どうも、タカピです。
 
ここ2週、道悪での競馬が続いていますね。
かなりの極悪馬場での開催が続いてますので
今年は開催後半の馬場はかなり荒れている可能性が大きいです。
 
パワータイプが活躍するかもしれませんね。
逆に瞬発型の馬は苦戦するかもしれません。
 
一応頭の片隅に置いておいた方が良いと思います。
 
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
アルテミスS
例年クラシックの主役候補を輩出している出世レース。
来年の桜花賞、オークスを占う意味でも注目すべきレースでしょう。
今年も能力の高そうな牝馬が何頭かいますので楽しみな1戦になりそうです。
 
 
スワンS
G2にしては小粒なメンバー構成ですね。
最近は、メンバーが集まらない傾向があるように思いますね。
距離も1400mですし、スプリンターズSの後で先の目標的には
マイルCSのみ。それなら同距離の富士Sを使うといった馬が増えた気がします。
どちらかといえば短距離馬がG2の賞金を狙って出走してくるレースと
言って良いでしょう。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)




*横のアルファベットは評価印です
 
トーセンブレス B+
シスターフラッグ B+
トロワゼトワル B+
ラッキーライラック B+
ダノングレース B
ウラヌスチャーム B
 
 

追い切り 短評

トーセンブレス
ディープ産駒らしいバネ感のある走りで加速力を感じます。
追ってからの反応やスピード感も十分で、かなり能力は高そう。
デビュー戦は道中後方からのチグハグな競馬も
追い出されてからは他馬と違う脚でゴボウ抜きを決めました。
あの1戦でレースにも慣れたでしょうし、
今回はもう少しまともなレースが出来るでしょう。
そうなれば決め手は上位かと思います。
 
 
シスターフラッグ
札幌2歳Sの追い切り診断でも書きましたが、
大きなフットワークで大物感のある走りをする馬で、
クラシックには乗って来る馬です。
牡馬相手でも惜しい4着でしたし、終いはしっかり伸びていました。
一瞬の脚には欠けるので小回りの札幌では脚を余す形になりました。
今週の動きも、終い重点ながら迫力ある動きで能力を感じました。
東京の直線なら持続力を活かせますし、好勝負可能でしょう。
 
トロワゼトワル
休み明けながら、栗東坂路を52秒台で加速ラップでフィニッシュと
ビッシリ仕上げて来た印象を受けました。
ロードカナロア産駒なのでスピードタイプかと思っていましたが、
完歩が大きく雄大な走りをする馬でマイルは適性大だと思いました。
走り方からも東京コースは向いていますし、動きに素質を感じます。
ここでも勝ち負けしてきそうな感じがします。
 
 
ラッキーライラック
父のオルフェーヴル譲りの大きなフットワークで走ります。
少し頭は高いですが、まだ完成度が低そうな造りなので
これから上半身も伸びて来るでしょう。
広いコース向きの走りですし、脚力が高そうですので
いきなりの重賞挑戦ですが勝ち負けしても不思議ないです。
レース振りには注目したい。
 
ダノングレース
軽い走りでスピードタイプか?
4ハロンからの追い切りでしたが軽快な動きで仕上がりが早そう。
国枝厩舎は慎重な使い方をするタイプで、2戦目で重賞挑戦は珍しいですが、
それだけ早くから活躍出来そうな馬だということでしょう。
瞬発型かもしれないので、どちらかといえば中山向きかもしれませんが、
2歳牝馬同士なら問題ないでしょう。
ウラヌスチャーム
6Fからの追い切りでしっかり負荷をかけてきた。
終い13秒台だったのでまだ少し重たさを感じる動きで余裕残しに見えました。
大きなフットワークで持続力がありそうな走りはルーラーシップ産駒らしい。
究極の上がり勝負になったデビュー戦を見ても長く脚を使っている。
東京コースは向くでしょう。
ただデビュー戦でもスタート遅れていましたし、ダッシュが効かなかった点を
見るとゲート不安はあります。
初戦のペースではついて行けましたが、重賞のペースでは致命傷になりかねない。
 
 
スポンサードリンク
 
 

スワンS 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)




*横のアルファベットは評価印です
 
レッツゴードンキ A
サングレーザー B+
ビップライブリー B+
セイウンコウセイ B+
ミスエルテ B+
ヒルノデイバロー B
 
 

追い切り 短評

 
レッツゴードンキ
今季は調整が上手くいっているようで動きに活気があります。
前走のスプリンターズSのパドックの姿も素晴らしかった。
今週も栗東坂路で終い抜群の切れとパワーで好調維持。
気性が安定してきて能力をフルに発揮できるようになったのが大きい。
折り合いに苦労しなくなってますし、パドック周回も落ち着いています。
このメンバーなら勝ち負け必至でしょうね。
 
 
サングレーザー
体質と気性が成長して来て馬が覚醒して来た感があります。
元々素質の高さを感じていただけにようやく軌道に乗ってきた印象。
今週の追い切りは、坂路で終い重点ながら首をグッと下げた走りで
気合乗り満点で走る気を感じました。
追ってからの脚も、大きなフットワークで躍動感がありました。
昇級の形にはなりますが能力では引けは取らないと思います。
マイルCSが楽しみになるような競馬を期待したいです。
 
 
ビップライブリー
軽い走りでスピードタイプに見えますので1400mはベストでしょう。
今、調子が良い時期なのか動きに躍動感があります。
フットワークが伸び、完歩を大きく見せます。
自ら進んでいくような走りで走る気も感じます。
昇級後いきなりの重賞挑戦になりますが、好走出来そうな仕上がりです。
好位で競馬が出来るようになったのも安定感に繋がっています。
 
セイウンコウセイ
前走のスプリンターズSの時から動きは良い。
回転の速いフットワークでスピード感十分で活気がある動き。
問題は函館SSで無謀なペースに付き合ったことで
前半馬が行こうとする仕草が出てきている点でしょう。
個人的には無駄なレースを使ったなという印象ですね。
今回は、再度馬にレースを覚えさせることが必要だと思います。
G1馬ですし、まともな競馬が出来れば勝ち負けは間違いないのですが…
 
 
ミスエルテ
夏を越して少し逞しさが出てきたかなと思います。
動きの方は、2歳時から牝馬離れした動きで、バネ感の凄さを見せていましたので
そんなに変わった点は感じません。
春は体質の弱さと行きたがる気性がネックになっていましたので、
秋になってそこがどう変化しているのか注目しています。
やはり基本はスプリンターなのかなという気もしていますので、
この距離短縮はプラスに働くでしょう。
ヒルノデイバロー
追い込む競馬でなかなか勝ちきれない競馬が続いていたので、
最近は前に行く競馬を教えている感じがします。
追い切りでもテンから飛ばして時計を出す内容に変わってきている。
一瞬の速い脚がないので、前々で図太さを活かした流れ込みを狙う
競馬の方が合っていると思います。
1200mより1400mの流れの方がこの馬には合っていると思うので、
このメンバーなら前走のように馬券内に来ても不思議ではないでしょう。
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
アルテミスS
 
 
スワンS
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj