どうも、タカピです。
 
今週からG1馬も出走して来ますし、
秋競馬も本格的になってきたなという印象ですね。
 
今週は三日間開催です。
個人的には集中力が保ち辛いので三日間開催は苦手ですね。
まあ、平地重賞は2鞍のみなので、分析はしっかり出来ると思います。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
ローズS
京都内回りで行われる秋華賞と違って、
ローズSは阪神外回りコースです。
当然求められる能力は違います。
なので、秋華賞を本気で狙っている実力馬は余裕残しで出走することが多いです。
それでも能力で勝ち負けすることは出来ます。実力が出やすいコースなので。
それとは逆に本番で勝ち負けするのは厳しいと思う馬の陣営で、
このコース適性を武器に仕上げて来る馬がいることも確かです。
毎年人気薄が絡むのもそこが大きな原因でしょう。
 
 
セントライト記念
中山2200mは典型的な持続力特化コースです。
あまり加速力は問われないので、長く脚を使える馬が有利でしょう。
G1馬のアルアインは出てきましたが、
その他はそう差があるようには思えないメンバー構成ですので、
混戦模様で馬券も難しそうです。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
レーヌミノル A
ブラックスビーチ B+
ミリッサ B+
ファンディーナ B+
リスグラシュー B+
モズカッチャン B
 
 
 

追い切り 短評

 
レーヌミノル
抜群の瞬発力で切れ味抜群の動きを披露しました。
先々週は新潟記念に出走のスピリッツミノルを圧倒する動きをし、
仕上がりはかなり進んでいるように見えます。
春は筋肉の発達がまだまだでしたが、この休養でしっかり筋肉も
ついてきた感じがしますし、動きに迫力が増しています。
3頭併せの大外から直線に向いた時は5馬身以上あった差を
軽く促しただけの馬なりで一気に抜き去る動きは圧巻でした。
成長と共に距離適性は短めになっていくと思いますが、
3歳牝馬同士で1800mなら問題ないと思いますし、G1馬の力を見せたいところ。
 
 
ブラックスビーチ
ディープ産駒らしいバネ感のあるフットワークで能力高そうな走り。
追い出してから併走馬を抜き去る脚に迫力がありました。
春は緩いところが残っていて仕上げが進んでいない中でも
きっちりオークスには出走してきました。
加速力、持続力のバランスが良さそうな走りなのでコース適性も高そう。
ここを狙っての仕上げに映ります。
 
 
ミリッサ
だいぶ馬体に身が入って来て、芯の通った走りになってきました。
春は動きには一級品のものを感じていましたが、
馬体の線が細すぎて、能力を十分に発揮出来ない状態に映りました。
1戦毎に逞しくなっていますし、前走は中京マイルで1.32.7の好時計勝ち。
素質を考えてもここで勝ち負けしても不思議なく、
内容次第では本番の秋華賞も楽しめるのではないかと思っています。
 
 
ファンディーナ
やはり牝馬とは思えない迫力がある走りで次元が違う能力を感じます。
今回は休み明けでもありますし、目標は秋華賞なので余裕を残した仕上げには見えます。
それでもここでは圧勝してもおかしくないような雰囲気がある馬。
皐月賞は、デビュー後初めて経験する速い流れに戸惑いましたが、
それでも一旦先頭に立つ競馬で見せ場は充分でした。
阪神1800mは比較的流れが速くなり時計が出やすい結果になるので、
ペースがこの馬に合うかは分かりませんが、そんな事を考えるのが無駄だと
思えるくらいのスケールがあります。
レース振りを非常に楽しみにしている馬。
 
 
リスグラシュー
仕上がりは良さそうですね。
若干頭が高い走りは春と同じですが、線の細かった走りに力強さが加わっています。
追われてから併走馬に並びかける時の脚は、春以上の迫力でした。
2歳時から結果は残していた馬でしたが、馬体などには成長の余地を残していました。
夏を越して逞しくなってきたので、確実に成長していると感じました。
長く脚を使うタイプなので、阪神1800mへの適性は高いと思います。
 
 
モズカッチャン
あまり人気にはならないタイプですが、フローラS、オークスはかなり強い競馬を
しているように能力は確実に高い馬。
回転の速いフットワークで瞬発力を感じる走り方。
その辺りは父のハービンジャーより母父のキンカメが出ている感じです。
牝馬戦は持続力より瞬発力が重視される傾向があるので、この馬の決め脚は魅力です。
動きは、春の絶好調時と比べまだバランス感に欠ける動きなので、
上昇途上といった印象は受けましたが、能力、実績を考えたら無視はできない存在です。
 
 
スポンサードリンク
 
 

セントライト記念 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
アルアイン A
クリンチャー B+
サトノクロニクル B+
プラチナヴォイス B+
スティッフェリオ B
ミッキースワロー B
 
 
 

追い切り 短評

 
アルアイン
貫禄十分の動きでさすがはG1馬と言ったところ。
少し太めかなと思うくらいの逞しい馬体で迫力満点。
正直、ここのメンバーに入ると能力が一枚上に感じます。
中山2200mは持続力が問われるので、
アルアインの追うだけ伸びていく持続力とスピードは適しています。
皐月賞馬として負けられない。
 
 
クリンチャー
地味ですが、調教の動きからは能力の高さを感じる馬。
四肢を使ってしっかりとした安定したフォームで走り、
ブレが全くないです。
追われてもしっかり反応しますし、しっかり伸びます。
瞬発力不足な点は否めませんが、その分先行力があるので、
前々からしぶとい脚を使うことが出来ます。
皐月賞はあの厳しいペースで先行しての4着は能力が高くないと出来ない。
ダービーは騎手の消極的な騎乗で持ち味を活かせなかっただけ。
今回も藤岡祐騎手次第といったところはありますが、
しっかり先行するこの馬の競馬が出来れば好走出来ると思います。
 
 
サトノクロニクル
安定した走りできっちり仕上がてきた印象です。
元々軽い走りで力強さには欠けたところがありましたが、
夏を越し、だいぶしっかりした走りになって力強さが出てきました。
完歩が大きい馬なので、コーナーがきついコースは合わないと思っていた通り、
福島のラジオNIKKEI賞は人気を裏切る形になりました。
中山2200mは外回りでゆったりと走れるので、前回のような走りには
ならないと思います。後はG1を戦ってきたメンバーとの力関係でしょう。
 
 
プラチナヴォイス
相変わらず動きは素軽く切れ味抜群です。
ただこの馬は気性の悪さとの戦いで、自分の気持ち次第の面がある馬。
今週の動きも抑えきれない手応えで回ってきて、まだ折り合い面に不安を
残しているような印象を持ちました。
ただそれでも、追われての反応鋭く、並走馬を一気に突き放す脚力には
能力の高さを感じました。
今回は距離も2200mに伸びますので、どういう競馬が出来るかですね。
マイルを使った影響が出なければいいと思っています。
 
 
スティッフェリオ
ステイゴールド産駒で瞬発力には欠けますが、長く良い脚を使えそうな走り。
逞しい馬体で走るステイゴールド産駒の形をしています。
中山外回りは、持続ラップで流れることがほとんどなので、一瞬の脚は求められない。
なので、今回の舞台はこの馬に向いていると思います。
さすがに勝つまでは厳しいかもしれませんが、
馬券内で権利取りは充分狙えると思います。
 
 
ミッキースワロー
動きに活気があり、ここ目標にしっかり仕上げて来た印象です。
少し頭が高いところはありますが、後肢も深く入り四肢がしっかり伸びています。
追われてのアクションも大きくキレとスピードがありました。
京都新聞杯でサトノクロニクルやプラチナヴォイスとは差のない競馬をしていますし、
前走は小回りの福島で上がり33.7の脚を使っているように、
重賞のここでも引けをとるようには思えません。権利取りは狙える馬でしょう。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
ローズS
 
 
セントライト記念
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj