どうも、タカピです。
 
さあ、いよいよ日本ダービー週ですね。
毎年春は、このレースを楽しみにしています。
春競馬で一番盛り上がる1週間が始まります。
 
netkeibaで参戦しているPOG大会も、400番台の順位におり、
指名馬でダービー参戦馬は、
アルアイン
ペルシアンナイト
サトノアーサー
スワーヴリチャード
と、上位独占の可能性があるラインナップなので、何とか頑張ってもらって
100位以内に入って賞品ゲットしたいなと鼻息荒くなっています(笑)
 
 
では、本日は日本ダービーの1週前追い切り診断をしたいと思います。
 
 
スポンサードリンク

 

日本ダービー 1週前追い切り診断

 
ペルシアンナイト
長めからビッシリ追われしっかり負荷をかけられています。
相変わらず柔軟性抜群で躍動感たっぷりのフットワークで非常に見栄えがします。
追い出しての脚は迫力満点で、凄みがありました。
これだけ柔らかい動きをする馬はなかなかいませんし、距離がもたないはずがありません。
デムーロ騎手がアドミラブルを選んだことで人気が落ちそうですが、
決して見劣りする馬ではないです。
皐月賞は、スピードの持続力が問われる厳しいレースになりましたが、道中動いて
2着の内容は負けて強しの印象を受けました。
ダービーは中間に緩むラップが出る傾向があるので、この馬の加速力を活かすには
展開も向きそうです。逆転まであります。
 
 
アルアイン
グングン上昇している印象で、デビュー時の重たい動きとは雲泥の差です。
1週前追い切りは、長めからしっかり追われ、運動量も豊富です。
馬体もスッキリし、ディープ産駒らしいバネを感じる動きになってきました。
1戦毎の成長度が凄く、皐月賞時よりさらに良くなっています。
この馬は、スピードの持続力が抜群で速いラップを長く継続できます。
更に、2Fは加速する脚がありますし、先行もできます。
緩むラップを作らせず、早めに抜け出す競馬ができれば後方から差すのは
なかなか難しいのではないかと思います。
皐月賞馬にも関わらず、1番人気にはなりそうもないだけに馬券妙味は
かなりあると思います。この馬は相当強いです。
 
 
カデナ
ディープ産駒らしいバネ感が出てきましたね。
伸縮性に富んだフットワークで走れていましたし、キレを感じました。
皐月賞より状態は良さそうですね。
この馬は、ゆったりしたペースからの瞬発力勝負で力を発揮するタイプで、
皐月賞のようなスピードの持続力を問われる展開は向いていません。
弥生賞のようなスローからの決め手勝負になれば出番があっても良いと思います。
 
 
クリンチャー
大きなアクションで走り、躍動感がある動きです。
スパッと切れる脚はないですが、しぶとく伸びる脚が特徴です。
皐月賞も先行して4着と見せ場充分でしたし、粘り強い脚を使います。
逃げて自分のペースえ運べれば、かなり粘っこいレースをしそうで注意が必要です。
状態は、皐月賞以上のように見えますので、穴としては面白い馬だと思います。
 
 
マイスタイル
1週前追い切りは、じっくり脚を溜めて終い爆発させる内容でした。
今までレースでは先行していたのでイメージ一新の走りでした。
伸び脚を抜群で、一気に並走馬を突き放すスピード感でした。
この追い切り内容だと、レースでも脚を溜める競馬をしそうですね。
後は決め手が通じるかそれだけでしょう。調教の動きは良かったです。
 
 
サトノアーサー
アクションが大きく、非常に見栄えする馬です。
1週前追い切りも、CWコースで長めから追われ迫力満点の動きを披露しました。
ただ、まだ馬に緩さがあるのも事実です。能力に馬体が追いついていない段階です。
なので、皐月賞を自重したのは正解だったと思います。
過去のレース振りを見ても、末脚の凄さはわかる馬なので、ここもチャンスはあります。
ただ、完成度では少し劣ると感じていますので、そこを能力で補えるかでしょう。
アクションが大きな走り方だけに、距離も現時点では2400mは少し長い印象もあります。
 
 
スワーヴリチャード
まだ馬が子供ですね。この血統は兄のバンドワゴンもそうですが、
気性が能力の成長を妨げているような感じもあります。
1週前追い切りも、横にいる並走馬を気にして走りに集中してないような仕草でした。
追い出しての脚などは、迫力十分で能力はかなり高いものを持っている馬ですが、
現時点でそれを100%発揮できる気性ではないのではないかと思います。
調教では1戦毎に子供っぽさを見せるようになっているのが気がかりではあります。
東京コースへ変わるのは大歓迎ですが、気性的に中心扱いするのは勇気がいりますね。
 
 
レイデオロ
皐月賞時に比べれば、ずいぶんと動きが素軽くなりましたね。
軽快なフットワークで、いかにも切れ者といった小気味よいフットワークでした。
この厩舎らしく、ビシビシ鍛えられてはいませんので、急激に力を付けたといった感はないです。
ただ、順調さを欠いた皐月賞に比べれば、状態は雲泥の差でしょう。
その皐月賞も、後方から見せ場たっぷりに末脚でした。順調にこれた今回は、前走以上の結果が
出ても何の不思議もないでしょう。切れ味勝負ならチャンスあると思います。
 
 
アドミラブル
2400mの青葉賞を使ったばかりということで、1週前は坂路を軽く流す程度。
まだ能力を持て余しているような動きで、本格化は先のような印象もある馬です。
それでも前走は圧勝しましたし、能力は高いのでしょう。
ただ、前走の青葉賞は好タイムが出たとは言え、メンバーレベルは高かったとは言えません。
今回は今までのレースとはレベルも全然違いますし、厳しいレースをあまり経験してない分
脆さが出てもおかしくはないです。調教の動きからも現時点ではまだ緩さが目立ち、
大物感は感じない点が気になっています。
1番人気を争うくらいの人気になりそうなだけに、現時点では馬券妙味は感じません。
中心候補というより、相手候補としての位置づけです。
 
 
ウインブライト
小気味よいフットワークで軽快な動きでデキ落ちは感じません。
一瞬の脚に長けたタイプで、東京より中山の方が向いている印象はあります。
皐月賞は、外枠の不利がありながら0.5秒差の8着と大きく負けていません。
スローペースとなって瞬発力勝負になる展開の助けが必要ですが、
展開が向いた際は見せ場以上のレースができると思いますし、能力も感じます。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
逆転に向け迫力満点の動きの馬は?
 
 
1戦毎の成長を感じ能力は確かな馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj