どうも、タカピです。
 
今週は、3歳マイルG1のNHKマイルCが行われます。
メンバー的には、残念クラシック的な馬が多いような印象です。
しかし、いろいろな路線から参戦してくるので、能力比較が
難しく、検討しがいのあるレースだと感じています。
 
本日は、そのNHKマイルCの1週前追い切り診断をしたいと思います。
 
 
 
スポンサードリンク

 

NHKマイルC 1週前追い切り診断

 
モンドキャンノ
馬体にも身が入り、マイラーとして完成して来た印象を受けます。
追い出して頭の高いところもかなり改善して来ましたし成長を感じます。
1週前は、CWコースで4Fからの併せ馬でしたが、追ってから回転の速いフットワークで
抜群のスピード感を見せました。
距離短縮は歓迎ですし、東京コースのラスト3F勝負は持ってこいの舞台です。
状態も良く見えますし、勝ち負け出来ると思います。
 
 
ミスエルテ
相変わらず動きは抜群ですね。
馬体はギリギリに見えますが、追ってからのバネ感は半端ないです。
追い出してアッという間に引き離した脚力は能力がないと出来ないです。
後は、折り合いとの闘いでしょう。桜花賞のように下手に勝ちに行く競馬より、
脚を溜めるだけ溜めての末脚勝負を見てみたいですね。
マイル以下なら、この世代でもトップクラスの能力があるのは間違いないと思います。
 
 
ボンセルヴィーソ
ダイワメジャー産駒にしては珍しく、柔軟性に富んだ馬で捌きが非常に柔らかい。
伸縮性のあるフットワークで、無駄な動きが少ない馬です。
ですから、先行してもなかなかバテない競馬が出来るのだと思います。
休み明けを2度使われ、更にフットワークに伸びが出て来ましたので、
状態はピークに近いと思います。
広いコースに変わるのもプラスですし、あまり人気にはならないタイプですが、
中心候補からは外せない存在でしょう。
 
 
カラクレナイ
ピッチ走法ですが、フットワークはしっかり伸びる馬です。
若干上半身の使い方が甘いので、距離はマイルあたりがベストかもしれません。
後肢の蹴りが強く、深く入るので、長く良い脚が使えるタイプです。
東京の長い直線をいっぱいに追ってもバテないと思いますね。
レベルの高い牝馬路線で、桜花賞は差のない4着なので、ここでは主役を張っても良い馬です。
 
 
リエノテソーロ
体の使い方が上手な馬ですね。
OP馬としては特に目立つ馬体ではないですが、無駄のないフォームで
走れる分、体力の消耗の少ないのだと思います。
ただ、動き自体は軽めのタイプなので、G1の底力勝負で脆さが出そうな感じもします。
やはり基本的にはダート路線を歩む馬でしょうね。
 
 
レッドアンシェル
ピッチ走法で軽い動きの馬で、力強さには欠けます。
フットワークも伸びるタイプではないので、究極の瞬発型でしょう。
一瞬の脚に優れ、切れ味はあるので前走のように後方でしっかり脚を溜める競馬の方が
力を発揮できると思います。
追い出しを我慢できる競馬が出来れば、瞬発力で好勝負は出来そうな感じはあります。
ただ、調教の動きからは平坦のマイル以下がベストな気もしますね。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
距離短縮で切れ味戻るのは必至
 
 
バネ感あるフットワークは能力の証?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj