どうも、タカピです。
 
今週は3重賞なので、1番のメインであるG1の天皇賞(秋)は個別記事にて
追い切り診断をします。
 
ここ2週道悪での競馬が続いているので、
天皇賞(秋)は良馬場での対決を見たいですね。
 
個人的に、天皇賞(秋)は好きなレースです。
ジャパンカップや有馬記念の路線の中距離馬から
マイルCSや香港国際競争を目指すマイラー型が揃うレースで、
日本一決定戦のような位置づけだと思っているからです。
 
競馬予想に時間をかけるタイプではないですが、
天皇賞(秋)に関しては、週中から各馬の適性など
考え込んでしまいますね。
 
今年も、実勢馬が多数揃い見応えのあるレースが見れそうで
今からワクワクしています。
 
では、ポイントから。
 
 
天皇賞(秋)
天皇賞(秋)は東京2000mで行われることから、
マイラーから中距離まで幅広い範囲で馬が揃います。
近年では最強馬決定戦と言っても言い過ぎではないくらいです。
ペースはある程度速くなることが多く、
東京の長い直線での持続力と加速力勝負になります。
瞬発型の馬はラスト100mくらいで脚が止まることが多く、
追い出しを我慢するなど乗り方が難しいです。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
サトノアラジン A
リアルスティール A
ステファノス B+
ヤマカツエース B+
グレーターロンドン B+
ネオリアリズム B+
 
スポンサードリンク
 
 

追い切り 短評

 
サトノアラジン
完全に本格化している。
追い切りの動きも、休み明けの毎日王冠より遥かに上を行く迫力。
追い出しての加速力は凄みすらありました。
前走は少し重いかなという印象でしたが、今週は反応も鋭く、
グイグイ伸びる圧巻の動きでした。
完璧に仕上がったなという印象です。
後は距離の2000mに対応出来るかでしょう。
個人的には、モーリスに似た加速力の持ち主なので
全く問題はないと見ています。
今まで本格化前で緩さがあっただけで、本質は1600m~2000mが守備範囲。
待望の外枠も引きましたし、川田騎手が色気を出さずに末脚勝負に
徹しさえすれば勝ち負けすると思います。
 
 
リアルスティール
坂路で抜群の加速力。
前肢の送りが硬い馬で疲れが溜まりやすい馬なので
休み明け1,2戦が勝負の馬。
追い切りの動きは、毎日王冠とは比べ物にならないほどの動きでした。
素軽さがアップし、反応も鋭く、スピードに乗ってからの加速力が目立ち、
併走馬をグイグイ突き放す。
後は、テン乗りのシュミノー騎手がどう乗りこなすかでしょう。
硬さがある馬なので、位置を取りに行く競馬では脚をなくすタイプです。
折り合いをつけてしっかり脚を溜める競馬をすれば、
昨年の借りを返す可能性はあります。
M.デムーロ騎手なら手の内に入れているので
勝てたのではないかと思うのが残念。
 
 
ステファノス
前走を叩かれて大幅に気配がアップしている。
元々休み明けは仕上げない厩舎だけに、型どおりに良化している。
いつもの休み明けより仕上がりが良く見えたオールカマーは2着に好走。
その時と比べると、重たさが抜け反応が鋭くなりバネ感が出て来た。
ただ、最終追い切りが芝コースだったのが少し疑問。
あまり芝コースを使わない厩舎だけに半信半疑な面はあります。
1週前が抜群の動きだっただけに、最終追いもCWコースでして欲しかった。
 
 
ヤマカツエース
馬が逞しくなり、本格化を感じます。
昨年の前半は軽さが目立つ馬で、小回り向きの瞬発タイプだと思っていました。
しかし、後半から馬体重も増えて来て、迫力ある動きを見せるようになってきた。
それに伴い、持続力も強化されて安定感が出てきましたね。
ここ2週の動きも体をいっぱいに伸ばしたフットワークで躍動感のある動き。
札幌記念の時よりかなりの上積みを感じます。
2000mはベストの距離ですし、軽視は出来ない馬です。
 
 
グレーターロンドン
まだ体質が弱い面があり、調教では強く追えない面があります。
それでも、手探り状態の安田記念時に比べればしっかり負荷をかけられている。
前走も道悪で切れが鈍る馬場でありながら、終いの脚は目立っていましたし、
良馬場だったらもっと際どい勝負に持ち込めていたと思います。
この馬の長所は、追ってからのバネで天性のもの。
状態が最悪だった安田記念でも3着に頑張れた。能力は相当でしょう。
後は距離延長で末脚が鈍らないか。
本質的にはマイルがベストではあると思います。
 
 
ソウルスターリング
前走はいかにも牝馬といったような軽い動きでした。
元々迫力ある動きをするタイプではないですが、
それでも力強さに欠けていました。
前走に比べれば、馬体も充実し、伸びやかさも出てきました。
一叩きされた効果は大きいとは思います。
ただ、この馬は瞬発型の馬で、古馬と混ざると持続力不足は否めない。
折り合いに問題ない馬なら、究極に脚を溜めての決め手勝負が出来るが、
この馬は前半ムキになる事が多いので、位置どりが前目になりがちです。
抜け出した後にどれだけ踏ん張れるかにかかっているでしょう。
今回も厳しい戦いになりそう。
 
 
キタサンブラック
天皇賞の疲れから今までにないほど動きが小ぢんまりしていた
宝塚記念時よりはマシな動きでした。
ただ、本来はもっと雄大なフットワークで走る馬ですし、
全身を使った柔らかみのあるフォームで走る馬です。
まだ絶好調時の動きにはないという感想ですね。
本来2000mは短いですし、この秋の最大目標は昨年取り逃した有馬記念だと考えれば
少し余裕を持たせた造りなのでしょう。
能力は相当高いだけに馬券の扱いに悩む存在ですね。
個人的には軸にはしない、ただ相手では必要かもといった評価です。
 
 
ネオリアリズム
完全に軌道に乗ったと思わせる動きです。
モーリスを破った昨年の札幌記念あたりから
馬が確変した感があります。
この中間も今までなかったような迫力ある動きを連発しています。
先行力があって長く粘り強い脚を使えるタイプだけに、
展開や馬場の影響を受けにくい馬だと思います。
そうそうたるメンバーですし、人気は分散されそうですので
配当的にも面白い存在だと思います。
ただシュタルケは外国人騎手の中でも下手な部類ですので、
マイナスだと思います。
 
 
サクラアンプルール
いつも人気にはならない馬ですが、能力は高いと思っています。
札幌記念の時もA評価を付けましたが、調教も抜群でした。
結果もしっかりついてきましたし、やはり能力はあるなという感想を持ちました。
この中間も切れのある動きでデキ落ちは感じません。
どちらかというと瞬発型なので、小回りの方が向いている感はあります。
1枠を引きましたし、残り400mまでじっと我慢できれば突き抜ける脚はあります。
上がり33秒台の争いは厳しいので、道悪にでもなり34秒後半~の争いになれば
注意が必要な馬です。
 
 
ワンアンドオンリー
前走の毎日王冠から動きが活気あるものに変わっています。
春の動きも良くなってきたのは感じていましたが、
まだ走りに集中しきれていない面も感じていました。
この秋は、馬自身が走ることに集中している雰囲気がありますし、
フットワークもバランス良く躍動感が出てきています。
毎日王冠も中団でしっかり脚を溜める競馬で、上がり33.0の脚で勝ち馬とは0.4秒差。
今までにないパフォーマンスだったと思います。
エンジンの掛かりが遅い瞬発型なので、距離は2000m辺りが最適でしょう。
横山典騎手に変わって、脚を溜める競馬をするようになったのが良かったと思います。
前から言っているように、この馬は差し脚を活かす競馬が合っていると思います。
道悪になり上がりを要する展開になれば大穴の期待も十分あります。
 
 
マカヒキ
海外遠征の疲れが見えた春よりは
動きに柔軟性が戻ってきましたし、良化がうかがえます。
ただ個人的に不満点は、最終追いを芝コースで行ったことです。
すでに仕上がっている感じには見えませんし、現状維持で十分といった
近走の成績でもないのに負荷を控えた意図が分かりません。
勝負気配を感じない追い切り内容は残念で仕方なかったですね。
瞬発型のマイラーですし、この後マイルCSを狙っているとなると
意図が見えてくるのですがね。
位置を取りに行って早めに仕掛けるタイプの内博騎手との相性も
あまり良くないと思います。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
天皇賞(秋)の狙い目
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj