どうも、タカピです。
 
今週は、新設G1の大阪杯が行われますね。
豪華メンバーになるのかなと思っていましたが、
意外と天皇賞(春)目標の馬が多く、そのトライアルと分散された形に
なりましたね。
 
まあ、それでもG1馬も数頭いますし、G1級の馬もいます。
新設G1としては面白いメンバー構成になったと思いますね。
 
 
本日は、その大阪杯の1週前追い切り診断をしたいと思います。
 
 
スポンサードリンク

 

大阪杯 1週前追い切り診断

 
マカヒキ
1度叩かれて馬体に張りが出て、筋肉が浮き上がるような姿になってきた。
上積みはかなり見込めると思います。
1週前はCWコースでしっかり追われ、運動量をしっかりこなせています。
これで持久力もついてくるでしょう。
前走の京都記念を見る限り、やはり距離は2000m以下がベストだと思います。
ディープ産駒ですが、バネを利かせて走るタイプではなく、ピッチ走法で
四肢の運びと回転力で走るタイプなので距離が長いと脚が持たないですね。
この馬の良さは、反応の速さと瞬発力。阪神内回りの2000mならそれを
最大限に発揮出来る条件だと思います。
 
 
サトノクラウン
グングン馬が良くなっていますね。
早熟で、もう終わった馬かと思っていましたが、全く違いましたね。
一番良かった3歳クラシック時の瞬発力が蘇って来ました。
1週前の動きも、並走馬をあっという間に突き放しましたし、
状態は更に上昇中と言ったところでしょう。
この馬の瞬発力も阪神2000m向きだと思いますし、ここも勝ち負け必至の
状態にあると思います。
 
 
キタサンブラック
今年初戦に2000mの大阪杯を選択してきました。
昨秋は2000mの天皇賞(秋)をパスして京都大賞典を選んだだけに、
この大阪杯出走の狙いが分かりかねる現状です。
今回は強力な逃げ馬が数頭いるので、間違いなくペースは上がると思います。
キタサンブラックには久々の速い流れになる可能性が高いですね。
それにどう対応するか興味があります。
今回は、先行出来ないと思いますが、1週前調教でもそれを想定してか、
3頭併せの真ん中から間を割る内容をこなしていました。差す競馬を経験させる
狙いがあるのかもしれないですね。
動きの方は、まだ前肢の出がスムーズではなく、この馬特有の大きなフットワークは
出せていませんでした。この一追いでどれだけ変わるか、今週の追い切りには注目です。
 
 
ミッキーロケット
坂路でアンビシャスと併せ、圧倒する素晴らしい動きでした。
1着だった日経新春杯時を上回る状態にあると思います。
前走の京都記念は、調教からもあれ?という動きだったので、
少し疲れがあったのかもしれないですが、今はしっかり立て直されてます。
充実期に入った印象ですし、G1のメンバーに入っても十分勝負出来ると
思います。
 
 
サクラアンプルール
充実一途ですね。
キンカメ産駒らしく、勢いに乗ったら止められないタイプかもしれません。
回転の速いフットワークで硬めの捌きなので、瞬発タイプだと思います。
阪神2000mのような小回りコースは得意だと思いますね。
挑戦者の立場で気楽に走れますし、策士の横山典騎手が鞍上で、
ダークホース的な存在に映ります。
 
 
アンビシャス
動きが良くなって来ませんね。
元々調教ではあまり良く見せない馬ですが、それにしてもだらしない動きでした。
ミッキーロケットに成す術もなく大きく遅れましたし、グイッと伸びるような
ギアチェンジを全く感じませんでした。
この馬は、典型的な瞬発型でマイラーだと思いますが、今年に入りその傾向が
色濃く出て来た印象も受けます。
阪神内回り2000mなら瞬発力を活かせる舞台ですし、チャンスはあるかと
思ていましたが、1週前の動きからは狙いにくいです。
今週の追い切りでどこまで変わるか注目です。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
馬が変わって上昇急の馬は?
 
 
今回は実力発揮で維持を見せたい馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj