どうも、タカピです。
 
今週から函館競馬が始まり、夏競馬が始まったなあと感じます。
この時期の重賞は、メンバーも落ちますし、なかなか難しいですね。
ですから、より調教で状態を把握するのは重要になってきます。
しっかり好調馬を見極めていきたいと思います。
 
では、今週の重賞の印象から。
 
函館SS
夏のローカルスプリント重賞らしく、登録メンバーが少ないです。
毎年のことですが、函館で滞在競馬ということで追い切りからは判断し辛いですね。
高松宮記念を制したセイウンコウセイも出てきますし、
スプリント重賞の常連のシュウジや、洋芝得意な馬もいるので
レースは楽しめると思います。
 
 
ユニコーンS
抽選対象馬が多く、中間は何が出走できるか分からないようなメンバー構成。
それだけ500万下勝ち馬が多く、混戦模様だということでしょう。
元々、人気馬がきっちり結果を出すレースであまり荒れません。
ただ、今年は実績的に抜けた馬は、リエノテソーロくらいで、
その他は混戦かなと思います。紐荒れは想定しておいた方が良いでしょう。
*調教からピックアップしていた馬が軒並み抽選漏れにあいました。
益々難しいレースになりましたね…
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)

*横のアルファベットは評価印です
シュウジ B+
レヴァンテライオン B+
セイウンコウセイ B+
ノボバカラ B
 
 
 

追い切り 短評

 
シュウジ
動きは良いですね。函館芝コースで負荷的には軽いですが、
滞在競馬なので仕方ありません。
北海道の滞在競馬には実績がありますし、調教でやり過ぎない方がレースで
走れるタイプのような感じなので、今年も力を発揮できると思います。
気性も大人になってきており、調教でもかからなくなってきました。
しっかりと成長していますし、昨年以上の成績も期待できると思います。
 
 
レヴァンテライオン
この春は全く結果が出ませんでした。
原因はおそらく距離でしょう。マイルでは直線に向いたら手応えが無くなっていました。
前走はダート戦でしたが、距離が1400mに短縮されたことで、
少しは我慢出来ていたように見えました。
典型的なスプリンターのようなので、今回の1200mへの短縮はプラスでしょう。
動きの方も、少し硬さが見えますが、スピードタイプなので問題はないでしょう。
好位につけて押し切る競馬が出来れば好走しても不思議ないです。
 
 
セイウンコウセイ
高松宮記念を制して以来の競馬になりますが、順調に調整されているようです。
間隔が開いているので、少し重め感はありますが、この一追いでちょうど良くなるでしょう。
動きには活気がありますし、Wコースも大外を回り負荷もしっかりかけられています。
G1馬として、目標は先にあると思うので、勝負気配としては高くはないのでしょうけど、
実績や能力的にも恥ずかしい競馬にはならないのではないかと思います。
 
 
ノボバカラ
前肢の捌きが硬く可動域の狭い動きなので、追って伸びるタイプではなく、
基本はダート向きでしょう。
ただ体をしっかり使って走れていますので状態は良いと思います。
小回りで洋芝の函館コースですから、先手を取ってのスピード勝負なら
今年のメンバーなら馬券内に残るスピードはあると思います。
 
 
ジューヌエコール
前肢の出し方に窮屈感があります。追って伸びるというよりスピードで押し切るタイプ?
そういう面で距離短縮は良い方向に向きそう。
ただ走り方からも器用さに欠けそうな気がしています。
コーナーのきつい小回りコースが不利にならなければいいのですが…。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

ユニコーンS 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)

*横のアルファベットは評価印です
リエノテソーロ B+
サンライズノヴァ B+
サンライズソア B+
ラユロット B
サヴィ B
シゲルベンガルトラ B
 
 
 

追い切り 短評

 
リエノテソーロ
少し硬さが出ていますが、今回はダート戦なので問題ないです。
回転の速いフットワークでスピード感抜群ですし、動きのスケールは
このメンバーでは抜けている印象です。
NHKマイルCで2着に好走しましたが、本来はダートでこその馬だと思いますので、
ここは負けられない馬ではないでしょうか?
人気でも中心視が妥当かもしれません。
 
 
サンライズノヴァ
デビュー時から力強い動きが目立っていた馬です。
馬体が太目の状態で走っていたので、惜敗が続きましたが、
前走あたりから馬体が絞れ締まってきましたので、更に上昇が見込めます。
相変わらず体全体を使った躍動感のあるフットワークで走れていますし、状態は良さそう。
一瞬の脚には欠けますが、追えばしっかり伸びる馬なので、東京の長い直線は合います。
前走は、先行する競馬が合わなかっただけですし、今回は期待したい馬の1頭です。
 
 
サンライズソア
坂路の大外を併せ馬でしっかり負荷をかけてきました。
やはり賞金があるだけに、しっかり仕上げられるのは強みですね。
少し頭が高い走法ですが、力強い脚捌きで脚力を感じます。
加速力がなく、ワンペース向きな馬ですので、ダートが合っているのだと思います。
前走と同じ条件ですし、再度好走する可能性はあるでしょう。
後は、イレこみが激しい馬なので、当日落ち着きがあるかでしょう。
 
 
ラユロット
楽走で軽めの内容ですが、併せ馬消化で負荷はかけた内容です。
牝馬なので強い調教はいらないタイプかもしれません。
動きの方は、軽めながらもバネ感があり伸縮性に富んだフォームでした。
もう少し強めに追って欲しかった面はありますが、状態は良さそうに思います。
前走は、レース上がりより1.3秒速い上がりで突き抜けましたように、
ダート適性の高さを見せました。内容的にも1F延長は歓迎かと思います。
前走だけ走れれば、今年のメンバーなら再度の好走は可能でしょう。
 
 
サヴィ
回転の速いフットワークでスピード感抜群の動きでした。
動きの力強さには欠けますが、かなりのスピードを秘めていると思います。
デビューから2連勝中も納得の動きです。
前走は、芝スタート部分で行き足がつかず最後方からの競馬になりましたが、
直線はレース上がりより1.3秒も速い脚で、一気に突き放しました。
走り方からも1Fの延長が鍵になりそうですが、前走の脚を使えれば
ここでも上位に来ても不思議ではないでしょう。
 
 
シゲルベンガルトラ
調教での走りからは四肢が長めのスラッとした体型に見えます。
その分動きに力強さは欠きますが、追ってから回転力の優れたフットワークでスピードを感じます。
ただ、パドックでの姿からはトモの筋肉も発達しており、気性も素直で完成度が高いタイプです。
なかなか勝ちきれませんが、安定して走れているのも完成度の高さからでしょう。
今回も大崩れはないのではないでしょうか?
掲示板は確保出来そうですが、それが何着なのかは展開次第ですかね?
4,5着の可能性もありますし、中心馬としては頼りなさはあります。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
函館SS
 
 
ユニコーンS
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj