どうも、タカピです。
 
今年もジャパンカップがやってきましたね。
近年は大物外国馬の参戦がなく、少し盛り上がりに欠けるレースに
なってきている印象もあります。
 
日本馬にしても、かつてのように最強馬決定戦とまでメンバーは揃わなくなりましたね。
どちらかというと今は秋の天皇賞や有馬記念の方がメンバーが揃うことが多いです。
 
やはり秋の中距離G1 3連戦の真ん中でもあるし、天皇賞をピークに考えた場合
造り直すには時間がないのでしょうね。
それなら有馬記念を目指す方が賢明ですし。
 
また、今は凱旋門賞や香港など海外遠征も活発になってきましたので、
それもジャパンカップを軽視する傾向に繋がっているのかもしれません。
 
JRAもそろそろ番組の整備をする時期がきているのかもしれませんね。
外国馬がきてくれる方法を考えるか、
日本馬が揃う方法を考えるか、
結構難しい選択にはなると思いますがね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ6頭)


*横のアルファベットは評価印です
 
ソウルスターリング A
シャケトラ A
シュヴァルグラン B+
サトノクラウン B+
キタサンブラック B+
レイデオロ B+
 
 

追い切り 短評

 
ソウルスターリング
この秋3戦目で一番の状態に仕上がっていると思います。
牝馬らしい軽めの捌きですが、回転の速いフットワークで
スピード感が大幅にアップ。自ら進もうとする走る気も出て気配上昇ムードです。
この秋2戦は何か小ぢんまりとしたところがあったのですが、
今回はクラシックを戦っていた時のような活気ある雰囲気が戻っています。
後は、瞬発型なので道中に緩むラップがあって瞬発力勝負になるかでしょう。
一瞬の切れ味勝負ならこのメンバーでも勝ち負け出来る能力はあると思います。
 
 
シャケトラ
正直、秋の天皇賞は重たい動きで勝負になるデキではなかった。
枠も大外で回って来ただけのレースだったと思います。
一叩きされ思惑通りに一変の気配。
素軽さが大幅に向上し、回転の速いフットワークでスピード感と躍動感が
大幅に向上しています。
春にも無かった程の切れ味鋭い動きで、更に成長している感もあります。
春の天皇賞で折り合いを欠く競馬をしてしまって、
その後もかかる仕草を見せるようになってきているのは不安ですが、
今週の動きからは馬自身の気持ちの充実も感じましたので期待したいと思います。
 
 
シュヴァルグラン
京都大賞典を使われて確実に上向きムード。
先週のCWコースの追い切りでは、体をしっかり使った伸びやかなフォームで
好調時の動きを披露していました。
今週は坂路で力強い動きを見せ、好調だった春の天皇賞に近いデキまで
仕上がったという印象を持ちました。
加速に時間を要しますが、加速に乗れば長く脚を使える馬で東京2400mは
ベストに近い舞台だと思います。
テン乗り終えるボウマン騎手ならチャンスは十分あると思います。
 
 
サトノクラウン
万全に近い状態に仕上がってたと思います。
少し頭が高い走法ですが、重たさが完全に抜け柔軟性が出てきました。
四肢をしっかり伸ばせるようになって躍動感も上昇。
3歳時のクラシックを戦っていた時よりも馬が成長した感じを受けました。
瞬発型なので、上がりの速い持続戦になった場合取りこぼす可能性もありますが、
キタサンブラックがいるので、そういう展開にはならないかなと思います。
天皇賞のリベンジを果たせるだけの状態にはあります。
 
 
キタサンブラック
天皇賞は勝ちましたが、馬場に恵まれた面も否めません。
重たさが残る動きでしたし、春のような大きなストライドで柔軟性のある動きにも欠けていた。
今回は重たさがしっかり取れ、確実に上昇気配を感じますので上積みはあります。
ただ、春のような体全体を使った雄大なフォームにはまだ戻ってない。
後肢の送りが小ぢんまりとしており、まだ本調子ではないのかなと感じます。
能力抜群の馬なので、この状態でも勝ち負けはしてくると思いますが、
昨年のように楽に勝てる競馬にはならないと思います。
人気を背負うだけに軸馬としての妙味は感じない。今回は相手として買いたい。
 
 
レイデオロ
回転の速いフットワークで切れ味鋭い動き。
瞬発力はこのメンバーに入っても通用すると思います。
ただ、走り方からや馬体を見ても迫力に欠けるのも事実です。
3歳クラシックは瞬発力が抜けてたら勝負になりますが、
古馬との戦いは速いラップが続くことが多いので、持続力がないと厳しい。
そういう面で不安も同居しているのも事実です。
ここでどんなレースを出来るのか注目しています。
気配は今までで一番良いと言えるくらい仕上がっていると思います。
 
 
マカヒキ
前走の天皇賞から好調時の動きが戻りつつあり気配が上向いている。
今週も坂路をグイグイ駆け上がり推進力を感じる動きでしたし、
チップの舞い上がりも大きく脚力を感じました。
天皇賞秋も極悪馬場ながら後方からしっかり伸びての5着と
復活への道は開けつつあると思います。
ただ瞬発型でマイラー色が強い走りになってきているので
東京2400mは少し長いかなという印象です。
 
 
サウンズオブアース
追い切りは動く馬。
今週も回転の速いフットワークでスピード感がありました。
瞬発型で使える脚が短い馬で位置を取りに行く競馬では
終いの脚を失くすので乗り難しいタイプです。
脚を溜める競馬が得意な田辺騎手なら一瞬の脚を活かせるかもしれない。
とにかく終いの脚に賭ける競馬が出来るかにかかっている。
それが出来れば一発を期待できる能力はある馬です。
 
 
アイダホ
逞しい馬体でさすがは欧州馬だなという印象。
来日後も意欲的に時計を出しており勝負気配は高そう。
後は日本の馬場適性があるかと、速いラップが続くレースに対応できるかでしょう。
雰囲気を感じる馬で軽快は必要だと思います。
 
 
イキートス
捌きの軽さがある馬で、日本の馬場には合っている動き。
昨年の速い上がりにも対応していたし、僅差の2着争いに加わっていた。
東京2400mを経験しているのは強みですし、
日本馬も昨年と変わらないメンバーなら馬券内への激走はあって良さそう。
軽視は禁物な馬だと思います。
 
 
ヤマカツエース
寒くなって少し硬さが出てきた印象。
元々から捌きの硬さがある馬なのでそんなに気にする必要はない。
ただ一瞬の脚を活かす瞬発型なので東京2400mでは脚が持たないと思います。
狙うなら小回りの中山での有馬記念かなと思います。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
ジャパンカップ 狙い目
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj