どうも、タカピです。
 
今週は、秋のG1開幕戦のスプリンターズSが行われます。
今のスプリント路線のレベルは低くく、
上位陣とその他では差が開いている印象があります。
 
その上位陣も、甘い仕上げで出走してくればあっさり負けるくらいの
能力差しかないと思います。
 
ですから、馬券をきっちり狙い撃ちするには
状態の把握が重要だと思います。
 
 
では、スプリンターズSの1週前追い切り診断をしたいと思います。
 
 
 
スポンサードリンク

 

スプリンターズS 1週前追い切り診断

 
ソルヴェイグ
絶好調と思わせる動き。
以前のようなひ弱さはなく、躍動感満点のアクションで坂路を上がる。
調教の動きからは過去最高のデキだと言ってよい。
ただ、出走順で除外濃厚です。非常に残念。
 
 
メラグラーナ
叩いて確実に良化し、上積みは相当ありそう。
ここ数走は気の悪さを見せることもあり成績も残せていなかったが、
1週前は3頭併せの最内で、引っ張り切れない手応えから抜群の反応を見せる。
終始軽めの内容でしたが、放せばビュッーと伸びていたでしょう。
期待の大器が遂に本格化が近づいたかと思わせる動きで、
今週の追い切りが楽しみになりました。
 
 
ダンスディレクター
ここに来て馬が変わってきた印象で、軽さが目立った馬が、
フットワークにバネ感が出て躍動感あるパワフルな動きになってきた。
これなら坂のあるコースも走れそうで、前走の3着も納得の内容。
馬群の揉まれると脆さを見せるかもしれないが、
上手く外に出せれば決め脚を発揮できる状態にありそう。
 
 
ラインミーティア
充実振りが目立つ1頭。
重賞で連続して2着しており、今は状態がすこぶる良い。
1週前の動きも、四肢をいっぱいに伸ばしたフォームで推進力抜群。
更なる上積みもあるかもと感じます。
スケールでは見劣る面はありますが、今のスプリント界のレベルなら
そんなに気にする必要はない。穴候補の1頭。
 
 
セイウンコウセイ
南Wコースの大外いっぱいを回りしっかり負荷をかけてきた。
回転の速いフットワークでスピード感満点。
終い13秒台だったので、まだ少し重たさがありそうですが、
この一追いで変わって来そう。
今週の追い切りには注目です。
 
 
レッドファルクス
南Wで長めからしっかり運動量をこなしてきた。
体をいっぱいに伸ばしたフォームで順調に来ているようです。
ただ、追われてからもたつく面があったので少し重たさは残っていそう。
この一追いで変わると思うし、フットワークは良いので、
今週の追い切りは素軽い動きを見せると思います。
 
 
シュウジ
併走馬の後ろを追走し、折り合い強化を狙った追い切り。
追い出してから内側を伸びてスピードを見せる。
この馬はとにかく折り合いだけで、函館SSでの暴走から
制御が効かなくなっている所を立て直せるかにかかっている。
過去の傾向より、パワフルな動きよりもスピード感のある時の方が
結果が良く、今回は後者の方なので、折り合いさえつけば
期待は出来ると思います。
 
 
ダイアナヘイロー
栗東坂路で順調に調整される。
使い詰めの割にしっかり調教をこなせているのは良い傾向。
ただ、頭の高いピッチ走法で、中山のような急坂は微妙。
下のクラスではスピードで対処できるがG1ともなれば別。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
期待の馬が遂に本領発揮か?
 
 
馬が以前とは違ってきてチャンス十分な馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj