どうも、タカピです。
 
最近、天候が悪いですね。
先週の秋華賞も道悪での勝負になりましたし、
今週も週中は微妙な天候が続いていますね。
 
G1はやはり良い馬場での戦いを見たいですから
週末は何とか晴れて欲しいと願います。
 
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
菊花賞
今年の3歳牡馬のレベルは低いと思っています。
この菊花賞も皐月賞馬アルアインは参戦して来ましたが、
ダービー馬レイデオロ、ダービー2着馬スワーヴリチャードはいません。
混戦模様ですが、人気薄に魅力ある馬も見当たらず上位拮抗のように感じます。
菊花賞の難しいところは、年によってペースが変わり展開が読みにくい点です。
上がり勝負の年もあれば、持続力勝負の年もあります。
今年も展開は読みにくいですが、ダービーが超スローペースだったことを考えると
菊花賞もペースは上がらないかもしれないですね。
スローペースなら距離適性はあまり重視する必要はないと思います。
 
 
富士S
マイルCSを狙うメンバーが揃った印象。
G1馬もおり、楽しめそうなレースになりそうです。
ただ、目標は先という馬が多く、緩めの造りの馬が多いので、
ここを目標に仕上げてきた馬の激走には注意したいです。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
サトノアーサー A
ブレスジャーニー B+
キセキ B+
ミッキースワロー B+
アルアイン B+
サトノクロニクル B
 
 
 
追い切り 短評
 
 
サトノアーサー
神戸新聞はを叩き動きが大幅に向上しています。
少し硬めの走りですが、ここ2週の動きは全身を使った迫力あるフォームで
凄み十分でしたし、並走馬を圧倒していました。
馬体にも身が入ってきて、馬がしっかりしてきたのも大きい。
追われて首をグッと下げてグイグイ伸びる姿は惚れ惚れします。
距離的には2000m前後がベストでしょうが、好位で頑張った前走を見ても
3歳馬同士なら3000mを気にする必要は無さそうです。
神戸新聞杯の時は、前半折り合いに苦労する面があったので
好位からの競馬になりましたが、あの1戦でガス抜き出来たと思うし、
今回は差し脚を活かせる位置取りになるでしょう。
奥手の馬がしっかりしてきたのを感じますし、重賞初制覇をG1で飾る雰囲気を
十分に感じますね。
 
 
ブレスジャーニー
常識的に考えたら約1年振りの出走がいきなりG1は厳しい。
ただ動きを見ると軽視出来ないくらい良さがあります。
転厩になり栗東CWコースでの追い切りになっていますが、
バネ感が凄く、追ってからの脚が速いです。
この世代でも早くから重賞を連勝し、実績的にもトップの存在だっただけに
何か大仕事をやってのけそうな雰囲気を感じます。
 
 
キセキ
今週は芝コースでの追い切りでした。
神戸新聞杯の時から馬体を絞ってきた印象を受けており、
今週の追い切りを見ても究極に仕上げてきたと感じる馬体の造りでした。
もう仕上がっているので強い負荷はいらないという意味での芝コースでしょう。
動きの方も大跳びで1完歩が大きいフットワークで持続力抜群。
長く脚を使わせることに長けたデムーロ騎手との相性も良さそうです。
後は早めに仕上がった点が当日どう出るかでしょう。
テンションなど上がらなければ勝ち負け出来るでしょう。
 
 
ミッキースワロー
輸送を控えているので、今週はサッと流す内容でしたが、
完歩を大きく取れた走りで、追って弾むような感じがありました。
一週前は、3頭併せで大外から抜群の切れ味を見せていましたので
状態はすこぶる良いと思います。
前走は、究極の加速ラップの中、中団から1頭次元の違う脚でした。
決め手ならこのメンバーでもトップクラスでしょう。
後は距離的な面と折り合いでしょう。
頭を上げたり、気性面で子供っぽさが残っている馬なので、
3000mの流れで折り合いがつくかが課題でしょう。
上手く脚を溜めれれば突き抜ける脚はあります。
 
 
アルアイン
1戦毎の成長を感じる馬で、デビュー時とは馬体の造りから
走り方まで全てが別馬と思えるほど変わっています。
この秋は馬体の厚みが増し、迫力が増してG1馬の風格を感じるほどです。
1週前は少し重いかなという動きでしたが、
今週は反応も抜群で併走馬にしっかり先着する力強い動きでした。
この馬は首を上手く使い、走るフォームのバランスが良いです。
ですから無駄な動きが無い分、距離も融通が利くのだと思います。
セントライト記念も、1000m以降1F毎にラップが速くなる加速力勝負を
最後まで伸びきって2着とスピードの持続力を見せました。
長く加速出来るのが長所で、瞬発力はないですが持続力に優れています。
菊花賞の流れは合っている印象もありますので、馬券からは外せない馬です。
 
 
サトノクロニクル
CWコースでサトノアーサーとの併せ馬でした。
相手の手応えが良すぎたので比較するのは可哀そうでしたが、
この馬も四肢をしっかり伸ばしたフォームで柔らかみがありました。
セントライト記念時よりも動きは良くなっており、
状態は上がっていると感じました。
まだタイプを掴みきれていない馬で、どういう条件が合っているかも
分かりませんが、大崩れなく走っている点からも注意は必要だと思います。
 
 
ウインガナドル
活気ある動きで状態は変わらず良好に見えます。
輸送を控えているので4Fからの追い切りにはなりましたが、
四肢をしっかり伸ばしたフォームでキビキビとした脚捌きでした。
前走も古馬相手に見せ場十分の内容でしたし、
ペースが遅くなるなら粘り込みがあって良いです。
 
 
ダンビュライト
栗東坂路でラスト2F 12.8-12.8で春と変わらず持続力を見せる。
スパッと切れる脚はないですが、バテずに伸びるところが長所。
春に比べ逞しさが増してますし、確実に成長しています。
3000mも問題なく今回も上位争いできる状態でしょう。
厳しいペースの方が粘り強さを活かせるのでペースは速くなった方が良いです。
 
スポンサードリンク
 
 
 

富士S 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
エアスピネル B+
ガリバルディ B+
クルーガー B+
サトノアレス B+
イスラボニータ B
レッドアンシェル B
 
 
 

追い切り 短評

 
エアスピネル
札幌記念を使われたので、他の実績馬に比べて素軽さがありました。
追われてからの動きも重たさはなく、スッと伸びました。
まだ迫力不足で、良い時の瞬発力はありませんでしたが
仕上がりは進んでいる印象を持ちました。
使える脚が短く一瞬の馬なので、脚の使いどころが難しい馬です。
ですので前走の乗り替わりはマイナスに働きましたね。
今回は乗り慣れた武豊騎手なので、この馬の力を発揮してくれると思います。
ここは勝って本番に向かいたいところでしょう。
 
 
ガリバルディ
前走の脚には驚かされました。
調教の動きもあまり良く見せてなかっただけに尚更でした。
追い切りは良く見せないタイプかもしれませんし、
仕上がりも早いタイプなのかもしれません。
今週の追い切りが芝コースで負荷を控えられた点からもそう思いました。
ですから狙いは休み明け数戦までかなと思いますし、
今週の動きも伸縮性に優れたフットワークで好調さを感じました。
先を見据えて緩めの造りが多いメンバーなので、
状態の良いこの馬が再度好走しても不思議はないでしょう。
 
 
クルーガー
良い時の迫力が少しずつ戻ってきています。
前走は1年振りの出走で、仕上げも緩すぎで重たさが残っていましたが、
それに比べれば今週の追い切りは、スピード感が出てきましたし
力強さも出てきました。
ここで勝ち負けするとまでは言えませんが、
この先が楽しみになる競馬は見せれるのではないかと思います。
 
 
サトノアレス
待望のマイル戦。
動きが軽く瞬発タイプなので、マイルの決め手勝負が合っています。
藤沢厩舎らしく強めに追わない追い切りですが、
追ってからのフットワークも伸びていますし、反応も上々。
今年の3歳馬のレベルは疑問ですが、距離がマイルになる点はプラスですし、
どういうレースを見せるか注目しています。
 
 
イスラボニータ
余裕を残した仕上げですね。
体をいっぱいに伸ばしたフォームで走れる態勢にはありますが、
良い時の反応や迫力には欠けました。
ただ一時の不振時期よりは数段良い動きなので、
得意の左回りのマイル戦なら大崩れはないと思います。
 
 
レッドアンシェル
まだ線の細さもありますし、馬がしっかりしていない面があります。
坂路での追い切りもフラフラする場面が目立ちました。
ただ追っての瞬発力という点では良い動きを見せていたので、
キレ味勝負になった場合は注意が必要かもしれません。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
菊花賞
 
 
富士S
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj