どうも、タカピです。
 
今週は、GWで世間は賑わってますね。
天気も良さそうで、週末の競馬も盛り上がるでしょう。
G1も行われますし、レジャー代を馬券で少しでも回収出来たら最高ですね。
 
では、まずは今週の重賞の印象から。
 
京都新聞杯
ダービー最終便と言われるレースであるように、賞金足らない馬が多く
是が非でもダービーに出走したい馬が揃いましたね。
ただ、現時点で賞金が足らない馬ということで、やはり皐月賞出走馬とは
能力差が大きいような印象です。ここで賞金を上積みしたからといって
本番のダービーで勝負になりそうな馬は見当たりませんね。
人気馬に加速力が乏しい馬が多い印象なので、ペースが緩むと一瞬の脚に
長けた人気薄の台頭もあるかもしれません。
 
 
新潟大賞典
かなりの弱メンバーで、レベルの低いレースになりそうです。
成績もパッしない馬が多い上に、調教でも目立つ馬は少なかったです。
展開次第では人気薄の激走があっても不思議なく、馬券的には難しいですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
ゴールドハット
 
B+評価
ダノンディスタンス
プラチナムバレット
 
B評価
インヴィクタ
サトノクロニクル
メルヴィンカズマ
サトノリュウガ
 
 
 

追い切り 短評

 
ゴールドハット
400kgちょっとの小さな馬体ですが、追い出してのバネが凄いです。
パドックでの姿も筋肉がしっかり発達しており華奢な印象は受けません。
コンパクトに身が詰まったような馬ですね。
今週の動きも、坂路で躍動感ある動きで、体をしっかり使った弾むような
フットワークで走れていました。
前走のレース振りを見ていると、マイルでの急加速ラップではスピード負けを
しそうだなという印象を受けたので、道中ゆったりと追走できるこの距離への
延長でパフォーマンスがあがる可能性もありそうです。
まだ体質的にも完成途上で、本当に良くなるのは秋以降だとは思いますが、
素質ではこのメンバーでも上位でしょう。
イメージ的には、現役時代のステイゴールドに似た印象を受けています。
 
 
ダノンディスタンス
坂路の大外をまっすぐに走り、重心の安定感がありました。
加速力には欠けますが、平均して脚を使えそうな動きだと調教からもわかります。
状態はかなり良さそうに見えましたので、後は展開次第でしょう。
やはり、先手を取って後続に脚を使わせる競馬をしたいところです。
上がりを要す展開に持ち込めれば、状態の良さで賞金加算は可能でしょう。
 
 
プラチナムバレット
現時点ではまだ馬に若さがあります。上半身の使い方も甘く、
本当に良くなるのは秋以降の印象です。
ただ、今週の動きはキビキビとしたフットワークで元気いっぱいでしたし、
状態は前走より更に上がっていると思います。
この馬の長所は、持続力で、長く脚を使える馬です。なので勝負強さもあります。
特筆すべきは、毎日杯の内容です。皐月賞の見解でも書きましたが、
あのレースは相当なスピードの持続力を問われるレースとなっており、
かなりレベルが高いレースだったと解釈しています。
そのレースを4着に好走しているので、このメンバーでは能力上位は確かでしょう。
スローペースの決め手勝負になった場合は加速力で劣る分厳しいレースになりますが、
持続戦になった場合は勝ち負け必至だと思いますね。
 
 
インヴィクタ
馬体は雄大で大物感があります。
ただ、加速力に欠けるので取りこぼしも多い馬であることは確かです。
今週の調教でも鈍足差を露呈していましたので、京都コースで速い上がりを
求められる展開では伸びきれずに惜敗という結果になる可能性もありそう。
人気になるだけに、馬券的な妙味には欠ける印象です。
距離は伸びるだけ良いとは思いますが、京都の2200mは向いているとは
言えないですね。
 
 
サトノクロニクル
順調に調教されており、状態は安定しているように見えます。
動きからは、頭も高く加速力に不安がある印象を受けました。
また、4Fからの追い切りで、ビシッと攻めを積めなかったのも不満です。
ダービー最終便と言われるレースだけに、賞金加算のためには
もっと攻めて欲しかったというのが本音です。
中途半端な攻め量で何とかなるほど抜けた能力は感じません。
 
 
サトノリュウガ
動きはキビキビとしてスピード感を感じました。状態は良いと思います。
ただ、まだ馬が緩く完成度に乏しい印象も受けました。
フットワークにまとまりを欠くフォームで安定感がないですね。
1月以来の出走ということでも、まだ馬の成長待ちだなというのが分かります。
能力は高そうなので、状態の良さとフレッシュさで賞金加算は可能だとは思います。
 
 
スポンサードリンク
 
 

新潟大賞典 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
該当なし
 
B+評価
メートルダール
フルーキー
トルークマクト
レッドソロモン
 
B評価
ロンギングダンサー
ジュンヴァルカン
サンデーウィザード
 
 
 

追い切り 短評

 
メートルダール
キビキビしたフットワークで元気いっぱいの動きでした。
フットワークは伸びない走り方なので、持続力より瞬発力に長ける馬。
直線600mの脚比べになる新潟なら、このメンバーなら一瞬の脚で上位でしょう。
メンバー的にも重賞初制覇に向けて大きなチャンスだと思いますし、
中心馬としての資格は十分にあります。決め手上位です。
 
 
フルーキー
今週の動きは、しっかりまとまったフットワークで走りに余裕を感じました。
ここ数走では一番の状態に見えます。
この馬は、典型的な瞬発型の馬で、使える脚が一瞬です。
なので、新潟のような直線600mだけの脚比べなら、脚をしっかり溜めれれば
一気に抜け出す可能性を秘めていると思います。
ここ2走は早めに動きたり、中途半端に先行したりと持ち味を活かせる騎乗ではなかった。
テン乗りの和田騎手が特徴を活かす競馬が出来れば、今年のメンバーなら勝ち負け可能です。
ハンデは全く問題ないです。
 
 
トルークマクト
回転の速いフットワークでスピード感を見せた今週の動き。状態はかなり良さそう。
頭は高いところはありますが、追い出してグイグイ伸びる走りは目立ちました。
レースでもしっかり脚を溜めれれば、終いは伸びてくるイメージを持ちました。
今年のメンバーなら、近走の着順などは当てになりませんし、2走前に2着があれば
十分でしょう。調教の動きを考えれば、今年のメンバーなら馬券に加えておきたい馬です。
 
 
レッドソロモン
坂路の内目を通る内容で負荷的には控えられた印象です。
ただ動きの方は、走る気満々で抑えるのに苦労しており、元気の良さを感じました。
メイショウサムソン産駒で、気性面で不安な面はありますが、折り合いさえつけば
今年のメンバーでは上位の能力はある馬だと思います。
速い脚には欠けるので、上がりのかかる展開になれば面白い。
 
 
ロンギングダンサー
いつものポリトラックではなく、南Wコースで追われしっかり負荷をかけられました。
新潟は得意ですし、今年のメンバーなら何とかなりそうではあります。
 
ジュンヴァルカン
坂路を単走で軽めの内容。
調教からは強調材料に欠ける動き。もっと負荷をかけて欲しかった。
素質で何とかなるメンバーではありますが、何とも言い難い印象です。
 
サンデーウィザード
順調に調教されており、状態は安定しています。
ただ、動き自体に強調できる点は無かったです。
走り方からもワンペース気味に走る馬に見え、重賞での加速力勝負では
脚負けしそうな印象を受けました。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
京都新聞杯
 
 
新潟大賞典
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj