どうも、タカピです。
 
今週は3日間開催で4重賞ということで、追い切り診断も
2回に分けてます。
 
では、今週の重賞の印象第二弾です。
 
阪神大賞典
例年通り今年も小頭数になりましたね。
昨年G1を2つ勝ったサトノダイヤモンドが出走してきたのが唯一の救いですね。
実績馬の仕上がりが進んでないように見えるので、穴馬が絡む可能性もあると
見ています。
 
フラワーC
遅れて来た大物ファンディーナの走りっぷりに注目です。
とにかく2戦とも圧倒的な内容で勝っていますので、相当な能力を
秘めている可能性があります。
今年はソウルスターリングがダービーでも勝ち負け出来そうだと思っていますが、
更にファンディーナもそれに負けないくらいのスケールを感じます。
とにかくレースが楽しみで仕方ないですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
④トーセンバジル
 
B+評価
⑧タマモベストプレイ
⑨サトノダイヤモンド
②ウインスペクトル
⑤トウシンモンステラ
 
B評価
③シュヴァルグラン
⑦ワンアンドオンリー
⑥レーヴミストラル
 
 
 

追い切り 短評

 
トーセンバジル
休み明けですが、動きが素軽く活気があります。
併走馬に並びかける時の反応も速かったですし、抜け出す時の脚も
切れ味十分でした。仕上がりはかなり良いと思います。
休み明けは仕上げない厩舎ですが、この馬に関しては今後重賞路線を
歩むためにも賞金を稼いでおく必要があるので、小頭数になるここは
2着までには入りたいという考えがあると思います。
後は距離だけでしょう。折り合えば鋭い脚を使えると思います。
 
 
タマモベストプレイ
良い頃の柔軟性が戻ってきましたね。
体全体を使った躍動感のあるフットワークで1完歩づつグイグイと
伸びていました。直線は並走馬とけっこう離れていたのですが、
きっちり併入しましたから切れも十分でした。
実績馬はまだ仕上がり途上ですから仕上がりの差で見せ場以上の
好走は可能だと思います。
 
 
サトノダイヤモンド
まだ緩いのは間違いないですね。相変わらず見栄えする動きではありますが、
今回は反応がまだ鈍いですね。ピリッとした脚は見られませんでした。
距離が3000mなので、反応が鈍くても持続力で勝ち負け出来るとは思います。
ただ、今回に関しては決め手のある馬に一気にやられる可能性はあると思います。
まあ、これだけの馬ですから能力は抜けていますし、普通に走れば勝ち負けでしょう。
 
 
ウインスペクトル
坂路での追い切りでしたが、今の状態の良さを物語る良い動きでした。
大外をまっすぐ走って重心のブレもありませんでしたし、大きなフットワークで
躍動感もありました。
相手が大幅強化されるので、状態の良さだけで好走出来るかは微妙ですが、
有力馬がG1を見据えて無理せず回って来る可能性もありますし、
穴を狙いたい人には一考する価値はあるかもしれません。3着なら。
 
 
トウシンモンステラ
活気がある動きでしたね。
キンカメ産駒らしく上半身が強い走法で、脚捌きに力強さを感じました。
1戦毎に着順が上がっているように調子は上がって来ていると思います。
長距離は全く問題ないですし、上がりが極端に速くならなければ流れ込みは
十分可能だと思います。
 
 
シュヴァルグラン
まだ昨春のような躍動感のある動きが戻って来ませんね。
秋からの上半身の出の甘さがまだ続いている感じです。
捌きが硬く映り、小ぢんまりとした走りになっているのもそのためですね。
能力が高いだけにそんな状態でも走れていますが、G1を狙うとなると
この動きでは厳しいと感じます。ここを叩いてどう変わるかでしょう。
能力的にはこのメンバーなら勝ち負けです。
 
 
ワンアンドオンリー
脚捌きが素軽くなり動き自体には活気が出ています。
頭が高い走法は相変わらずで、最近は持続力に欠く走りになっています。
元々から一瞬の脚を活かす瞬発型だった可能性は高いですが、
クラシックの主役だった頃の動きと比べて、迫力に欠けパワフルさを
感じなくなっています。折り合いを苦にしないタイプでもないですし、
今回も苦戦するかもしれないですね。
 
 
レーヴミストラル
相変わらず前肢の出が硬いです。
頭も高く、あまり見栄えするタイプではないですね。
この馬は、究極の瞬発力タイプの馬で、良い脚を一瞬しか使えませんし、
坂は苦手です。京都から阪神に変わるのはマイナスだと思います。
そこそこ人気にもなりそうですし、好んで買いたくはない馬ですね。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

フラワーC 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
ディーパワンサ
 
B+評価
ファンディーナ
ハナレイムーン
サンティール
 
B評価
モリトシラユリ
トーホウアイレス
デアレガーロ
エバープリンセス
 
 
 

追い切り 短評

 
ディーパワンサ
小さな馬体ですがひ弱さは全くなく、体質も強いように見えます。
今週の追い切りも、3頭併せで長めをコースの大外を通る内容で、
かなりの負荷がかけられています。
終いの脚も手前を替えてからグイッと伸びましたし、いきなりから
走れる状態に仕上がっていると思います。
折り合いに不安のない馬ですし、一瞬の脚というより持続力に富んだ馬なので
距離延長は問題ないと思います。1頭強敵がいますが、それ以外の馬とは
能力的に上だと思います。
 
 
ファンディーナ
とにかくスケールに溢れる馬で、底知れぬ能力を感じます。
持ったままの手応えでしたが、首をグッと下げて気合満点の走りでしたし、
併せた馬が迫力にビビッて外に追いやられるような併せ馬でした。
まだフラフラするようなところがあるように、完成するのは先だとは思います。
そんな状態でもあれだけ走るのですから、化物の可能性はあります。
ここでも圧勝するようなら、ソウルスターリングもうかうか出来ない状況に
なると思いますので、レース振りには大いに注目して下さい。
 
 
ハナレイムーン
ディープ産駒らしく走りにバネがあり素質を感じる馬です。
今週の追い切りも、弾むようなフットワークで躍動感がありました。
ただ、まだ馬体に身が入ってなく、上半身の使い方が甘いです。
頭が高いのもそのためでしょう。能力は感じますが、本当に良くなるのは
秋以降ではないかと思います。パンとしてない分、スピードに乗るのに
時間がかかるので小回りの中山では脚を余す可能性もありますね。
 
 
サンティール
鹿戸厩舎がよく行う芝コースでの追い切りでした。
個人的には芝コースでの調教は、負荷が少ないので軽視するのですが、
鹿戸厩舎には過去何度も痛い目に合っているので負荷の軽さは気にしないように
しています。
動き自体は、非常に素軽い動きでハービンジャー産駒の重たさがない点に好感を
持ちました。
前走は、牡馬相手で後方からの競馬になりましたが、器用さがありそうな
走り方なので今回は好位からレースが出来るのではないかと思います。
何とか2着までに入ってクラシックの権利が欲しいところでしょう。
 
 
モリトシラユリ
ここ数走時と変わらずしっかりした動きで好調を保っています。
牝馬にしてはパワーを感じる動きです。その分瞬発力には欠けます。
前走のクイーンCは瞬発力での差が出た印象でしたが、中山コースなら
立ち回り次第で巻き返すことは可能だと思います。
好位からの流れ込みに期待です。
 
 
トーホウアイレス
かなり良くなって来ましたね。
前走時の動きが全く物足りなく、本調子には程遠いと感じていただけに
良さを取り戻しつつある状態にはホッとしています。
今週の動きはフットワークのバラつきもなく、反応も良くなってきました。
アルテミスSでの調整失敗から復調に手間取っている現状ですが、
徐々に良くなってきていますのでレース振りはチェックしておきたいです。
 
 
デアレガーロ
連勝中ですが、馬はまだ若いところがありますね。
頭が高く、気性面で難しいところがあるのかなという印象を受けます。
脚捌きには力強さがあり、脚力はありそうです。
現状は体を上手に使えてないので、長く脚は使えないかなと思います。
中山コースなので問題はないかと思いますが。
連勝中、ルメール鞍上で人気になるなら馬券妙味に欠けると思います。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
阪神大賞典↓
 
 
フラワーカップ↓
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj