どうも、タカピです。
 
今週から、また連続G1が始まります。
東京、京都開催になり春競馬で最も盛り上がるシーズンになりましたね。
 
今週は、天皇賞(春)が行われます。
キタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎討ちムードですが、
近年は、昔みたいにすんなり2強で決まる事は少なくなった印象があります。
 
2頭のガチンコ勝負になると、展開の妙をつく馬が出て来るので、
1角崩しは十分あるのではないかと現時点では思っていますね。
 
 
1週前追い切りについてはこちらを参考下さい↓
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
③キタサンブラック
 
B+評価
①シャケトラ
⑮サトノダイヤモンド
⑥シュヴァルグラン
⑯レインボーライン
 
B評価
⑩アドマイヤデウス
⑧タマモベストプレイ
⑫ゴールドアクター
⑬トーセンバジル
⑨ディーマジェスティ
 
 
スポンサードリンク
 
 

追い切り 短評

 
キタサンブラック
一叩きされて、大幅に素軽さがUPしています。
大阪杯時と比べたら反応や伸び脚が雲泥の差です。
昨年のジャパンC時に比べると、若干前肢の出に窮屈さがありますが気にするほどではないです。
1走毎に強さが増している印象ですし、名手の武豊騎手が完全にこの馬の脚を把握しているのも心強いです。
持続力は現役トップクラスですし、最近は加速力も凄みを増しています。
先行出来るのも強みで、自分でレースを作れるのはかなりのアドバンテージです。
昨年の内容からも距離は全く問題ないですし、正直崩れる姿を想像できないです。
 
 
 
シャケトラ
勢いは衰えず、最大の惑星になる可能性がありますね。
とにかく動きに活気がありますし、大きなアクションで元気いっぱいです。
道中の手応えも抜群で抑えるのに苦労していましたし、手綱を放してからの伸びは鋭かったです。
まだ幼さが残るところがあるように、もっと上を目指せる馬のように思います。
ここ2走の重賞の内容を見ても、かなりの持続力がある馬だということが分かりますし、
日経新春杯ではラスト2F目の0.7秒の加速ラップにも対応出来ています。
折り合いに苦労する馬でもないですし、雄大なフットワークからも広いコースに変わるのは
プラスでしょう。
枠も1番枠とロスなく回って来れる絶好枠を引きましたし、1角を崩す可能性も十分にあると思います。
後は、G1での雰囲気や圧力に対応出来るかでしょう。
 
 
サトノダイヤモンド
使って順調に良化しています。動きが更に軽快になり、追ってのフォームも抜群に綺麗でした。
不満を言えば、レース当週に4Fからの追い切りにセーブしたことくらいです。
ライバルのキタサンブラックが、7Fからびっしり追われたのに比べたら物足りなさは残りました。
前走は、珍しくスタートが悪かったですが、置かれることなく追走出来ていたように、
古馬になり初速も速くなっていると感じました。1週目の3コーナーで折り合いを欠くような
仕草を見せたのは、ゴールが近いと勘違いしたからでしょう。かなり賢い馬です。
レースも多少余裕残しの状態ながら、シュヴァルグランが早めに捲っていた展開でも
置かれることがなかったですし、加速力もかなりついてきた印象を受けました。
キタサンブラックをマーク出来る点を有利に活かせば勝ちきれるのではないかと思います。
 
 
シュヴァルグラン
ここ数走では間違いなく1番良い状態に映りますし、昨年と同じくらいのデキで挑めそうです。
今週は珍しく坂路での追い切りでしたが、回転の速いフットワークでグイグイ伸びていました。
一時期見られた捌きの硬さはなくなっており、目標レースにピークに近い状態で出走出来そうです。
前走は、早めに仕掛けてサトノダイヤモンドとの脚に差を測った感がありました。
あっさり交わされたのを見ると、持続力勝負では分が悪いと思います。
内目の好枠を引きましたし、今回は、前半はある程度前目の位置を取りに来るのではないかと思います。
そこで内外差を活かせれば、前走の差を縮めることは可能でしょう。
後は、前のキタサンブラックにどう対応するかですね。
今回のデキなら1角崩しは十分にあり得ると思います。
 
 
レインボーライン
いつも通り、坂路を単走でサッと流す最終追い切りの内容でした。
軽めながら、回転の速いフットワークでスピード感満点でした。状態は良さそう。
菊花賞の内容からも長い距離は問題ないですし、各馬が早めに仕掛ける中で
追い出しを遅らせて、自身の加速力を活かす競馬が出来ます。
ラスト1Fが12秒半ばのラップになれば追い込んで来る可能性はあります。
後ろからの馬で穴を期待するならこの馬かなと思います。
 
 
アドマイヤデウス
ゆったりしたフォームで完歩の大きな動きを披露しました。
動きに余裕があり、充実感が見て取れます。
加速力勝負では分が悪いので、速い上がりを求められる展開では脚負けするでしょう。
ただ、天皇賞(春)は長距離戦でもあり、極端な上がりの速さを求められることは少ないです。
そういう観点得言えば、この馬にも馬券のチャンスはあると思っています。
 
 
タマモベストプレイ
体を全体をしっかり伸ばした柔軟性のあるフォームで好調を感じます。
血統的には長距離を走る馬ではないのですが、この馬の特徴である柔軟性が
利点となって、長距離を走れていると思います。無駄のないフォームだから
スタミナの消耗が少ない走り方です。
少し非力な点があるので、直線平坦の京都コースに変わって粘りが増す可能性はあります。
ヤマカツライデンが大外枠に入ったので、この馬が逃げる可能性もありそう。
さすがにこのメンバーに入ると、能力的に厳しさは感じますが、展開の鍵を握る
キーホースとなるのは間違いないでしょう。
 
 
ゴールドアクター
順調に調教を消化しており、仕上がりは良いように思います。
今週の追い切りも追ってしっかり伸びていましたし、フットワークもしっかり伸びていました。
ただ、有馬記念を制した時のような唸るような迫力には乏しい印象も受けました。
最近は、パドックでイレ込む事が多くなりましたし、3200mの距離を走るには
強調材料に欠けるように思います。ある程度人気になるだけに馬券妙味は感じません。
 
 
ディーマジェスティ
確かに、前走あたりから動きにキレが戻ってきました。
ただ、まだ迫力が伴っていません。昨春のクラシック時には、キレと迫力があり、
パワフルで推進力のあるフットワークでしたが、今は軽い走りに終始しています。
まだベストな状態には戻り切れていない印象が強いです。
距離的にも長い印象ですし、今回も厳しい戦いになると思います。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
天皇賞(春)の狙い目
 
動きにも勢いを感じる。一気に頂点まで駆け上がるか?↓
 
 
ここ最近では一番の状態。工夫したレースが出来れば一角崩しも↓
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj