どうも、タカピです。
 
普段はTwitterで見解をすることが多いのですが、
今回は140字では書ききれないと思いましたし、
たまにはブログにも投稿してみようと思ったので
皐月賞の見解でも書いてみたいと思います。
 
 
ポイントはいくつかあるとは思いますが、
今回は各トライアルの分析でもしてみようと
思います。
 
 
  • 共同通信杯
  • 弥生賞
  • スプリングS
  • 若葉S
  • 毎日杯
  • フラワーC
 
 
ざっと前哨戦を挙げればこんな感じかと。
 
 

トライアル回顧

 
共同通信杯
12.6-11.6-11.8-12.3-12.3(60.6)
12.2-11.6-11.4-11.7
 
平均ペースからの持続戦
強調できるほどのレベルではないですが、
これをあっさり抜け出たスワーヴリチャードの
強さだけが目立った印象。
 
 
弥生賞
12.4-11.4-12.8-13.2-13.4(63.2)
12.7-12.3-11.9-11.4-11.7
 
道中13秒台のラップが2F続く後傾ラップ
スローからの瞬発力勝負で、皐月賞より
ダービー向きのラップ。
大外ブン回しで勝ったカデナは強いが、
皐月賞並みのタフなラップを経験してない点が
どう響くかが懸念材料と言えます。
 
 
スプリングS
12.6-11.7-12.1-12.2-11.7(60.3)
11.8-12.1-11.8-12.4
 
4F→5Fが0.5秒の加速でレース中最も加速した区間。
それからのスピードの持続戦でラスト1Fが12.4と減速。
早めに動いたプラチナヴォイスには厳しい流れだったが
3着に粘ったのは自力がある証拠。
外回して勝ち切ったウインブライトもしっかりした脚を
持っている。
この展開で差し切れなかったサトノアレスは
少しだらしない印象も残りました。
最後止まっていたので、使える脚の短い瞬発型で
マイラーとの見解は変わりません。
 
 
若葉S
12.4-10.7-11.9-12.1-12.0(59.1)
12.8-12.5-11.9-11.6-12.4
 
2F目に10.7と先行争いでラップが速くなった。
後半少し緩むも、再度12.5→11.9と加速ラップを
刻んでいることからも渋いレースになった印象。
勝ち時計も2.00.3となかなかのもの。
勝ち切ったアダムバローズの行かせた時のしぶとさは
相当なものと判断できるので、楽に行かせると、
今年のメンバーなら粘り切る可能性もあり注意必要か?
 
 
フラワーC
12.6-11.9-12.0-12.3-12.3(61.1)
12.3-12.4-11.2-11.7
 
牝馬限定戦特有の12秒台のラップが続く
スローペースの競馬で強調材料には欠ける。
しかし、ラスト3F→ラスト2Fに1.2秒の加速を
馬なりで叩き出してるファンディーナの加速力は
驚異的。
もう1F脚を見て見たかったが、2戦目のつばき賞で、
とても届かないような位置から突き放したように、
持続力は証明済みなので、本当に怪物級の馬かもしれない。
後は、牡馬に交じって精神面で影響を受けなければ
あっさり勝つ可能性も高いのではないか?
 
 
毎日杯
12.5-11.1-11.6-12.2-12.7(60.1)
12.0-11.1-11.3-12.0
 
かなりレベルが高くなったレースだと判断しています。
5F目に12.7と緩んだ箇所はありましたが、
そこから0.7秒→0.9秒と3~4コーナーで加速するラップ。
最後も12.0でまとめ、スピードの持続力に優れてないと
好走は難しかったレースだと思います。
普通ならレース上がりより1.1秒速い上がりを出した
サトノアーサーが差し切っているレースだと思います。
先行して押し切ったアルアインのスピードの持続力は
相当なもので、素質馬が軌道に乗った印象を受けました。
4着に敗れたプラチナムバレットが土曜日のはなみずき賞を
あっさり勝ったことを考えても、レースレベルは高かったと
判断して良いと思います。
 
 
 

皐月賞 見解

 
個人的には高いスピードの持続力がないと好走出来ない
レースだった毎日杯を勝ったアルアインの評価が高いです。
 
 
後は、怪物クラスの可能性があるファンディーナ。
加速力と持続力は本物です。
 
 
共同通信杯を楽に勝ったスワーヴリチャードも
能力が高いと思います。
 
 
中心候補は、
アルアイン
ファンディーナ
スワーヴリチャード
 
この3頭ではないかという見解です。
 
 
その他、相手候補としては、
カデナ
プラチナヴォイス
ダンビュライト
アダムバローズ
ウインブライト
 
ここらあたりをピックアップしています。
 
 
サトノアレス、レイデオロは調教内容が
物足りないし、サトノはマイラーだと思って軽視
レイデオロはこのローテと調教量では普通に考えると
厳しいです。
 
 
また、素質はピカ一のペルシアンナイトですが、
今週の調教の動きが普段と比べても物足りなさが
ありました。
ここを叩いた後のダービーで狙いたい。
 
 
 
単勝ではファンディーナが売れていますが、
連勝系ではカデナが人気です。
 
私のオッズ解析では1番人気はカデナです。
 
 
このオッズを考えれば、
スワーヴリチャード
アルアイン
の2頭が配当妙味が高そうですね。
 
 
馬券は、
②スワーヴリチャード
⑪アルアイン
⑧ファンディーナ
 
の馬連、ワイドBOXで勝負しようかと思います。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ