どうも、タカピです。
 
春のG1フィナーレ宝塚記念ですね。
頭数は寂しくなりましたが、絶対王者のキタサンブラックが
どんな競馬を見せるのか注目ですね。
 
個人的には、この小頭数でキタサンブラックはレースがしにくくなるのでは?
と思っています。
 
他の馬、特に差し馬が捌く頭数が減るので
キタサンブラックを射程圏に入れやすくなるためです。
 
ローテーション的にも厳しいですし、なかなか簡単にはいかないと思います。
これであっさり勝てば、もう国内に敵はいないでしょうね。
レース振りには注目です。
 
 
それでは、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
⑧ミッキークイーン A
⑥シャケトラ B+
②ゴールドアクター B+
⑦レインボーライン B+
⑩キタサンブラック B
⑤シュヴァルグラン B
 
 
1週前追い切り診断はこちらを参照して下さい↓
 
 

追い切り 短評

 
ミッキークイーン
前走の動きとは雲泥の差で、ピークに仕上げたように感じます。
今週はサッと流す内容でしたが、四肢の送りにバネ感があり、
躍動感抜群のフットワークでした。
先週も長めから同様の動きを披露しましたし、状態は最高潮に感じます。
ヴィクトリアマイルは、阪神牝馬Sを勝ちに行った仕上げの反動で、
攻められず状態は下がっていたと思います。
レースも苦手な瞬発力勝負となり結果が出ませんでした。
基本的には、加速力と持続力で勝負する馬なので中距離向きです。
レースでの位置取りも問わない器用さもありますので、
チャンスはかなりあると思います。
 
 
シャケトラ
どこまで強くなるのか想像できない域に入っている印象です。
先週の仕掛けてからの反応と迫力が素晴らしかったですし、
今週は、3頭併せの真ん中で我慢させる内容で折り合い対策もバッチリです。
抑えきれない手応えでしたが、追い合いはきっちりついていました。
最後まで手綱は放しませんでしたが、直線の脚も反応、キレとも非常に良かったです。
距離短縮は歓迎ですし、コーナーリングも上手なので小回りの阪神内回りも歓迎です。
前走の天皇賞春もチグハグな競馬の割には大きく負けていませんし、
逆に強さを再確認した次第です。
王者キタサンブラックを負かすだけのポテンシャルはあると思っています。
 
 
ゴールドアクター
近走では一番良く見える動きでした。
輸送を控えている中でも6Fから長めを追い切れましたし万全を尽くした内容に感じました。
終いは軽めでしたが、反応が鋭くあっという間に並走馬を突き放しました。
迫力も出てきており、ここ数走では最も良い状態ではないかと思います。
後は、当日の落ち着き次第でしょうね。
今週長めからしっかり追い切ったので、テンションが上がらなければ良いですが。
パドックで落ち着いて、気合が乗った状態なら勝ち負け出来そうな雰囲気を感じました。
 
 
レインボーライン
頭が高いで見栄えは悪いですが、これはこの馬の走り方なので問題ないです。
動き自体は、四肢の送りの回転が速いですし、重心がブレずに走りに安定感と力強さがあります。
頭の高い走り方の馬は、重心移動に負荷がかかり、走りがブレることが多いのですが、
この馬の今週の動きはそういう面は皆無でした。状態は良いと思います。
前走は枠も響きましたし、究極の持続戦になったので力を発揮出来ませんでした。
今回は小頭数になり、捌くのも楽になりますし、距離短縮で一瞬の脚を活かしやすくなります。
馬券内のチャンスは十分すぎるほどあると思います。
 
スポンサードリンク
 
 
キタサンブラック
先週もでしたが、今週は更に軽めの内容でしたね。
やはりG1を3連戦ともなれば疲れも溜まりますし、前走の天皇賞春がかなり
厳しい競馬でしたので、疲れが抜ききれていないのかなと思いました。
動きの方も、この馬特有の雄大なフットワークではなく、
少し小ぢんまりとした窮屈感も感じました。
おそらく万全の状態とは言えないと思いますし、前走よりは落ちると思います。
小頭数になりそうなのも、他馬が捌きやすくなる分不利でしょうし、
今回は何かに負ける場面も想定しておいた方が良いかもしれません。
 
 
シュヴァルグラン
状態は一戦毎に良くなっていると思います。
ただ、動きの方は天皇賞春に比べて素軽さというかキレが劣っているように感じました。
馬体の造りも長距離使用に見えましたので、距離短縮は微妙な感じを受けました。
頭数的に押し出される形で人気になりそうですし、馬券妙味には欠けるかもしれません。
 
 
サトノクラウン
回転の速いフットワークでいかにも瞬発力がありそうな動きです。
ただ、力強さには欠けるので、坂のある阪神は合わないのではないかと思います。
馬体も、フォトパドックでは少し立派に見えたので、もう少し負荷をかけても
良かったかもしれません。
 
 
ミッキーロケット
動き自体はいつも通りで、回転の速いフットワークで活気があります。
ただ、いつもラスト1Fは減速ラップになるように長く良い脚を使えないタイプかも。
距離短縮は歓迎ですが、G1レベルの戦いになるともう一押し足らない印象もあります。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
宝塚記念の狙い目
 
バネ感抜群の動きで侮っては危険な馬は?↓
 
 
充実一途で更に成長が見られる馬は?↓
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj