どうも、タカピです。
 
今週はオークス、来週はダービーと春競馬のピークを迎えますね。
天候の良い日が続いていますし、競馬場も盛り上がること必至でしょう。
 
さて、先週のヴィクトリアマイルですが、調教A評価のアドマイヤリードが勝ってくれました。
高配当の立役者のデンコウアンジュも、Twitterのパドック診断で挙げれました。
最近のパドック診断は好調なので参考ししてくれたら幸いです。
Twitterはこちら↓
 
 
では、まずは今週の重賞の印象から。
 
オークス
今年の3歳牝馬はレベルが高いです。
NHKマイルCでも牝馬のワンツーだったことからも明らかです。
ただ、どちらかと言えばマイラータイプが多いのも確かです。
それがオークスの2400mでどういう形で出るかですね。
ペースが緩んで、瞬発力勝負になればマイラータイプの出番ですし、桜花賞組が有利でしょう。
ただ、緩むラップが少なく、持続力が必要な展開になれば距離適性のある
穴馬が絡んでくる可能性はありそうです。
展開を読む必要もあり、馬券検討が難しいレースになりそうです。
 
 
平安S
1900mのダート重賞です。
能力の高い馬も揃った印象ですし、面白いメンバー構成になったと思います。
1800m→1900mと100m伸びただけですが、レースの質は全く変わります。
よりスタミナとスピードの持続力が問われます。
なので、前崩れの展開にはなりづらく、後方からの馬は苦戦傾向かなと感じています。
前目につけれて、スタミナ豊富な馬が狙い目でしょう。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
レーヌミノル
 
B+評価
ブラックスビーチ
ソウルスターリング
ヤマカツグレース
リスグラシュー
カリビアンゴールド
 
B評価
フローレスマジック
アドマイヤミヤビ
モズカッチャン
ミスパンテール
モーヴサファイア
ハローユニコーン
 
 
 

追い切り 短評

 
レーヌミノル
馬の状態は、桜花賞時より更に良くなっている印象を持ちました。
その桜花賞は、今までとは仕上げが違って、初めてビッシリ仕上げました。
先週、今週とCWコースで柔軟性抜群のフットワークで走れていますし、
追い出しの合図を待つ精神的な余裕もありました。
追ってからの伸びも抜群で、一気に伸びていました。この瞬発力は大きな武器です。
桜花賞は、道悪もありラスト1Fを要する消耗よりのラップになりましたが、
上位の馬の中で唯一先行して押し切りました。
しっかり仕上げた効果で持続力の高さも証明したように思います。
確かに距離延長は歓迎ではないですが、折り合いさえつけば脚力は確かですし、
前目で競馬が出来る分、有利に運べる可能性はあります。
桜花賞を制した割に人気がないようですが、軽視したら再度やられる可能性はありますね。
 
 
ブラックスビーチ
抑えきれない手応えで、走る気満々。最後まで我慢させるのに終始しました。
連続での輸送になりますし、ビッシリとはやれないのは仕方のないところ。
動きの方は、ディープ産駒らしくバネ感抜群のフットワークで加速力が高そう。
440キロあるにしてはまだ華奢に映る馬体なので、本当に良くなるのは秋以降かも。
ただ、調教でのバネのある走りを見ると、東京での加速力勝負にはピッタリの印象を持ちました。
上がり33秒台の争いになればまとめて負かす可能性もあると思います。
 
 
ソウルスターリング
やはり完成度では群を抜いている印象です。
馬体の成長も素晴らしく、スケール感で抜けていると思います。
先週、今週とパッシュファイヤーを付けての追い切りで、集中力を維持したい意図を感じました。
桜花賞では、道悪を気にしてか、直線で何度も手前を替えていました。
デリケートな面がある馬なので、嫌なことがあると気になる性格なのかもしれません。
動き自体は、しっかり折り合いもついてましたし、追い出しての瞬発力は抜群でした。
瞬間移動のような切れ味は素晴らしいです。
タイプ的に2400mでドンと来いというような馬ではないですが、能力で何とかする可能性は高いです。
桜花賞ほど人気にはならないでしょうし、馬券妙味もあるのかもしれないですね。
 
 
ヤマカツグレース
グングン状態が上がっていると感じる馬です。
元々素質を評価されていましたが、マイル以下の距離では忙しすぎて結果が出なかった印象です。
距離を伸ばすようになってパフォーマンスが上がってきましたので、ここでも侮れない存在です。
動き的には、少し頭が高いところはありますが、ハービンジャー産駒の特徴かと思いますし問題ないです。
それより体をいっぱいに使った大きなフットワークでスピード感もありました。
持続力はかなりあると思います。加速力では見劣りしますが、先行出来る馬なので、
前々から持続力を活かして粘り込む展開は想定しておいた方が良いかもしれません。
 
 
リスグラシュー
上手く仕上がった印象を持ちました。
桜花賞の時は、何か唸るようなものを感じず軽視しましたが、2着に走り
改めて能力の高さを感じました。
先週の坂路での調教でビッシリと負荷をかけた分、今週はCWコースでサッと流す内容。
体をしっかり使ったフォームで、フットワークに躍動感もありました。
まだ馬体的にも良くなる印象がありますし、少し反応の遅い面がありますが、
スピードに乗ってからの加速力は、このメンバーでもトップクラスです。
東京の長い直線は歓迎のタイプですし、距離延長も問題ない。
輸送をうまくこなせば勝ち負けは必至の存在だと思います。
 
 
カリビアンゴールド
充実一途。重心のブレないしっかりとした走りで安定感を感じます。
体の使い方が上手で、追い出してのフォームに凄みがあります。
状態はかなり良さそうに見えますし、長く良い脚を使えそうな動きです。
距離延長は良さそうですし、アクションの大きい走りで東京も合いそう。
前走の上がり33.1の脚を評価したいと思います。
穴っぽい雰囲気がありますし、馬券を検討する価値はあると思います。
 
 
フローレスマジック
動きにスケールを感じる馬で、能力だけならこのメンバーでも1,2を争うと思います。
ただ、奥手のタイプでまだ緩さが残っている分、勝ちきれない競馬が続いています。
今週の動きも、アクションの大きなフォームで能力の高さは感じました。
休み明けの前走より上積みも感じますし、上位評価の1頭です。
ただ、勝ちきれるかとなると、まだ加速力不足に感じる面もあります。
秋から来年以降は、このメンバーで一番強くなっている可能性がある馬だけに、
ここで走っても何の驚きも感じません。
 
 
アドマイヤミヤビ
先週はCWコースで柔軟性のある柔らかい動きで巻き返しへ態勢はは整ったと感じました。
ただ、今週の坂路の動きは唸るものを感じなかったです。
桜花賞の時もそうですが、坂路で動かすとあまり良く見せない傾向がありますね。
持続力に特化したタイプで、瞬発力に欠ける分、坂路では動きが落ちるのかもしれません。
牝馬限定戦は、必ず大きく緩むラップが出来るので、瞬発力不足では先に抜け出した馬を
捕らえられないことが良くあります。先週のミッキークイーンの敗因もそれです。
距離延長は歓迎ですが、位置取りが後ろになる分、ペースに左右される面はありそう。
この馬にとては、どういう展開になるかが鍵を握っているでしょう。
中心馬としては推しにくいとは感じています。
 
 
モズカッチャン
2週続けて軽快な動きで目下の好調を維持。
今週は内へと行く動きが気にはなりましたが動き自体は良いです。
前走は完勝の内容ですし、フロック視すると危険です。
ラップの緩みが少ないレースになれば頭まであっても良い。
 
ミスパンテール
桜花賞は2走目のポカか見せ場なく惨敗しました。
中間は放牧に出されリフレッシュされたのか、今週は活気ある動き。
追い出してからのバネ感は能力を感じます。
ただ、脚捌き的には短距離馬のそれで距離延長はマイナスと感じます。
 
モーヴサファイア
捌きが硬めな馬で、見栄えはしませんが、今週は追い出しての脚が良かった。
体をしっかり使えてましたし、状態は良さそう。
上がりの要する展開になれば見せ場は作れるかも。
 
ハローユニコーン
ゆったりとしたフォームで伸縮性のあるフットワーク。
距離延長は歓迎でしょうし、2400mの距離適性はメンバー1かもしれません。
ただ、少しスケール感に欠けるのも確か。G1では底力的に劣る可能性もあります。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

平安S 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
ピオネロ
 
B+評価
アスカノロマン
リーゼントロック
コパノチャーリー
グレイトパール
 
B評価
ロンドンタウン
グレンツェント
クリノスターオー
ケイティブレイブ
 
 
 

追い切り 短評

 
ピオネロ
長めからしっかり追われ負荷をかけた追い切り内容。
終いバタバタになってもおかしくはない調教内容でしたが、
体をいっぱいに使った伸びやかなフォームで最後まで伸びきった。
体調が良くないとここまでの動きは無理と判断しました。
ダート路線に変更後の安定感は抜群ですし、距離延長も歓迎で
重賞制覇のチャンスが来たと感じます。
 
 
アスカノロマン
前走からの柔軟性のある動きが更に柔らかくなり、以前の好調時の動きに完全に戻りました。
ゆったりした力みのないフォームでバランスの良い走りでしたし、状態は良いです。
後は、ここ2走は最後に止まる競馬が続いているので、スピードを持続できるかでしょう。
前走のような好位からの競馬で脚を溜めれれば、昨年に続き連覇は十分可能です。
 
 
リーゼントロック
アクションの大きい迫力のある動きで調子の良さを見せました。
道中も抑えきれないほどの手応えでしたし、今は走る気満々と言った雰囲気です。
追い出してから坂路をグイグイと駆け上がり、並走馬を一気に突き放しました。
前走は惜しい4着でしたが、控える競馬に目途が立ったのは大きな収穫でした。
速い脚には欠ける馬なので、距離延長はプラスでしょう。
 
 
コパノチャーリー
走る気を前面にだして、坂路をグイグイ駆け上がりました。
追ってからの活気ある動きからも状態の良さがわかります。
展開の鍵を握りそうな馬です。単騎で楽に逃げさせると、
状態の良さでそのまま逃げ切られる可能性もありそうだと思います。
穴馬として注意しておきたいです。
 
 
グレイトパール
ダート路線に変更して破竹の4連勝で勢いがある馬です。
内容的にも圧倒的な内容で勝ち上がって来ましたので、
重賞でも格負けすることは無いのではないかと思っています。
今回は、間隔が開いたこともあり、少し重たい動きでした。
しかし、馬体やフットワークの迫力などを見ると能力は高そうだと感じました。
この少し余裕のある仕上げで勝ち負けできれば、今後のダート路線を
引っ張って行く存在になると思います。レース振りには注目です。
 
 
ロンドンタウン
まだ成長途上で頭が高く前肢の出が窮屈な走りですが、それでも結果を出してる馬。
今週の追い切りの動きは軽快で状態は高いレベルで安定している。
消耗戦にならなければ好勝負出来そう。
 
グレンツェント
毎回言っていますが、調教では見栄えしない馬で状態の把握が難しい馬です。
なので、必然的に最終判断はパドック待ちとなることが多くなります。
前走は一旦緩ませた影響か、パドックの雰囲気がイマイチでした。
叩いて上昇してれば能力的にも勝ち負けでしょう。ただ距離延長は微妙。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
オークス
 
 
平安S
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj