どうも、タカピです。
 
本格的な夏競馬に入りましたね。
夏の重賞は、調教判断が難しい面がありますので、
気を抜かずに分析をしていきたいところです。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
小倉記念
今年はメンバーが揃わなかった印象がありますね。
低レベルでの混戦模様と言った感じが強いです。
勝って重賞初制覇と言った馬がほとんどで馬券的には難しい印象ですね。
小倉の重賞と言えば、平坦コース特有の時計が速い決着になりますので、
それに対応出来る馬を選びたいですね。
 
 
レパードS
エピカリスが登場します。
ベルモントSは直前での取消で残念な結果になり、
立て直し的な出走になります。
スケールが大きな走りでかなりの能力を感じる馬なので、
どういった走りを見せてくれるのか注目しています。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ストロングタイタン A
タツゴウゲキ B+
フェルメッツァ B+
ケイティープライド B+
カフジプリンス B
スピリッツミノル B
 
 

追い切り 短評

 
ストロングタイタン
大きなフットワークで迫力満点の動きを披露。
調教での動きは以前から目立っていた馬で、能力は高い馬です。
前走で絞れた体で出走して、動きに軽さも加わり、
益々目立つ動きに変わってきています。
雄大なフットワークで大物感のある走りですし、今週は追っても
ラスト1F11.9とキレも感じさせる動きでした。
一瞬の決め脚には欠けますが、長く良い脚を使えるタイプなので、
小倉の時計勝負も苦にしないと思います。
 
 
タツゴウゲキ
七夕賞時の動きも非常に目立っており穴推奨していた馬。
今週もバランスの良い無駄のないフォームで体調の良さを感じました。
首を使った走りで走る気も見られましたし、手前を替えてからの
反応も速く文句なしの動き。
鞍上もデムーロ騎手ということで、格下ですが一発ムードがあります。
 
 
フェルメッツァ
ディープ産駒らしくバネの効いた走りでキレを感じます。
ただ、レース成績を見ても詰めの甘い善戦タイプなので、
良い脚が一瞬しか続かない瞬発タイプの馬だろうと思います。
タイプ的には小回りは合うのですが、どこで一瞬の脚を使うのかで
乗り難しさがある馬でしょう。
調教の動きからも嵌れば一発はあって良いとは思います。
 
 
ケイティープライド
函館記念時と同様に、体全体を使った躍動感のあるフットワーク。
若干、前肢の可動域が狭く感じましたが気になるほどでもないです。
瞬発タイプなので、一瞬の脚をどこで活かすかによります。
函館記念も伸びて来ましたが、最後は同じ脚色になっていました。
外を回した分の差でしょう。基本的には内からロスなく回りたいタイプ。
 
 
カフジプリンス
前肢の掻き込みが力強く、力強さを感じます。
ただ、レース同様にエンジンの掛かりが遅く、スピードに乗るのに時間がかかります。
距離的には、長いよりこのくらいの方が良いとは思います。
小倉記念は、速いペースになる事も多いので、前崩れの展開になれば
粘り強い末脚で伸びて来る可能性もあります。
 
 
スピリッツミノル
順調ですね。
コンスタントに使われてきている馬なので、強い調教は必要ないです。
フットワークもしっかり伸びていますし、状態は安定していると思います。
この春は、G1級のメンバーと戦ってきており、この馬自身かなり鍛えられたと思います。
今回のメンバーは、戦ってきた相手と比べ数段落ちるメンバーになりますので、
自力強化が出来ておればあっさり結果を出すことも想定しておいた方が良いかもしれません。
 
スポンサードリンク
 
 
 

レパードS 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
テンザワールド B+
エピカリス B+
タガノディグオ B+
タガノグルナ B
ハルクンノテソーロ B
サルサディオーネ B
 
 
 

追い切り 短評

 
テンザワールド
伸びやかで柔軟性を感じる動きで、フットワークのバランスも良い。
今はかなり状態が良さそうな雰囲気を感じました。
坂路の大外を余力たっぷりに駆け抜け、体を上手に使ったフォームで
グイグイと坂を駆け上がりました。
連勝中の勢いを感じますし、動きにスケールもあり重賞級の器だと思います。
エピカリスという別格の馬がいますが、状態の良さで逆転があっても良さそう。
 
 
エピカリス
やはり能力は相当なものを感じます。
動きの基本的な部分でスケールの違いを感じます。
後肢が深く入り、蹴りの強さを増大させ雄大なフットワークを作り出しています。
ベルモントS取消後で、疲れもまだある状態な分、
前肢の送りが少し小さいかなと思いますが、能力はこのメンバーでは抜けています。
今回は試走的な出走でしょうが、普通に勝ち負けしてくるでしょう。
 
 
タガノディグオ
併走馬の後ろを追走し、直線で内から脚を伸ばす実践的な追い切り。
相手を突き放すことは出来ませんでしたが、長手綱のまま走っており、
余裕はある内容でした。
パワフルなフットワークでいかにもダート馬という走り。
追い出して若干フラフラすることはありましたが、
手応えに余裕があったので遊びながら走っていた印象です。
実績的には上位の存在なので、大崩れは無いでしょう。
後は、突き抜けれる展開になるかどうかでしょう。
 
 
タガノグルナ
回転の速いフットワークでスピード感があります。
軽い走り方で、芝でも走れそうな雰囲気はありますが、
調教のラップを見ても、一定のラップを刻むワンペース型っぽく、
芝の加速ラップに対応できないのでダートの方が合っているのだと思います。
状態は良さそうなので、後は展開がどうなるかでしょう。
逃げたい同型が数頭いるので、その馬たちと兼ね合い次第ですね。
あっさり逃げれれば、粘り込むだけのデキにはあると思います。
 
 
ハルクンノテソーロ
頭が高くあまり見栄えはしない走り方です。
ただ動きの方は、アクションが大きく活気のある動きでしたので、
状態は変わらず良好だと感じました。
ファスリエフ産駒なので、距離はマイルがギリギリの感もあります。
1Fの延長がどう出るが大きなポイントになりそう。
 
 
サルサディオーネ
終始馬なりの軽めの内容でしたが、追われてからの脚は鋭かったです。
体をしっかり伸ばした大きなフットワークでしたし、
牝馬とは思えない迫力も感じました。
後は展開次第でしょう。前走は逃げて圧勝しているだけに、
できれば逃げたいところでしょうが、同型も数頭いるので、
どう捌くかがポイントでしょう。逃げ有利の新潟だけに逃げれたら注意が必要です。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
小倉記念
 
 
レパードS
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj