どうも、タカピです。
 
夏の高校野球も終わり、夏も終わりに近づいてきましたね。
競馬の方も、来週で夏のローカル開催が終わりますしね。
毎年思うのですが、夏競馬はあっという間に終わる印象です。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
キーンランドC
現在のスプリント戦線のレベルの低さに加えて、
北海道での滞在調整。
能力比較、状態比較の面で非常に判断し辛いところがあります。
調教の動きも良く見せる馬は少なかったです。
最終判断はパドックを見ての方が良さそうです。
 
 
新潟2歳S
今年は大物感を感じる馬はいないですね。
ただ、将来性が高そうな馬は何頭かいそうな感じです。
マイルよりもう少し長めの距離で活躍しそうな馬と、
スピードタイプで距離が短めの方が良さそうなタイプに分かれた感じです。
いかにもマイラーといった馬は少ないですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ナックビーナス B+
フミノムーン B+
メイソンジュニア B+
シュウジ B+
モンドキャンノ B
ノボバカラ B
 
 
 

追い切り 短評

 
ナックビーナス
前肢の送りが硬く、疲れが残りやすい走り方なので、
1200mの短い距離が合っている馬です。
今回は休み明けになりますが、以前より調整が進んでいるような
調教の動きに感じました。
成長と共に硬さもマシになっていますし、力強さが増して、
スプリンターとしての完成形に近づいていると感じます。
長く脚を使えるタイプではないので、小回りは歓迎です。
今年のメンバーならいきなりから勝ち負けしても不思議ではないです。
 
 
フミノムーン
馬に走る気があり、乗り手が抑えるのに苦労していたほど。
馬の状態はかなり良いと思います。
アドマイヤムーン産駒らしく軽い走りでスピードタイプなので、
小回り平坦コースは向くはず。
瞬発タイプで長く脚は使えないので、
前走のように好位で競馬が出来れば勝ち負けは可能だと思います。
 
 
メイソンジュニア
1戦毎に動きに力強さが増し、パワーアップ著しい。
いつもは坂路でスピード感のある動きを見せますが、
滞在調整なので今回はコース追い。
伸びやかなフォームで持続力もありそうなフットワークでした。
スピードとパワーの両方を持っている馬でスプリンターとしての
資質は高い馬と思っています。
ただ、前走のレース振りを見ると、揉まれ弱さがあるかもしれません。
逃げた時と逃げれなかった時の差が激しいので、
今回はその点をしっかり見ておきたいと思います。
揉まれ弱さを露呈するのであれば距離は伸ばした方が良いかもしれません。
 
 
シュウジ
スピードは抜群に目立つ馬ですが、気性的な面が大成を妨げている馬。
3歳時から言っていますが、この馬のベストは1000mだと思います。
アイビスSDに出走していれば本命で買いたい馬。
前走にしても前半32.2というとんでもないペースで逃げています。
あれではバテるのは仕方がない。
今回のポイントはいかに前半をセーブ出来るかでしょう。
33秒後半から34秒台の入りなら粘るスピードはあります。
調教の動きも、スピード感抜群で状態の不安はないです。
モレイラ騎手の手腕に期待ですね。
 
 
モンドキャンノ
休み明けとしてはなかなかの動き。
頭が高いところがあるのはいつも通りですし、
キビキビとした走りで追っての反応も上々。状態は良さそう。
3歳の春はG1を目指す関係でマイル路線を歩んで来ましたが、
この馬は基本的にはスプリンター。
折り合いに苦労しなくて良い1200mならあっさり勝ってもおかしくないです。
 
 
ノボバカラ
体をしっかり使い伸びのあるフォームで走れていました。
スピードよりもパワーを感じる馬なので、芝よりはダート向きでしょう。
ワンペースで走るタイプなので、芝での加速ラップへの対応が難しいのかも。
前走のように後方からだと決め手で劣るので、芝ならスピードを活かしての
先行粘り込みが良さそうです。
 
 
スポンサードリンク
 
 

新潟2歳S 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
フロンティア B+
キボウノダイチ B+
オーデットエール B+
ダンツケイセイ B+
プレトリア B+
ムスコローソ B
 
 
 

追い切り 短評

 
フロンティア
典型的なマイラータイプが少ないメンバー構成の中、
この馬はマイラーとしての資質を感じる馬です。
ダイワメジャー産駒らしく、スピードとパワーを兼ね備えていますし、
それが走りや馬体に現れています。
調教の動きも、迫力満点のフットワークで躍動感がありました。
初戦はスピードの違いで逃げ切り勝ち。調教のようなレースでした。
今回はペースも速くなりますが、逆にその方がパフォーマンスは上がりそう。
スッと先行して直線で押し切るような王道のレースが出来そうな点も魅力です。
 
 
キボウノダイチ
デビュー戦のレース振りからセンスのある馬だと思いました。
スッと好位につける器用さがありますし、合図があるまでじっと出来ます。
追われてからの反応の速さと瞬発力があり、良い脚を使えたデビュー戦。
距離はマイル以上が良さそうな感じはしますが、こういう安定感がある馬は魅力です。
調教でも大人びた走りをしますし、マイルでも位置取りで後手を踏まなければ、
勝ち負け出来そうな雰囲気を感じます。
 
 
オーデットエール
スケールを感じる馬で、将来性を感じます。
首をグッと下げたフォームで持続力を感じます。
スパッと切れる脚はなさそうですが、長く良い脚を使えそうな
持続力タイプでしょう。
新潟の長い直線を活かせばスケールで圧倒する可能性はあります。
デビュー戦は大外を回り余裕綽々な勝利でしたが、まだフラつく所も見せ、
若さも感じましたし、仕上がりの低さも見せました。
1回使われての上昇度は相当なものを感じますし、
マイルのスピードに対応できれば、ここでも勝ち負けしてもおかしくないでしょう。
 
 
ダンツケイセイ
頭が高く見栄えしない動きですが、追ってからの持続力は確か。
調教でもそうですが、レースでも追われてスピードに乗るのに時間が
かかる面はありますが、ジリジリ伸びてバテない脚も使います。
先行できて、バテずに追うだけ伸びますので新潟コースは合っている印象。
勝ち切る決め手は感じませんが、馬券内に流れ込む脚は十分あるなと思います。
地味ですが侮れない1頭。
 
 
プレトリア
430キロ前後で小さな馬で迫力に欠けるところはありますが、
動きはコンパクトでバネがあり、いかにも切れそうな雰囲気を感じました。
追ってから四肢をいっぱいに伸ばしたフォームで柔軟性もあります。
完成度も高そうな動きで2歳戦で活躍しそうだなと感じました。
初戦は不利な外枠から直線一気の追い込み勝ちで瞬発力を発揮しました。
距離が1F伸びてあの脚が使えるかが課題ですが、上がりも34秒前半でしたし、
末脚の確かさは大きな武器になりそう。
 
 
ムスコローソ
500キロ近い馬格があり2歳馬とは思えない迫力を感じました。
まだ頭が高く、気性的な幼さを見せる動きでしたので
これからどんどん良くなっていく予感がします。
切れるというよりパワーで押し切るタイプに見えますので、
新潟の軽い馬場での上がり勝負でどんなパフォーマンスを見せるか注目です。
直線600mをフルに活かして伸びれば勝ち負けは可能でしょう。
ただ、マイルを走るならもう少し素軽さは欲しいです。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
キーンランドC
 
 
新潟2歳S
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj