どうも、タカピです。
 
今週は三日間開催で、月曜に行われる京都大賞典の
追い切り映像が遅くなるので、個別に診断したいと思います。
 
では、ポイントから。
 
 
京都大賞典
最近は天皇賞秋へ向けてというより、JCや有馬記念、香港国際競争を
目指す馬の出走が多い傾向ですね。
2000m以上に適性がある馬が多く、今年のメンバーもそういう馬が多いです。
中~長距離適性の馬は、仕上がりが遅い傾向があるので、
休み明けより1回叩いた馬の方が有利になるかもしれません。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
ハッピーモーメント A
トーセンバジル B+
シュヴァルグラン B+
サウンズオブアース B+
ミッキーロケット B+
フェイムゲーム B
 
 
 

追い切り 短評

 
ハッピーモーメント
新潟記念を叩かれて動きが一変している。
体全体を使ったフォームで、追い出すと首を使ってグイッと伸びました。
フットワークのバランスが良く安定感のある走りでした。
スパッと切れる脚はないですが、長く良い脚を使える持続型。
距離が伸びるのは間違いなくプラスでしょう。
鞍上も消極的な戸崎騎手から変更になるのはこの馬にはプラス。
正直、前走の新潟記念は「ん?」と思う騎乗でした。
切れ味不足の馬なので先行する競馬じゃないと持ち味は出ないです。
開幕週の馬場ですし、藤岡康騎手には積極的に乗って欲しいところ。
 
 
トーセンバジル
こちらも新潟記念時とは動きが雲泥の差です。
芯の通った力強いフォームで重苦しさが無くなりました。
走ることに集中していますし、追っての反応も向上し、
併走馬をきっちり突き放しました。
加速力もあるタイプで、脚を溜める競馬で末脚を活かせる馬。
完歩の大きな馬なので、広い京都コースも合っています。
陣営もここで賞金を加算しておきたいはずですし、
好勝負を期待していいと思います。
 
 
シュヴァルグラン
昨秋は順調さを欠いて復調に時間が掛かりましたが、
春からこの馬らしい走りが戻り調子が上がっています。
今回も休み明けの分、少し余裕を持たせた造りですが、
フットワークにブレがなく、本調子に近い動きでした。
G1も狙える馬ですし、ここでは能力が1枚上だと思います。
今回はデムーロ騎手が初騎乗なので、手探りの感はありますが、
逆に新味が出れば面白いと思います。
 
 
サウンズオブアース
調教は毎回動く馬で、今回もスピード感のある上々の動きでした。
ただ動きが軽いので、一瞬しか良い脚を使えない。
ペースが速くなると、なし崩しに脚を使い終い伸びないし、
スローペースでは、持続力不足なぶん良い脚で伸びてきても
最後で止まってしまいます。
非常に乗り難しい馬。
G1や重賞で活躍している割に未だ2勝しかしてないのもそのためです。
京都外回りの中距離戦は、スローで団子状態になる時があるので、
そこでラスト300mくらいの切れ味勝負になったら勝ちきれるかもしれません。
軸にはし辛いタイプですね。
 
 
ミッキーロケット
坂路で外を回りしっかり負荷をかけてきた。
併走馬も一気に突き放し、順調に調整されています。
ただ、1頭になってからスピードが鈍ったようにも見えたので、
気性的にソラを使う若さがあるのかもしれません。
ラスト2Fも12.1-12.8なので減速している。
能力はありそうですが、気性の成長が追いついてなく
安定性に欠ける現状でしょう。
動きはここ数走でも最も良く見えたので、警戒は必要でしょう。
 
 
フェイムゲーム
去勢の影響で、調子を崩していましたが、目黒記念を快勝して
本来の調子が戻ってきた印象を受けました。
今週も3頭併せでしっかり負荷をかけましたし、
最後まで併走馬を抜かせない粘りを見せ先着したのは好感。
休み明けの分、スパッと切れるスピード感はありませんでしたが、
順調さはしっかりアピール出来たと思います。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
京都大賞典の狙い目
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj