どうも、タカピです。
 
今週は、牡馬のクラシック第一弾、皐月賞が行われます。
今年は、牝馬のファンディーナの参戦でかなり盛り上がりそうですし、
十分勝ち負け出来そうな馬なので、レースも楽しみにしています。
 
今年の中山の馬場は、例年に比べて荒れ気味だと感じていますので、
馬場適性もしっかり読む必要があると思います。
 
本日は、その皐月賞の1週前追い切り診断をしたいと思います。
 
 
 
スポンサードリンク

皐月賞 1週前追い切り診断

 
スワーヴリチャード
バネ感UPで成長著しい動きを見せ、1戦毎の良化が凄いと感じます。
昨年は、まだ緩さもあったり子供っぽさも見られましたが、前走の
共同通信杯時から動きがしっかりして来て確実にパワーアップしています。
1週前の追い切りは、3頭併せで大外一杯を回りながら追われて弾けました。
抜け出す時のバネ感抜群のフットワークはかなりの躍動感がありました。
益々良くなった印象で上昇度が半端ない感じです。
素質馬が順調に成長を遂げているとなれば、ここも勝ち負けは必至だと思います。
完歩が大きいタイプで、どちらかと言えば広いコース向きです。
皐月賞よりダービー向きではありますが、能力で何とか出来る馬だと思います。
 
 
ファンディーナ
正直、この馬は牝馬と思わない方が良いでしょうね。
調教から迫力満点でド迫力の動きをします。
1週前追い切りも、アクションの大きなパワフルな動きを披露し
グイグイと坂を駆け上がって並走馬を置き去りにしていました。
現時点でも相当な持続力が備わっていると思いますし、それに加えて
反応の速さも抜群です。正直欠点を探すのが難しいです。
今年の牡馬レベルなら互角以上の勝負が出来ると思いますし、
勝つ可能性もかなり高いと思います。
イメージ的には、ウォッカ、ジェンティルドンナ、ファインモーションを
足して割ったような馬だと思います。
 
 
ウインブライト
前走後も順調のようで、調教の動きもキビキビとしたフットワークで
好調を感じます。
追ってからの反応が速く、一瞬の脚に長けている印象なので、
小回りの中山への適正は高いと思います。
東京では持続力不足で脚負けする可能性があるので、
勝負をかけるなら皐月賞でしょう。人気の盲点になりそうな雰囲気があるので
好配当の使者になる可能性もあるでしょう。
 
 
カデナ
弥生賞時に比べて少し硬さがあるなと感じました。
ラスト思ったより弾けなかったのもそのためでしょう。
ただ、もう1週ありますので、この一追いで変わって来そうな感じはします。
瞬発力に優れ、切れ味は世代トップクラスだと思います。
後は、ペースが上がった時にしっかり脚を溜めれるかでしょう。
スローペースになった方がパフォーマンスは上がる馬だと思いますので、
どちらかと言えばダービー向きだとは思います。
しかし、レースセンスもあり一瞬の脚にも長けるので中山でも問題ないでしょう。
 
 
サトノアレス
前肢の出に硬さがあり、フットワークが窮屈なタイプでマイラーぽい印象。
瞬発型なので、距離は1F長いかもという印象を持っています。
前走もラスト1Fで脚色が一緒になっていたのでペースが速くなって2000mに
伸びる皐月賞では厳しい戦いになるような気がします。
NHKマイルで狙ってみたい馬なので、ここでのレース振りには注目しておく程度の評価ですね。
 
 
コマノインパルス
少し重たさが見える動きでしたが、ビッシリ追われ最後まで我慢して
伸びていました。真面目に走る気性だと感じます。
コーナーリングが上手な印象なので小回りの中山は向いていると思います。
この一追いで素軽さも増してくるでしょうから、今週の動きには注目しています。
一瞬の脚はここでもヒケを取るとは思わないので馬券内の走りを見せても不思議ではないです。
 
 
アウトライアーズ
少し印象に欠ける動きでしたね。
どこが悪いとかではなく、良いと思うところに欠けると言った印象です。
1週前の動きはインパクトに欠けたということですね。
小回り向きのレースセンスは感じるだけに、好枠が当たれば立ち回りの上手さで
好走出来そうな印象もある馬です。
今週の追い切りではインパクトある動きが出来るかがポイントになりそうです。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
確かな成長度でスケールを感じる馬は?
 
 
とんでもない名馬になる可能性すらありそうな馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj