どうも、タカピです。
 
今週は2重賞で少し余裕がありますね。
先週のように一週間で4重賞は忙しすぎだと思いました。
2~3重賞くらいがちょうどよいですね。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
東京スポーツ杯2歳S
ワグネリアンという注目馬が出走します。
デビュー戦、野路菊Sと圧倒的なパフォーマンスで連勝している馬で、
来年のクラシック候補筆頭と言っても過言ではない馬です。
その影響で頭数は少なくなりそうですが、クラシックを占う意味でも
注目すべきレースになると思います。
 
 
マイルCS
いかにもマイラーといった馬が集まった印象ですね。
熱いスピード比べが見られそうです。
今年は週末に雨が多かったので、馬場の痛みが例年に比べ進んでいると思います。
今週あたりは内外の差が激しくなってくる可能性もあるので、
馬券を買う際は馬場のチェックはしておいた方が良さそうですね。
今回のメンバーを見る限り、中距離タイプは少ないので、
単純に決め手に優れた馬が上位に来ると思います。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ワグネリアン B+
シャルルマーニュ B+
ゴールドギア B
ルーカス B
コスモイグナーツ B
ケワロス B
 
 

追い切り 短評

 
ワグネリアン
ちょっとこのメンバーに入ったらモノが違うといった印象です。
まだ仕上げてませんが、坂路をまっすぐ力強く駆け上がり完成度が高い。
回転の速いフットワークで加速力抜群ですし、無駄な動きもしない。
競争馬のセンスに優れていると感じる馬ですね。
顔も賢そうですし、全体的に雰囲気のある馬。
クラシックまでは無事に言って欲しい大器です。
ここは負けられないでしょう。
 
 
シャルルマーニュ
使われつつ良くなってきた馬のようで、
動きがダイナミックで躍動感があります。
状態は更に上昇している感じを受けました。
完歩が大きい走りで、一瞬の脚には欠けますが長く良い脚を使えそう。
東京のような広くて直線が長いコースは力を発揮しやすいと思います。
仕上げが緩い馬が多い中で状態の良さが目立つ1頭。
 
 
ゴールドギア
ロードカナロア産駒はガチガチのパワータイプではなく、
柔軟性のある馬が多い印象です。
この馬もフットワークに伸びがあり、距離の融通も効きそう。
デビュー戦はフラフラして真っすぐ走れませんでしたが、
しっかり差し切っており、一度使われた上積みは大きいかも。
1頭強い馬がいますが、他とは差はないでしょう。
 
 
ルーカス
モーリスの全弟。
フットワークなどは兄を彷彿させるところはあります。
しかし、まだ馬が緩いと思わせる動きです。
走りに芯が通ってないですし、フワフワした走りに見えます。
モーリスもそうだったように、体質がパンとするのに時間がかかるかも。
調教からは、2~3歳戦よりも古馬になってからというイメージを持ちました。
今回のメンバーなら自力で馬券内は可能だとは思います。
 
 
コスモイグナーツ
ダイナミックなフットワークで距離は長めの方が良さそう。
スッと動ける脚は無さそうなので、逃げる競馬が合っているのでしょう。
小頭数になる今回は楽に先手を取れそうなので、
粘り込む可能性は十分にあるでしょう。
 
 
ケワロス
ダイワメジャー産駒にしては柔軟性があるタイプ。
まだ前肢の出が窮屈なところがありますが、伸びやかさはあります。
軽めの調整過程からも仕上がり途上に映りますが、
この先の500万条件あたりでは注目出来る能力はありそう。
 
スポンサードリンク
 
 

マイルCS 追い切り診断

 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
レッドファルクス A
サトノアラジン A
クルーガー B+
エアスピネル B+
サングレーザー B+
ペルシアンナイト B+
 
 

追い切り 短評

 
レッドファルクス
ここ2週の動きが素晴らしい。休み明けでスプリンターズSに挑んだだけに
2戦目の上積みは大きいと思わせる動きをしています。
走るフォームに伸びやかさが増して柔らかみ十分の動き。
追い出しての反応も鋭く、切れのあるフットワークで走り抜けた。
状態は前走以上は間違いないです。
後は、マイルへの距離延長と鞍上交代がどうかでしょう。
距離延長に関しては、安田記念で際どい3着に好走している点で問題ない。
鞍上変更に関しては、M.デムーロ騎手の弟のC.デムーロなら情報は聞けるだろうし
さほど心配する必要はないでしょう。
とにかく、脚をしっかり溜めれば終いは切れる馬。
追い出しを我慢出来れば突き抜ける可能性はあります。
 
 
サトノアラジン
迫力ある動きは健在でデキ落ちは微塵も感じません。
併せ馬で、離れたところから一気に追いついた加速力は凄みを感じました。
中距離でもと期待した前走でしたが、道悪の影響もあり回って来ただけに終わりました。
大きな馬で、パワーも凄いので、行きたがると抑えが効きにくい面がある。
なので、折り合いに不安がないペースで流れるマイル以下がベストなのでしょう。
京都外回りは3角過ぎの下りから持続力を活かせるコースで、
この馬の破壊力を出すには適したコース。マイルなら勝ち負け必至でしょう。
 
 
クルーガー
前走の富士S時に活気ある動きが戻っているので今後注意が必要と書きましたが、
あっさり3着に好走し、やはり状態は戻っていると実感しました。
今週の追い切りは更に迫力が出て躍動感抜群。更に上積みはあると思います。
昨年のマイラーズCを勝った時からG1で好走出来る能力を感じていただけに
前走の好走は全くフロックではないです。
シュタルケ騎手は微妙ですが、G1でも勝ち負けになるだけの能力と状態にはあります。
 
 
エアスピネル
札幌記念から始動して3戦目。
状態は右肩上がりで、上積み必至の動きを披露しました。
調子の良い時の回転力抜群のフットワークでスピード感十分。
追われての切れ味は目を引きました。
軽い走りで瞬発タイプなので、マイルはベスト。
好位で折り合えれば突き抜ける状態にはあると思います。
ただ、一瞬しか脚を使えない馬で乗り難しいタイプ。
ムーア騎手といえどテン乗りは難しいと思います。
追わせる騎手より、武豊騎手のような捌き型の方が良かったと思います。
 
 
サングレーザー
気性が安定して完全に軌道に乗った印象。
3歳時はハミ受けが悪く、終始行きたがっている印象でしたが、
折り合いに成長が見られてからは破竹の勢いで連勝中。
調教の動きもバネ感が凄く、軽めですが飛んでいるかのような走りで
1完歩の距離が長く取れます。
1F延長で折り合いは課題ですが、行きたい馬が多いメンバーで
道中のペースも速くなりそうなだけに大丈夫でしょう。
今のマイル戦線のレベルなら勢いで突破できそうな雰囲気はあります。
 
 
ペルシアンナイト
3歳時からですが非常に柔らかいフットワークで見栄えのする動きをします。
追い出してからダイナミックなフォームで伸びましたし状態は良さそう。
皐月賞2着もあり、本質的には距離は中距離がベストでしょうが、
頭を上げたり若干行きたがる癖が見られるので現状はマイルが良いのでしょう。
前走は道悪となり、フットワークが大きいこの馬には不利でした。
良馬場なら素質で引けを取ることはないはず。
M.デムーロ騎手が選んだだけに人気にはなりそうですが無視は出来ない馬でしょう。
 
 
ダノンメジャー
走るフォームに柔らかみが出て伸びやかなフットワークでした。
気性も安定して来てレース振りに心境も見られます。
マルターズアポジー、ウインガニオンを行かせた3番手で折り合いを
つけれたら粘り込んで穴を演出する可能性はあります。
 
イスラボニータ
重たさが残っていた毎日王冠に比べれば素軽さが出て上昇ムード。
追い出しての反応も鋭くなってきた。
ただ、絶好調時に比べると馬の迫力感には欠けました。
万全まではもう少し必要かもしれません。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
マイルCS
 
 
東京スポーツ杯2歳S
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj