どうも、タカピです。
 
今週も三日間開催ですね。
しかも金曜開催という変則さ。
 
もうね、JBCとか地方交流とかに対抗して三日間開催する必要感じませんよ。
地方の売上取って何の意味があるかわかりません。
JRAの独占的な姿勢にはあまり共感出来ませんね。
 
調教も変則になりますし、厩舎的にも調整が難しくなると思います。
 
そういう売上第一主義よりも、
審議基準などもっと改革を進める方が先だと思いますけどね。
それによって競馬から離れていく人も現にいますしね。
 
愚痴ばっかり言っても仕方ないので進めて行きます。
 
今週は、4重賞+変則日程なので、
追い切り診断は簡潔になると思いますがご了承下さい。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
ファンタジーS
メンバー的には小粒感が否めませんね。
距離も1400mということで、暮れのG1や来年のクラシックを狙っている馬は
先週のアルテミスSに集まる傾向が出てきたようですね。
走りのタイプからも1200mがベストのような軽いタイプが多いので、
スピード勝負になりそうですね。
 
 
京王杯2歳S
1400mということもあり短距離馬が多い印象です。
昨年は2着馬のレーヌミノルが桜花賞を制しましたが、
近年は、好走馬のその後の活躍が少ないレースとなっています。
今年はどうなるのか?
個人的にはそこそこ楽しめそうな馬も何頭かはいると思います。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
レグルドール A
モズスーパーフレア B+
ペイシャルアス B+
ベルーガ B+
トンボイ B
アマルフィコースト B
 
 

追い切り 短評

 
レグルドール
坂路で力強い動きで躍動感が際立っていました。
九州産馬と侮っていては痛い目に合うかもしれません。
馬体もトモの筋肉が発達していて完成度が高いと感じます。
パドックでも堂々と歩くタイプで気性面も大人の雰囲気があります。
ベストは1200mでしょうが、平坦の京都なら1400mでも大丈夫でしょう。
 
 
モズスーパーフレア
スピードとパワーは2歳離れしている感があります。
坂路をグイグイ駆け上がる姿にもスピードを感じる。
ただ気性面で行きたがるところがあって、折り合い面の課題が残っている。
調教でも終いは減速ラップになるし、前走も折り合い欠いて自滅でした。
上手く折り合えればスピードで圧倒する可能性はあります。
 
 
ペイシャルアス
体全体を使って走ろうとする姿勢が見えます。
まだ前肢を上手く伸ばせないような走りですが、
それでもスピード感や躍動感はあります。
使われつつ良化している雰囲気がありますので、
今回も更に上昇していると思います。
鞍上がミルコに変更で、人気になりそうで妙味は下がったかも。
 
 
ベルーガ
芝コースの追い切りで、力強さは感じませんでしたが
フットワークにバネがあり、切れる脚を使えそうな雰囲気がありました。
480キロ台の馬体で牝馬離れした迫力がありますし、
パドックでは威圧感もありました。
デビュー戦は1200mでしたが、ゲートで出遅れながらも徐々に上がって行く
マイル戦のような競馬をして0.7秒差の圧勝。
素質はかなりのものがあるかもしれません。
 
 
トンボイ
いかにも短距離馬と言ったキビキビとしたスピード感のある走り。
頭が高く上半身が伸びないフォームなので
スピードで押し切る競馬が理想でしょう。
楽に逃がすと危険な存在になる可能性もありますね。
逆に逃げれないと脆さが出そうな感じもします。
 
 
アマルフィコースト
先を見据えた仕上げでまだ余裕残しの状態に映ります。
賞金的にも阪神JFは出れるので、そこに向けた一叩きでしょう。
ダイワメジャー産駒特有の雄大なフットワークで
スピードの持続力がありそうです。
スケールでは、今回のメンバーでは1,2を争うと思います。
G1に向けてレース振りには注目でしょう。
 
 
スポンサードリンク
 
 

京王杯2歳S 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
エントシャイデン A
タワーオブロンドン B+
アサクサゲンキ B+
カシアス B+
タイセイプライド B+
トーセンアンバー B
 
 

追い切り 短評

 
エントシャイデン
体をしっかり伸ばしたフォームで伸びやかさがあります。
追ってからも躍動感のあるフットワークでグイッと伸びました。
初戦のパドックでは甘える仕草も見せて、
まだ子供っぽいところはありますが、能力はありそう。
ゲートで遅れたのは不安材料ですが、それでも勝ったように
立ち回りが上手ですし、鞍上の思うように動ける器用さもありそう。
距離的にはマイル以上が良さそうですが、東京の直線なら問題ないでしょう。
 
 
タワーオブロンドン
パワフルなフットワークで力強さ抜群。
2歳馬とは思えない迫力ですし、古馬のような風格もあります。
一旦加速したら凄みのある脚を使えるのも、そのパワーのおかげでしょう。
逆に瞬発力には欠けるので、一瞬の脚を求められた場合は取りこぼすかも。
2,3歳戦では瞬発力が重要になる面もあるので、人気程の妙味はない。
ただ能力はかなりのものを持っているので、勝ち負けは必至でしょう。
 
 
アサクサゲンキ
レース慣れしてきたのか走りが大人びてきました。
今週の追い切りも、並走馬の手応えを確認する余裕もあり、
追ってからはピッチ走法でスピード感もじゅうぶんでした。
スピードタイプなので、1400mへの延長に対応できるかでしょう。
 
 
カシアス
レースセンスがあり、勝負根性もありそう。
今週の追い切りで、並走馬に並びかけられてから
再度グイッと伸びましたので、競り合いに強い実践型に感じました。
フットワークにも伸びがあり、柔軟性もあります。
単なる短距離馬とは思えませんでしたので、距離延長も大丈夫でしょう。
 
 
タイセイプライド
賞金はあるので、先を見据えた軽めの調整。
それでも首をグッと下げて見栄えする走りでしたし、
フットワークのバランスも良くスケールのある走りでした。
このデキでどこまで戦えるか注目ですね。
ミルコが乗るということは何か良いところがあるということでしょう。
 
 
トーセンアンバー
ディープ産駒のマイラータイプという印象。
しっかり伸びたフットワークで能力はありそう。
ただ、まだ完成度で劣るような動きです。
もう少し仕上がりが進んで上半身もしっかり使えるようになりたいところ。
使われながら良化して来そうな雰囲気がある馬ですね。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
ファンタジーS
 
 
京王杯2歳S
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj