どうも、タカピです。
 
あっという間にお盆の時期になりましたね。
時間が過ぎるのは早いなと改めて思っています。
無駄な時間を過ごさないように、1日1日を大切にしたいですね。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
エルムS
毎年のことですが、今年も低レベルなメンバー構成になりましたね。
札幌、函館での滞在調整になり状態の把握も難しいので、
馬券的には苦手意識が強いレースになります。
ただ、今年は調教からも勢いを感じる馬がいるので注目しています。
 
 
関屋記念
夏の名物マイル戦ですね。
新潟特有の上がりが速い決着で、勝ち時計も速いです。
新潟外回りは特殊なコースで、最後の直線のみの3F勝負になりがちです。
ですから、持続力よりは瞬発力と加速力を重視した方が良いです。
今年は大物はいませんが、実量伯仲の好メンバーが揃ったので、
楽しみなレースになりそうですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
テイエムジンソク A
ピオネロ B+
リッカルド B+
ロンドンタウン B+
ドリームキラリ B
リーゼントロック B
 
 
 

追い切り 短評

 
 テイエムジンソク
連勝の勢いは本物と感じる素晴らしい動きを披露しました。
体をいっぱいに使ったフォームでフットワークの伸びが抜群。
柔軟性も出て躍動感たっぷりの動きで魅力十分です。
この動きなら先行すればなかなか止まらないでしょう。
本格化を感じる気配で、勢いのまま重賞も制覇しても不思議ないです。
 
 
ピオネロ
以前に比べ上半身の使い方が上手になってきました。
元々前肢の出に窮屈さが見られ、頭が高いのと併せて硬い動きでしたが、
今週の動きは以前より伸びやかさが出ていました。
回転の速さもあり、状態の良さを印象付けました。
実績では間違いなく上位ですし、距離はもう少しあった方がいいですが、
大崩れはない走りが出来ると思います。
 
 
リッカルド
ダート馬にしては動きが軽いタイプで、地方のような力の要る馬場は
合わないタイプだと思います。
中央の馬場に変わるのはプラスですし、一瞬の脚を活かせる
小回りもこの馬には合っていると思います。
今週の動きも、回転の速いスピード感ある動きで状態は良さそう。
パワーやスタミナ勝負では分が悪いので、後方で脚を溜めれれば
展開次第で一発があっても良いと思います。
 
 
ロンドンタウン
まだ成長途上の馬でこれからの馬。
上半身の使い方が下手で、窮屈なフットワークになっています。
長く良い脚が使えないのも、脚の送りで負荷がかかるからでしょう。
なので、現状では道中はしっかり脚を溜めて末脚勝負に徹した方が良いでしょう。
人気になり勝ちに行く競馬になると脆さが出る可能性があります。
調教の動きは、スピード感があるキビキビとした動きで体調は良いと思います。
 
 
ドリームキラリ
軽い動きで力強さに欠けます。
ただ軽快なフットワークでスピード感はあるので状態は良さそう。
後はパワー勝負にならなければでしょう。
スッと逃げるのが理想でしょうが、同型も何頭かいそうなだけに
展開の助けが必要な気もします。
 
 
リーゼントロック
パワータイプの走りで軽快さは全くない走りです。
調教の動きからも切れるイメージは沸きません。
ただスタミナ比べになると強さを発揮するので、
そういう展開に持ち込みたいところ。
ここ数走は、好位からの競馬をしていますが、
加速する脚がないこの馬には逆効果に感じます。
やはり逃げて後続に脚を使わせる競馬が理想だと思いますね。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

関屋記念 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
マルターズアポジー A
マイネルハニー B+
メートルダール B+
ロードクエスト B+
ダノンリバティ B+
ダノンプラチナ B
 
 
 

追い切り 短評

 
マルターズアポジー
七夕賞を叩いて動きが一変してきました。
その前走は重たさが残る動きで厳しい競馬になるだろうと思いましたが、
やはり早々と脚を失くす結果になってしまいました。
今回の追い切りの動きは、この馬本来の軽快なスピード感で
四肢がしっかり伸びたバネ感たっぷりの動きで、前走とは雲泥の差でした。
少し発汗の後が見られましたが、元々うるさい気性なのでこの時期は問題ないです。
後はマイル戦で逃げれるかでしょうが、中距離戦でもマイル通過タイムは
1分33秒台で走れる馬なので寧ろ向くのではないかと見ています。
人気を落とせば配当的にも面白い存在になるでしょう。
 
 
マイネルハニー
ここ2走の状態の良さを更に上げてきた印象を持ちました。
全身を使ったフットワークで伸びやかさと躍動感がありました。
今の状態なら先行してバテない競馬が出来ると思いますし安定感も感じます。
マイル戦のスピード比べは微妙な面はありますが、マルターズアポジーの
作る流れに上手く乗れれば流れ込みは有って良いでしょう。
 
 
メートルダール
瞬発力タイプの馬で良い脚が一瞬しか続かないので、なかなか勝てない馬。
調教の動きは躍動感がありバネを感じるので、後は乗り方次第の面が強いです。
距離的には、一瞬の脚を活かしたいのでマイルあたりが合っている印象はあります。
今回は一瞬の脚を活かすのに長けたデムーロ騎手が鞍上なので、
待望の重賞制覇が期待できるのではないかと思います。
できればペースは速くなって欲しいタイプでしょう。
 
 
ロードクエスト
今回の動きは、良い頃のバネ感が出てきて上昇気配を感じました。
ここ数走は動きの軽さが目立ち、力強さや躍動感に欠けていたので
今回はこの馬の力を発揮してもおかしくはないと思います。
調教での最後の手前の替え方を見ても、左回りの方が適性が高いと感じます。
新潟2歳Sで見せた瞬間移動のような末脚が見られるかもしれません。
 
 
ダノンリバティ
中京記念を使われ動きが安定して来ました。
坂路をまっすぐ駆け上がり重心が安定していましたし、
フットワークに力強さが増した印象を受けました。
ただ、この馬は加速力に欠け、ワンペースで走る馬なので、
中京記念のような流れ込むような競馬が精一杯だと感じることもあります。
馬券内に走るには展開の助けや、乗り方の工夫が必要なのは確かです。
 
 
ダノンプラチナ
体質が弱くなかなか使い込めないですが、能力はかなり高い馬です。
ディープ産駒らしく四肢の送りにバネがあります。
加速力と持続力に優れた馬で、マイラーとしてはエンジンのかかりが遅いですが、
スピードに乗ってからの爆発力はかなりのものです。
新潟コースもこの馬の末脚を活かすには絶好の舞台だと思います。
調教の動きは若干重たさがあるので、万全とはいきませんが能力上位で軽視は禁物でしょう。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
関屋記念
 
 
エルムS
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj