どうも、タカピです。
 
今週から、またG1の連戦が始まりますね。
まずは、最強古馬決定戦の天皇賞(春)です。
 
キタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎打ちムードですね。
私もその意見に異論はないです。
 
古馬では、この2頭が抜けて強いと思います。
 
ナリタブライアン対マヤノトップガンのような世紀の一戦になる事を期待したいです。
 
 
さて、先週のフローラSですが、Twitterでしているパドック診断で、
穴馬のモズカッチャンを上位評価に挙げることが出来ました。
結構評判が良いので、気になる方はフォローして確認してくださいね ↓
 
 
では、その天皇賞(春)の1週前追い切り診断をしたいと思います。
 
 
スポンサードリンク

 

天皇賞(春) 1週前追い切り診断

 
サトノダイヤモンド
文句のない動きで、更に上昇しています。
全身を使った伸びやかなフォームは健在ですし、古馬になって更に力感が加わってます。
躍動感、力強さは抜群ですし、追ってからの1完歩の距離も更に長くなっています。
瞬発力には欠けますが、追えば追うだけ伸びていく脚には磨きがかかっています。
3コーナー下りからの持続力が問われる京都コースは絶好の舞台です。
キタサンブラックは強敵ですが、マーク出来るだけのレースセンスがある分、
立ち回り的にサトノダイヤモンドに有利だと思います。
昨年から言い続けていたように、名馬の領域に入ってきたと感じています。
 
 
シャケトラ
勢いは衰えず、更に状態が上がっている印象を受けました。
抑えきれない手応えでの併せ馬でしたし、手綱を放せば大差で
ちぎっていたのではないかと思わせる迫力がありました。
雄大なフォームからの持続力は、ここ2走で証明しています。
後は、G1では必須な加速する脚があるかでしょう。
ここ2走のラップは、持続ラップばかりで、1,2F加速する脚があるのかは
まだ未知数です。G1で勝負弱いマンカフェ産駒ですし、そこに対応出来なければ
G1の壁に跳ね返される可能性もあります。
 
 
キタサンブラック
前走を使われ、動きが大幅に素軽くなっています。上積みは相当でしょう。
正直、前走はまだ重たさが残っていましたし、余裕残しだったのは確かです。
それでも2000mで距離不足の中、圧勝してしまいましたので能力が違いました。
今回は、3200mというベストに近い条件です。加えて上積みも大きい。
正直言って崩れる姿は想像出来ないですね。
陣営も、相手はサトノダイヤモンド1頭と考えているでしょうし、それ以外の馬には
負けないと思います。
武豊騎手は、完全にこの馬の脚を把握していますから、サトノダイヤモンドが差し切れない
ような絶妙な仕掛けで封じ込められれば、有馬記念のリベンジは可能だと思います。
 
 
シュヴァルグラン
良くなってきましたね。動きの硬さが無くなってきて躍動感が戻っています。
馬体も逞しさが増して、まだまだ成長している印象です。
1週前から長めを追い、ラストもビッシリ気合いをつける内容でしたし、
陣営の意気込みを感じました。
昨秋は、順調さを欠いたスタートとなり、それがここ数走響いていましたが、
今回は最近では1番の状態で挑めると思います。
前走でのサトノダイヤモンドとの脚の差は歴然で、逆転は相当難しいとは思いますが、
この馬も上昇しているのは確かなので、枠順や展開が向けば際どい勝負に持ち込めると思います。
 
 
レインボーライン
馬体も逞しくなり、成長を感じます。
坂路で単走の調教内容はいつも通りですし、外目を回ってしっかり負荷もかけられています。
少し内にモタれていたので、今週の追い切りではそこの部分を確認したい。
前走は、ラップの起伏がない持続戦だった分、あと一押しが利きませんでした。
加速力がある馬なので、G1のような加速力が問われるレースでは力を発揮しやすい馬です。
2強は別格ですが、それ以外とは差はありません。人気を落とせば三連系の穴馬として
面白い存在になるかもしれません。
 
 
ディーマジェスティ
前走を叩かれ、動きにキレが出てきました。
重たさが残って、反応の鈍かった前走に比べ素軽さで雲泥の差です。
ただ、クラシックを戦っていた時のような迫力がまだ不足しています。
現状では、一瞬良い脚を使えても、それを継続出来るのかは疑問です。
距離的にも3200mは長いですし、今回も厳しい戦いになりそうですね。
宝塚記念に希望が持てる内容を期待したいです。
 
 
ゴールドアクター
順調ですね。前走時も良かったのですが、1週前は更に迫力が増してきた印象。
ただ、1昨年の有馬記念を制した時のような唸った動きでは無かったですし、
昨年の有馬記念時よりもキレは感じなかったです。
良く言えば変わりなく順調と言えますが、悪く言えば強調材料に欠けますね。
もう一つ不安材料を挙げれば、昨年の天皇賞(春)からイレ込みが目立つようになった点です。
最近は、パドックで必ずチャカついています。それがレースの終盤で響いている印象です。
有馬記念を制した時のような堂々とした雰囲気でパドックを周回出来るかが鍵のような気がします。
 
 
アドマイヤデウス
至って順調ですが、強調できるような動きではないですね。
前走のように、加速力を問われないレースではそこそこ走れますが、
G1のように加速力を問われる舞台では見せ場も作れません。
距離が伸びるのは問題ないですが、能力的にもG1では厳しいでしょうね。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
未知な部分で2強に迫れるか?
 
 
加速力を問われる流れなら?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj