考えれば及第点以上を
与えられる動きでした。
今年は躍進が期待できる馬なので、ここでもしっかり結果を出して欲しいところでしょう。
 
 
ビッシュ
外から併せる形でしっかり負荷をかけられています。
小さい馬ですが、ひ弱さは感じない馬体で、ギュっと身が詰まった造りです。
追ってからバネの利いた走りをする馬で加速力と持続力に優れています。
今週の動きにも躍動感があり、しっかり力を出せる仕上がりであると感じました。
追ってからのバネ感に少し欠ける感じがしたので勝つとまでは言い切れませんが、
大崩れはないと思います。
 
 
フロンテアクイーン
前走の末脚は見事でしたね。
今週の追い切りは控えめでしたが、キビキビとした脚捌きで活気は見られました。
メイショウサムソン産駒で常に折り合いの不安がある馬ですが、
前走のようにしっかり脚を溜めれれば鋭い脚を使えるますね。
再度北村宏騎手が騎乗しますし、下手に動かず脚を溜めれれば一瞬の脚は
脅威になると思います。
 
 
ヒルノマテーラ
調教では鋭い脚を使いますし、状態は良いと思います。
前走の愛知杯時の動きも良く、期待していましたが後方のまま
見せ場なく終わりました。
どうも走る気を見せてないような近走内容ですし、状態が良くとも
狙い辛い印象を受けます。牝馬ですし再度好調時のパフォーマンスに
戻すのは難しいのかもしれません。動きは良いですが…。
 
 
ウキヨノカゼ
四肢をしっかり使った大きなフットワークで、この馬本来の動きでした。
少し重たさは見られましたが、休み明けなので仕方ないでしょう。
近走は惜敗続きですが、勝ち馬から1秒以内の負けなので、展開次第で
逆転出来る差であると思います。
年齢を重ねキレが鈍ってきている印象なので、距離延長で新味が出るかもしれません。
後は折り合いでしょうね。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
金鯱賞↓
 
 
中山牝馬S↓
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj