どうも、タカピです。
 
いよいよクラシックが始まりますね。
今年は桜の開花も遅れているようですし、桜花賞は文字通り
桜が咲いた中での戦いになりそうです。
メンバーも揃いましたし、熱いレースが見られるでしょう。
 
その前に、本日は前日に行われる重賞の追い切り診断を行いたいと思います。
 
まずは、今週の重賞の印象から。
 
ニュージーランドT
NHKマイルCを目標とする馬が集まりましたね。
正直、今年の3歳マイル路線の力関係は計り難いところがあります。
展開や枠順で着順が入れ替わるような混戦模様だと思います。
ここでNHKマイルCno主役候補が現れるのか注目しておきたいですね。
 
 
阪神牝馬S
ヴィクトリアマイルに向けた牝馬限定戦です。
実績馬から上がり馬まで揃い、なかなか面白いメンバー構成になりました。
阪神のマイル戦ということもあり、翌日の桜花賞を占う意味でも、
馬場差などはしっかり見ておきたいレースですね。
能力通りに決まりやすいコースなので、荒れ要素は低いかなと感じています。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
⑯ボンセルヴィーソ
 
B+評価
⑮タイムトリップ
⑩クライムメジャー
④メイソンジュニア
⑧ダイイチターミナル
 
B評価
⑨カリビアンゴールド
②ランカディア
⑭タイセイスターリー
 
 
 

追い切り 短評

 
ボンセルヴィーソ
一度使われて動きに勢いが出て推進力がアップしています。
捌きが柔らかく、柔軟性のあるフットワークは健在で、
今回は追われてからの反応がグンと速くなり、並走馬を一気に突き放しました。
朝日杯時の豪快な動きに近づいてきた印象を持ちました。
人気になりにくい馬ですが、ここでは能力上位は間違いないです。
先行力があるのも小回りの中山ではアドバンテージになるでしょう。
 
 
タイムトリップ
デビュー時から伸縮性に富んだ柔らかい動きをしており素質を評価していました。
使われつつ体質も強化され力強さが出てきました。
それに伴いレース振りにも安定感が出てきましたし、差す競馬も板についてきました。
今週の追い切りも、後肢が深く入り躍動感のある動きを披露しました。
レースセンスもある馬なので、中山も苦にしません。
混戦のメンバーになりそうですが、上位の評価をするべき馬だと思います。
 
 
クライムメジャー
2歳馬離れしたパワーを見せつける動きで好調をアピールしました。
とにかく動きがパワフルで古馬並みの風格があります。
スピードとパワーは相当なものだと動きからも分かります。
後は、マイルで最後まで脚がもつかでしょう。
基本はマイル以下の短距離が主戦場の馬だと思いますので、
距離の克服は課題だと思います。
 
 
メイソンジュニア
今週もスピード能力全開の動きを見せ、好調をアピールしました。
まだ力強さには欠けますが、回転の速いフットワークで軽快なスピードがあります。
1戦毎に気性も成長してきて、好位から差す競馬で安定感が出てきました。
スピードが勝ったタイプなので、1Fの距離延長が課題ですが、
3歳のこの時期ならスピードだけで何とか出来る可能性もあると思います。
 
 
ダイイチターミナル
前走のファルコンS時の動きも良く、穴として注意と書きましたが、
レースでも切れる脚で惜しい4着と好走しました。
今週の追い切りも、体全体を使った躍動感のある動きで好調維持を感じました。
完成度の高い馬で、瞬発力がありますので一瞬の脚を活かせる中山は適性が
あると思います。持続力には疑問があるのでコーナーで無駄な脚を使わなければ
今回も見せ場以上は期待して良いと思います。
 
 
タイセイスターリー
素質はかなりのものを感じますが、如何せん馬がまだ若すぎます。
今週の追い切りもあっちこっちにフラフラとして重心が安定していませんでした。
気性の若さが取れないとレースでの安定感は期待出来ないですね。
動きの豪快さなどは、さすが血統馬というところはあるのですが、
まだ体を持て余している所はあります。
馬券的扱いが難しい馬ですが、個人的には軸では買えないかなと思っています。
相手で一考と言った評価です。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

阪神牝馬S 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
⑥ミッキークイーン
⑯アドマイヤリード
 
B+評価
③クイーンズリング
⑬エテルナミノル
⑮デニムアンドルビー
⑩ヒルノマテーラ
 
B評価
⑤トーセンビクトリー
⑨タッチングスピーチ
⑫デンコウアンジュ
⑪アットザシーサイド
 
 
 

追い切り 短評

 
ミッキークイーン
休み明けは余裕残しの仕上げで挑むことが多い馬ですが、
今回は重たさというのは全く感じませんし、バネの利いたフットワークで
躍動感抜群の動きを見せ、好仕上がりをアピールしました。
1年以上勝ち星から遠ざかっていることもあり、今年は取りこぼしのないように
1戦毎が勝負といった意気込みを感じます。
春は、こことヴィクトリアマイルの2戦が目標でしょうから、
その二つとも勝つ為の状態に仕上がっていると思います。
阪神マイルは能力差が出やすいコースですし、この馬を外した馬券は
考えにくいですね。
 
 
アドマイヤリード
充実一途で馬が唸っている状態です。
3歳のクラシック時は、まだ馬に身が入っておらず恐る恐るの仕上げでしたが、
昨年後半から馬体にも身が入り、体重が安定して体質強化されたことで、
持ってる能力を発揮できるようになってきました。
元々瞬発力は非凡なものを持っていたのですが、パワーに欠けていたため
条件によっては脚が続かない面がありました。
しかし今は、切れる脚を安定して使えるようになってます。
牝馬限定戦は、一瞬の脚、つまり瞬発力が大事なところがあります。
そういう面で言えば、この馬の決め脚はここでも上位だと思います。
 
 
クイーンズリング
馬がしっかりしてきて安定感が出てきましたね。
3歳時はまだ線が細く、華奢な面も見せていましたが、
今は馬体もしっかりし、古馬の風格があります。
今週の動きも坂路で並走馬に合わす余裕のある動きで、
安定感を感じました。休み明けなので多少余裕残しな面は
ありそうですが、力は発揮できると思います。
マイルも問題ないですし、能力通りの評価が必要でしょう。
 
 
エテルナミノル
昨秋から動きがしっかりして来て本格化の兆しが見えた馬です。
今週の動きも、体全体を使ったフォームで四肢もしっかり伸びていました。
ゆったりしたフットワークに躍動感を感じましたし、好調だと思います。
ここ2走は崩れていますが、原因としては中団以降で揉まれる競馬になったことが
挙げられると思います。フットワークの大きな馬ですから馬群で窮屈に走らせるより
先行してのびのびと走らせた方がパフォーマンスは上がりそうです。
前々でレースを運べれば穴として面白い存在になりそうです。
 
 
デニムアンドルビー
復帰後も良い動きを見せていた同馬ですが、今週の動きも変わらず好調を維持しています。
古馬の一線級と戦ったり、ダートを使ったりと、この馬自身にはキツイ競馬が続いていました。
前走の牝馬限定戦では見せ場があったように、やはり牝馬同士なら能力上位だと思います。
マイルは距離不足な面もありますが、阪神マイルは能力通りに決まりやすいコースなので、
今回はチャンスがありそうな気がします。
 
 
ヒルノマテーラ
今年は牝馬重賞は勝てそうだと思っていた馬ですが、足踏みが続いています。
今週は坂路の大外をビッシリ追って負荷をかけましたし、回転の速いフットワークで
スピード感もありました。状態は上がって来ているように感じます。
ここ数戦のレース振りを見ていても、脚が一瞬しか続かない瞬発型だと思いますので、
距離的にはマイルくらいが一番良さそうです。
終いに賭ける競馬が嵌れば一発はある馬だと思います。
 
 
トーセンビクトリー
調教では見栄えのしない馬で評価が難しい馬です。
脚捌きは素軽く、軽快な動きでしたので状態は良いと思います。
母のトゥザビクトリーと一緒で、一瞬の爆発力が武器な馬ですから
ペースや位置取りに左右される面はあります。
前走は武豊騎手が最高に上手く乗ったところはありました。
なので安定感には欠けますね。個人的には軸にはしづらいタイプです。
 
 
タッチングスピーチ
復帰後は大苦戦が続いていますが、徐々に状態が上がっているように感じます。
レースを止めてしまう面も出て来た印象でしたので、今週の追い切りは、坂路の最内を通り、
なるべく負荷をかけないで余力を持ってレースに挑めるような内容でした。
求めるものが大きな馬でしたので、牡馬とばかり戦わせてきましたが、
今回は牝馬同士の戦いです。牝馬同士なら能力上位ですし、実績も上位です。
阪神マイルも長く脚を使うこの馬には向いているコースですし、復活があっても
不思議ではないと思います。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
ニュージーランドT↓
 
 
阪神牝馬S↓
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj