どうも、タカピです。
 
秋のG1シリーズが本格的に始まりましたね。
競馬が一番盛り上がるシーズンですので楽しみな時期になりました。
友人とかと話していても、競馬の話題が出る事が多くなった気がします。
 
個人的にも、今年の重賞の成績は良いのでこのままの勢いを維持し、
皆さんにも有益な情報を与えられたらと思っています。
 
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
秋華賞
今年は実力伯仲の好メンバーが揃った印象で見応えがありそう。
スケールではファンディーナですが、前走負けているだけに過信は出来ません。
ローズS、紫苑S、クイーンC、条件戦といろんな路線からの参戦が多く、
能力比較を考えるだけでも楽しみはありますね。
ただ今回は京都内回りなので、小回り適性は頭に入れておいた方がいいでしょう。
 
 
府中牝馬S
牝馬限定重賞らしく、いかにも荒れそうな雰囲気がありますね。
その原因としては、クイーンズリングやアドマイヤリードのG1馬が
微妙な動きだったことが挙げられます。
他馬にも十分チャンスがあると感じた追い切りでしたので、
穴党の人も積極的に狙いに行くのもありかなと思います。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ラビットラン A
ディアドラ A
リスグラシュー B+
ファンディーナ B+
ヴゼットジョリー B+
ポールヴァンドル B+
 
 

追い切り 短評

 
ラビットラン
これは本物かもしれません。
先週はCWコースで3頭併せを行いしっかり負荷をかけ、
今週は坂路で単走を行い順調に仕上げて来た。
動きの方も、快勝したローズSよりも数段上の動きで更に上昇気配があります。
とにかく柔軟性が抜群でフットワークの柔らかみが凄く、バネ感が半端ない。
ラスト1F追われましたが、首の上下動が大きく沈み込むフォームで抜群の見栄え。
今の充実感は凄いです。
ローズSをレース上がりより1.4秒速い上がりで快勝した脚は本物でしょう。
このままの勢いでG1制覇も十分にあると思わせる動きでした。
 
 
ディアドラ
馬体の充実度が目を見張ります。かなり逞しさを増しており、
牝馬のひ弱さは全くなくなっている。
坂路での調教でしたが、体をしっかり使ったフットワークで
前へ前へ行こうとする推進力がありました。
1戦毎にどんどん成長していく感じを受けますし、
前走後も更に強くなっているのではないかと思います。
紫苑Sで小回りの中山にも対応する差し脚を披露しただけに、
京都内回りでも問題ないでしょう。楽しみな1戦です。
 
 
リスグラシュー
ローズSを叩いて動きが上昇してきました。
少し頭が高い走法ですが、四肢を高く上げる走りで前への推進力抜群でした。
馬がしっかりして来て力強さが春とは雲泥の差です。
加速するまで少し時間がかかる馬ですが、
一旦スピードに乗ると強烈な加速力を見せます。
今回は京都内回りで、後方からの追い込みでは脚を余す可能性もあるので、
道中の位置取りがポイントになります。
中団やや後ろくらいにつけれれば間違いなく勝ち負けになるという状態にあります
 
 
ファンディーナ
毎回思いますが、牝馬とは思えないパワーと迫力がある動き。
ここ2走は結果は出ていませんが、普通の牝馬ではないのは間違いない。
特に前走は、パドックでの姿を見た瞬間に、
「これはまずい」と思った程の仕上げの緩さでした。馬体も相当太かった。
正直5~6割程度の仕上げで挑んだ1戦だったと思っています。
ここ2週の動きは、まだ少し重たさを感じる動きでしたが、
前走時に比べるとかなりマシになったと思います。
切れ味勝負より、持続力で勝負するタイプなので、
小回りコースで押し切る競馬は合っていると思います。
3歳牝馬同士なら、8割程度の仕上げで勝てるだけのポテンシャルはある馬です。
 
 
ヴゼットジョリー
完歩の大きなゆったりとしたフォームで持続力を感じる走り。
新潟2歳Sを制した時のような気持ちの余裕を感じましたので、
今は、精神的にも充実しているように感じます。
前走は古馬のOP特別で5着と好走していますので、
3歳牝馬同士なら一発は警戒しておきたい馬ですね。
 
 
ポールヴァンドル
充実していますね。状態は高いレベルで安定しています。
頭が高い走り方ですが、四肢がしっかり伸びるフォームで持続力がある。
調教の動きも、追われてから前へと進む意思が見られて走る気も感じました。
器用な先行タイプで小回りも全く苦にしません。
前走は差す競馬でしたが、本来は先行タイプ。
スッと前へ行ければ粘り込むシーンは考えれます。
 
 
アエロリット
この馬の特徴として柔軟性が挙げられます。
柔らかいフォームで一完歩を大きく取れますし、
硬さが皆無なので走るのに筋肉の力を消費しにくい面があります。
ですからクロフネ産駒ですが距離は持つのだと思います。
2000mへの距離延長も問題ないでしょう。
仕上がり面に関してですが、輸送を控えているとはいえ
2週連続軽めの調整で、しっかり負荷をかけられているのか少し疑問。
今回はG1という大一番なだけにもう少しビッシリ仕上げて欲しかった。
桜花賞やNHKマイルの時のような勝負気配を感じなかったのがどうか…
 
 
カリビアンゴールド
夏を越して馬がしっかりしてきているのが動きからも分かります。
とにかく重心が全くブレませんし、坂路を真っすぐ駆け上がります。
体質が弱い馬が多いステイゴールド産駒ですが、この馬にはそんな不安はない。
前走も要注意の1頭と書いた通り2着に好走。充実顕著ですね。
今回は輸送もあり、少し控えめな内容ながら力強さを感じる動き。
馬群を問題にしない気性ですし、小回り向きの器用さもある。
穴として注意しておきたい1頭ですね。
 
 
カワキタエンカ
回転の速いフットワークでスピード感がある動き。
ディープ産駒特有のバネ感は感じませんが、ピッチ走法でスピードがある。
そういう面で先行したら厄介な存在になりそうです。
初騎乗の北村友騎手がしっかり逃げる競馬が出来るかでしょう。
地味ですが、簡単に逃がすとアッ言わすだけの能力はあるでしょう。
 
 
ブッラクオニキス
夏を越して馬に身が入ってきました。
400キロ前後と小さい馬体でひ弱さを感じていましたが、
この秋は420キロ前後に増え成長を感じます。
動きの方も、四肢が深く入るフットワークで一完歩を大きく見せます。
紫苑Sも見せ場たっぷりの競馬でしたし、枠次第では面白い存在になるかも。
 
 
モズカッチャン
絶好調だった春に比べると物足りなさを感じる動き。
ローズSからの上積みもあまり感じません。
前走の追い切りの時から、走りにブレが見られます。
追い出してヨレる仕草を見せるようになっており状態が上がってこない。
気持ちの面なのか定かではないですが、
抜群の躍動感を感じた春に比べると物足りないのは確かです。
ローズSでも一瞬伸びかけたところでバタッと止まりました。
状態が良ければもっと伸びていたはずです。
絶好調のデムーロ騎手が鞍上ですが、厳しい戦いになりそうな気がします。
 
スポンサードリンク
 
 
 

府中牝馬S 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
ワンプレスアウェイ B+
ゲッカコウ B+
クロコスミア B+
ヴィブロス B
アスカビレン B
デンコウアンジュ B
 
 
 

追い切り 短評

 
ワンプレスアウェイ
霧ではっきりとは見えなかったですが、
ほぼ馬なりの手応えで並走馬をグイグイ突き放した動きに好感。
四肢もしっかり伸びたフットワークで持続力がありそう。
成績からも相手なりに安定して走るタイプですし、昇級も苦にしないかも。
スッと好位につけれる器用さもありチャンスは十分にあると思います。
 
 
ゲッカコウ
軽い走りで力強さには欠けますが、回転の速いフットワークで
スピード感があります。
また、以前はポリトラックでの調教でしたが、
今は南Wコースで追い切れるようになり
負荷をしっかりかけれるようになっている点も強調材料。
使える脚が一瞬なので小回りタイプですが、今の状態で東京コースで
どれだけやれるか見ておきたい面はあります。
 
 
クロコスミア
体質が強くなりましたね。3歳時のひ弱さは全くなくなりました。
重心の安定したフォームで坂路を駆け上がりましたし、
回転の速いフットワークでスピード感を十分。
今回もあっさり逃がすと危険な存在になるでしょう。
 
 
ヴィブロス
休み明けにしてはしっかり走れる状態に持って来れたと思います。
まだ少しバランス感に欠けますが、四肢はしっかり伸びてますので、
8~9割程度の状態にはあると思います。
柔軟性があり伸びやかなフットワークをする馬で、
東京のような広いコースは合うタイプです。
このメンバーでなら休み明けでも好走はしておきたいでしょう。
 
 
アスカビレン
調教の動きは安定しています。
上積みはあまり感じませんが、デキ落ちも感じません。
好調期間が長そうで、状態は高いレベルで安定しています。
追い出してビュッと伸びるような面が出てくれば楽しみですが、
現状では持続力で流れ込むタイプで決め手に欠けるところはある。
直線の長い東京で持続力を活かせば馬券内のチャンスは大いにあるでしょう。
 
 
デンコウアンジュ
絶好調だった春の動きに比べれば物足りなさはあります。
春は抜群の瞬発力に集中力もありましたが、
今週の動きは、少しフラつく面もあり仕上がり途上だと思いました。
この馬の特徴の回転の速いフットワークとスピード感は感じたので、
ギリギリ力は出せる状態にはあると思います。
ただ、距離の1800mは1F長い印象はあります。
ギリギリまで脚を溜める展開でないと最後止まる可能性はある。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
秋華賞
 
 
府中牝馬S
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj