どうも、タカピです。
今週から、福島、中京開催が始まり、本格的な夏競馬になりましたね。
 
中京開催は、サンデー系(特にディープ系)が苦戦するコースなので、
人気馬が期待を裏切ることが多いコースなので、
馬券を買う際は気をつけたいですね。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
CBC賞
サマースプリントシリーズ第2戦になります。
3歳馬の参戦多くなりましたし、頭数も多そうで
ハンデ差がポイントになりそうですね。
今の古馬のスプリント路線のレベルは低いので、
ハンデ差を活かせば3歳馬が活躍出来そうな予感がありますね。
 
 
ラジオNIKKEI賞
能力の高低が判断しにくい3歳戦で、しかもハンデ戦。
馬券的には難しいレースですし、毎年人気薄の好走も目立ちます。
今年のメンバーも、50キロ~57キロと斤量がバラけた印象ですし、
ハンデキャッパーも悩んだのではないかと思います。
トップハンデ馬が苦戦傾向にあるのも、能力判断が難しいためだと思います。
そこの見極めが重要になるレースでしょう。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
メイソンジュニア A
タイムトリップ B+
アルティマブラッド B+
メラグラーナ B+
アクティブミノル B+
シャイニングレイ B
 
 
 

追い切り 短評

 
メイソンジュニア
昨年の小倉でデビューした時から
将来はスプリント界の主役になるかもしれないと思った馬です。
それくらいスピード能力の高さを感じていました。
1戦毎に体質がしっかりして来て、筋肉も強化されてきました。
休み明けで少し余裕を持たせた造りでしょうが、道中の余裕ある走りや、
追ってからのスピード感と迫力にはスプリント能力の高さを感じます。
マイルでも結果を出せるくらい能力が高い馬です。
1200mで更にパフォーマンスが上がると思いますし、
先々に向けても期待したい馬の1頭です。
 
 
タイムトリップ
相変わらず柔らかいフットワークで柔軟性抜群。
四肢が深く入り伸縮性に富んだ走りです。
マイルでもそこそこ走れるのは、この柔軟性のおかげでしょう。
ベストは短距離なので、この距離短縮は大歓迎でしょう。
1200mなら騙し騙し走らなくて良く、スピードを全開が期待できます。
52キロの斤量なら相当恵まれたと思いますし、先行抜け出しを期待。
 
 
アルティマブラッド
充実一途で力をつけてきている印象です。
体質が強化されてきたのか、動きにブレがないですし、
体全体を使ったフォームで躍動感を感じます。
完歩が大きめのフットワークで持続力がありそうです。
53キロのハンデなら十分勝ち負けできると思います。
 
 
メラグラーナ
前走は明らかに太目の造りで惨敗。
今回はスッキリ見える姿で、馬体は絞れていると思います。
追われてのバネ感あるフットワークは健在で、状態は前走以上。
まだ少し追われてふらつくところは見られたので万全ではないですが、
ここでは能力上位であることは確かでしょう。
道悪は苦手なので、当日の馬場状態は気になるところですね。
スパッと切れる瞬発力タイプではないので中京の馬場は合っている。
 
 
アクティブミノル
動きにキレと躍動感が出て、かなりの上昇度を感じます。
坂路の大外を回り、50.4で上がり11.6なら文句なしの動きです。
追われて体全体を使ってグイグイ伸びており、馬に走る気も感じます。
昨年の高松宮記念は僅差の4着とコース適性は高いです。
穴を開けるならこの馬か?
 
 
シャイニングレイ
抑えきれない手応えで、スピード感と迫力は相当感じます。
ただ気性面で不安を残す内容でした。
道中押さえが効くのかがポイントになりそうです。
スピード自慢が揃った今回は楽には先行できないと思うので、
揉まれた際には不安が残る気性の若さを見せていました。
ポテンシャルはかなりのものを感じるのは確かです。
 
 
トウショウドラフタ
頭の高い走りはいつも通り。後肢の蹴りで推進力を出すタイプで
上がりの速い競馬は不向きなタイプ。左回りの1400mはベスト条件。
後は馬場状態だけ。時計のかかる馬場なら出番あってよい。
 
エイシンスパルタン
動きに活気はありますが、まだ若干太目残りの印象もあります。
スピード能力はメンバー上位なので力でどこまでと言ったところ。
鞍上変更はあまり好ましくないです。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

ラジオNIKKEI賞 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
セダブリランテス A
ライジングリーズン B+
サトノクロニクル B+
ニシノアップルパイ B+
クリアザトラック B
ビービーガウディ B 
 
 
 

追い切り 短評

 
セダブリランテス
実がキュッと詰まった体型で決め脚がありそうなタイプです。
調教の動きは、道中の走りに余裕がありましたし、
軽く仕掛けただけでグーンと伸びていました。
四肢をしっかり伸ばいたフットワークで能力の高さを感じました。
スッと位置を取れそうなセンスを感じますし、54キロなら面白そうです。
 
 
ライジングリーズン
やはり能力は高そうですね。すでに3勝しているのは伊達ではないですね。
道中の手応えが余裕綽々ですし、直線も他馬の手応えを見て仕掛ける余裕がある。
軽く仕掛けただけでスッと並びかけますし、かなりのレースセンスを感じます。
調教での反応の速さを見ると、瞬発力を感じますし、小回りコースへの適性を感じます。
牝馬で55キロは背負わされた感はありますが、
ハンデキャッパーも能力を評価している証拠でしょう。
 
 
サトノクロニクル
少し前肢の出が窮屈なところはありますが、
大きなフォームで躍動感があります。ここでは能力上位の1頭でしょう。
動きが大きな馬なので、コーナーのきつい小回りコースは少し気になります。
GⅡ2着、OP勝ちを考えれば妥当なハンデでしょう。
上手く先行できる枠に入れば能力で上位争いだと思います。
仕上がりも良さそうに感じます。
 
 
ニシノアップルパイ
道中、横に馬がいると気にする仕草を見せていましたが、
追われてからは体をしっかり伸ばしたフットワークでグイッと伸びました。
動きの軽い馬なので、距離はマイル以下が良さそうな気がします。
そこまで抜けた馬もいないメンバー構成なので、上手く立ち回れれば
馬券内はあって良さそうだと思います。
 
 
クリアザトラック
芝コースでの追い切りで負荷を控えた感じですね。
すでに仕上がっているのは、なにか不安があるのかは分かりません。
この馬は、馬体やレース振りを見ても距離は短い方が良さそうな気がしています。
1800mという距離での重賞になれば、距離の壁があるかもしれません。
頭は厳しいかもしれませんが、能力で馬券内は確保しても良いですね。
 
 
ビービーガウディ
調教からは、ゆったりとしたフットワークで、
追ってからもジリジリ伸びるタイプに見えます。
小回りの1800mでは距離不足な印象を受けました。
ただ動きには力強さがありますし、脚力は高そうです。
道中流れて消耗よりの展開になればスタミナと持続力で
差してくる場面があるかもしれません。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
CBC賞
 
 
ラジオNIKKEI賞
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj