どうも、タカピです。
 
さあ桜花賞ですね。
今年は牝馬に素質馬が揃ったので、レースが楽しみでなりません。
 
桜が咲いた仲での桜花賞は風情があり、好きなレースの一つでもあります。
 
まずは、桜花賞の印象から。
 
桜花賞
今年は、ソウルスターリング、ファンディーナをはじめ、
アドマイヤミヤビ、ミスエルテ、リスグラシュー、レーヌミノルなど
例年なら断然人気になってもおかしくない馬が揃っている牝馬クラシック戦線。
 
ファンディーナは、皐月賞参戦で牡馬との対戦にチャレンジしますが、
その他の有力馬はほぼ順調に出走してきましたので、非常にレベルの高い桜花賞になるでしょう。
 
断然人気になりそうなソウルスターリングは、成長力も素晴らしくなかなか逆らえない馬
になってきた印象を受けます。
 
ここもあっさり勝って名馬への道を進むか楽しみです。
 
 
1週前追い切りについてはこちらを参考下さい↓
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
⑫アエロリット
 
B+評価
⑭ソウルスターリング
⑯ミスパンテール
⑩レーヌミノル
⑮アドマイヤミヤビ
⑧カラクレナイ
①ミスエルテ
 
B評価
⑥リスグラシュー
⑪アロンザモナ
②ライジングリーズン
④ジューヌエコール
 
 
 

追い切り 短評

 
アエロリット
先週はコースで、今週は輸送を控えているので坂路で軽めの内容でした。
とにかく柔軟性抜群のフットワークが目につきますし、ゆったりとした
フォームで気性の素直さもうかがえます。
前肢の出し方からもコーナーが少ないコースの方がパフォーマンスが上がりそうな
走り方ですので、輸送さえこなせば阪神マイルは条件合いそうです。
人気の盲点になりそうな馬で、馬券妙味もありそうですので楽しみな存在です。
 
 
ソウルスターリング
何の不安も感じさせない最終調整でした。
とにかく順調に調教をこなすことが一番大事な馬ですし、それくらい能力が抜けている馬です。
輸送を控えていますが、2週続けて3頭併せを行ってきましたし負荷は申し分ないです。
追ってからの反応も速く、一瞬で並びかける脚はさすがと思わせるものでした。
スピード、センス、スケールと何年に1頭の名馬になり得る馬だと思いますし、
ここは負けられないと思います。個人的に逆らう気持ちにはなれません。
 
 
ミスパンテール
ダークホース的な存在感があり不気味な馬です。
まだキャリア2戦とは思えないような活気ある動きですし、
少し捌きに重たさがあった前走とは動き自体が変わってきました。
アクションの大きなフットワークで力強さもありますし、パワーも感じます。
後はG1でキャリアの浅さを見せなければ、再度好勝負してくる可能性は高いと思います。
距離はマイルがベストだと感じますし、侮っては危険な馬でしょう。
 
 
レーヌミノル
しっかり作ってきましたね。今回は、今までとは状態が違うと思います。
レースを使いながら仕上げて来た馬で1戦毎に良くなっています。
今週の動きもコースで追われて抜群の伸びを見せました。
小倉の時はまだ筋肉も発達していなく、仕上がりも進んでいない印象でしたが
最近は馬体にも身が入って来て、筋肉も浮き出てきました。
それに伴い距離適性が短めに出て来た印象はあるので、マイルをどう捌くかが
カギでしょう。今回は当たりの柔らかい池添騎手が乗るので、持ち前の柔軟性を
活かせば長く脚を使うことが出来ると思います。
 
 
アドマイヤミヤビ
先週のコース追いでは少し重たさもありましたが、今種は坂路でスピード調教を施し、
マイル使用に馬を作ってきた印象を受けました。
フットワークの力強さは、粒ぞろいの今年の3歳牝馬でもトップクラスですし、
持続力はこのメンバーでも1番ではないかと思います。
一瞬の脚での勝負では分の悪さがありますので、ペースは上がって欲しいでしょう。
オークス向きではありますが、阪神コースなら直線だけで勝負になる脚力がありますので、
馬券からは外せない馬でしょう。
 
 
カラクレナイ
今週も大きなフットワークで持続力を感じる動きで好調をアピール。
後肢の蹴りが強く、バネがある走り方なので良い末脚が使えるのだと思います。
若干前肢の捌きに硬さがあるので、距離はマイルあたりまでのような気がします。
瞬発力勝負では厳しいので、ある程度ペースが上がって持続力勝負になれば
見せ場以上は期待できると思います。テン乗りの田辺騎手がどう乗るか注目ですね。
 
 
ミスエルテ
相変わらずアクションの派手な豪快なフットワークで能力の高さを感じます。
追われてからの伸びなどは迫力満点で、一級品のスピードを感じます。
暮れのような行きたがる仕草が見せなかったのには成長を感じました。
少し前肢の出に硬さがあるのは気になりますが、休み明けなので仕方ない面もあります。
そこが距離面での壁になる可能性もあることは確かです。
個人的に、走り方が好きな馬なので応援したいですし、レース振りには注目しています。
 
 
リスグラシュー
坂路で2週続けて併せ馬を消化し、ビッシリ負荷をかけて鍛えられています。
ただ、時計の割に豪快さが無くなっているいる印象も受けました。
阪神JF時のような「これは良い!」というインパクトには欠けたのが気になりました。
馬体もあまり成長が見られませんし、本当に良くなるのはまだ先なのかなと思います。
前走も、ミスパンテールに競り負けましたし、他の馬との差が詰まってきている感もあります。
人気になりますが、絶対視は危険かなという印象を持ちました。
 
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
桜花賞の狙い目
 
1頭目↓
 
 
2頭目↓
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj