どうも、タカピです。
 
今週は夏競馬で最も重要なレースと言っても良い
札幌記念が行われます。
G1を狙う馬が出走しますので、秋に向けてレース振りはチェックしておきたいですね。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
札幌記念
夏競馬のメインイベントと言ってよいG2レースですね。
今年は大物と言った存在はいませんが、
秋には念願のG1制覇を狙っている馬が何頭かおり
実力馬が出走してきたと思います。
秋に向けての試走の馬もいれば、ここも取りに来た馬もいそうですし、
各馬の状態把握はきっちりしておきたいところです。
 
 
北九州記念
主役に欠けるメンバー構成で大混戦が予想されます。
人気も相当割れるでしょうね。
スプリント路線は低レベルの状況が続いていますし、
展開や適性、状態次第で着順が入れ替わる印象です。
当然馬券は難しくなるでしょう。
状態の良し悪しはきっちり把握しておいた方が良いでしょう。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
サクラアンプルール A
サウンズオブアース B+
マイネルミラノ B+
マウントロブソン B+
エアスピネル B+
ヤマカツエース B+
 
 
 
 

追い切り 短評

 
 
サクラアンプルール
休み明けを叩かれて素軽さが一変しています。
回転の速さが出て、スピード感が増したフットワークになりました。
追われてからの迫力も出て状態は前走時とは雲泥の差です。
その前走は、大外枠が響き良いポジションが取れなかったですし、
内を通った馬が残る馬場状態と展開で力を発揮出来なかった印象です。
状態は確実に上がっていますし、この秋は重賞を取れる馬だと思っているので、
極端な外枠にならなければ面白い競馬が出来そうな雰囲気を感じます。
 
 
サウンズオブアース
調教は動く馬なので、過大評価は避けたいところですが、
それでも今週の動きは見栄えしましたね。
引っ張り切りのままでしたが、馬が走る気満々で抑えるのに苦労するほどでした。
瞬発型の馬らしく終いのキレもありましたし、状態はかなり良いと思います。
後は一瞬の脚をどう使うかでしょう。
横山典騎手の手腕に期待したいところです。
まだ2勝馬なので、そろそろ勝ち星が欲しいところでしょう。
 
 
マイネルミラノ
近走と変わらず動きが力強く力感のあるフットワーク。
馬の状態自体はずっと良い状態だと思います。
ただ、函館記念の時も書いたように馬体が絞れて来ないのがネックになっています。
バテるのが早いのも重めが影響していると思っています。
最低でも480キロ台には絞ってこないと今回も厳しいと思います。
逆に、きっちり絞れて出走してきたら押し切りまであると思います。
 
 
マウントロブソン
札幌Dコースでの追い切り。
クラシックに出走していた3歳時と比べフォームに柔らかさが出て
柔軟性が増した走りになっている。
成長を感じる動きで、ディープ産駒らしいバネ感も出てきました。
タイプ的に一瞬の脚よりも持続的に脚を使うタイプで追うだけ伸びる馬。
鞍上のモレイラとの相性は良いと思います。
コーナーで外を回らなければ早めに仕掛けても脚は止まらないと思います。
前走で上がりの速いレースにも対応出来ましたし、今回も大崩れはなさそう。
 
 
エアスピネル
普段は坂路調教主体ですが、滞在競馬ということで函館Wコースでの追い切り。
典型的な瞬発タイプの馬なので、コースで持続力を鍛えることは良いと思います。
馬体も筋肉が付き完成型に近づいている印象ですし、古馬らしい風格も出てきました。
動きは、この馬らしい回転の速さと追われてからの反応の速さでスピード感がありました。
一瞬の脚に長けた馬なので、小回りコースは向いていると思います。
後はその脚をどこで使うかでしょうね。
ただ長く脚を使わせることに長けたルメール騎手との相性はあまり良くなさそうと感じます。
早めに動いてしまうと最後伸びきれない展開になる事も想定しておきたい。
 
 
ヤマカツエース
動きが安定してきて本格化を感じますね。
以前は不調の時は捌きの硬さを見せていましたが、
今は硬さは見せなくなっています。
回転の速いフットワークが特徴で、瞬発タイプの馬らしいキレがあります。
ただ休み明けでもあり、目標は先にあるのでまだ余裕残しの仕上げに映りました。
もう少し体を使った動きになり伸びやかさが欲しいところですね。
秋に向けての始動戦と考えれば良い仕上げが出来たと思います。
 
 
ナリタハリケーン
ダートから芝に変更してから良さが出てきた印象がありますね。
血統的にも芝タイプですしね。
今週の追い切りも芝コースでしたが、追われてから回転の速いフットワークで
スピード感を感じる動きでした。瞬発力は結構ありそうですね。
状態も好調を保っている印象ですし、紛れる展開なら穴を開けても良さそうな雰囲気はあります。
 
 
タマモベストプレイ
前肢をいっぱいに伸ばしたフォームで伸びやかさがあります。
ただ、前走時に比べるとキレを欠いた印象はあります。
ラスト1Fが13秒後半だったところからも重たさが伺えます。
一瞬の脚には欠けるタイプの持続型なので、やはり2000mの距離は短い印象ですし、
前走のように道悪で上がりがかかるような条件が欲しいところですね。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 
 

北九州記念 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
ミッキーラブソング A
アルティマブラッド B+
ラインスピリット B+
ファインニードル B+
トウカイセンス B+
バクシンテイオー B
 
 
 

追い切り 短評

 
ミッキーラブソング
栗東坂路で理想的なラップ構成で上がれたと思います。
馬が多い中の追い切りで実践的な追い切りが出来ましたし、
追われての脚は力強く、並走馬をグイッと突き放しました。
パワー、スピード、キレとバランスの取れた状態に仕上がっている印象です。
1400mを中心に使われていますが、スピードを活かすには1200mの方が良さそう。
距離短縮が活きそうな雰囲気を感じます。
今回のメンバーなら戦ってきた相手を考えれば実力上位とも言えます。
楽しみな一戦になりそうです。
 
 
アルティマブラッド
時計のかかる栗東坂路で、前半から飛ばし51秒台。
さすがにラストは減速ラップになったとは言え、
動きはパワフルで併走馬をパワーで突き放しました。
近走の状態の良さをしっかりキープしていますね。
前走は二桁着順に負けましたが、中京の特殊な馬場が合わなかった印象です。
地盤が緩い中京コースより、スピードとバネを活かせる硬いコースも方が
持ち味を出せると思います。
前走の敗戦で人気を落とせば配当的にも魅力が出てくると思います。
巻き返し可能な状態にはあると思います。
 
 
ラインスピリット
栗東坂路での調整。大外を回りしっかり負荷をかけて来た。
短距離馬には珍しい大跳びのフォームで伸びやかさがあります。
今週の追い切りも首を上手に使った雄大なフォームで持続力を感じました。
フットワークも柔らかく、状態は更に上がっていると感じました。
前走は、不利な内枠で、外目に出すのに後手を踏んだ分の負け。
終いは伸びていましたし、もう少し外目の枠なら馬券内はあったかもしれません。
乗り慣れた森騎手に戻りますし、今回は面白い存在になると思います。
 
 
ファインニードル
前半少し抑えた入りだったとは言え、栗東坂路でラスト1秒の加速。
充実を感じますし、本格化してきた印象を受けました。
手応えにも余裕がありましたし、楽に走ってのもので更に価値を感じます。
もう少しフットワークに伸びが欲しいところですが、現状では不安材料はないです。
高齢馬が多い中、4歳馬のこの馬にはスピード面でも有利に働くでしょう。
デムーロ鞍上ですし、好結果を期待しても良さそうです。
 
 
トウカイセンス
栗東坂路は道悪で時計がかかる中、この馬は上がりを11秒台でまとめる動きを披露。
ハーツクライ産駒らしい迫力ある馬体でパワーも感じる動きです。
小倉1200mは前半のペースが速くなるコースなので、底力が問われやすい。
パワータイプのこの馬が流れ込んでも良さそうです。
上がりの速い展開には向いていないので、前半のペースは速くなって欲しいところ。
 
 
バクシンテイオー
小倉に滞在での調整で芝コースをサッと流す追い切り。
バランスの良いフットワークでしっかりした動きに見えました。
昨年の同レースの覇者ですし、小倉コースも合っていると思います。
近走の成績は奮いませんが、低レベルなメンバー構成だけに
条件が合う同馬にも一発の可能性はあると思います。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
札幌記念
 
 
北九州記念
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj