どうも、タカピです。
 
12月ですねー。
1年はあっと言う間だと実感している今日この頃です。
 
残すG1もダート戦と2歳戦と有馬記念のみですね。
例年、この時期の重賞は難しい印象がありますが、
的中に繋がるような情報を与えられたらと思っています。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
ステイヤーズS
メンバーが低レベル過ぎますね。
条件戦と言っても良さそうなメンバー。
さすがにこれではアルバートに逆らえそうにないですね。
馬券的には手を出しつらいレースになりそう。
 
 
チャレンジC
以前は朝日チャレンジCという名称でしたが、
朝日の文字が消えてチェレンジCとなっています。
翌日のダートG1チャンピオンズCと綴りが似ているので
ごっちゃになりそうです。
時期的にもどこかに繋がるレースでもないですし、
この重賞を勝ちたい馬を狙うのがセオリーでしょう。
そういう面で仕上がり具合は重要ですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
グランアルマダ B+
アルバート B
フェイムゲーム B
プレストウィック B
 
 
 

追い切り 短評

 
グランアルマダ
坂路をまっすぐに駆け上がり状態は良さそう。
スパッと切れる脚が使える走り方ではないですが、
完歩が大きい走りで長く良い脚が使えそう。
そういう馬だけに前走のような後方の位置取りでは伸び負けるには必至。
スタミナは問題なさそうなので、好位で競馬が出来ればこのメンバーなら
馬券内は十分可能でしょう。
 
 
アルバート
まあ順調に調整されています。
このメンバーなら8割の状態でも勝ち負けでしょうし、
この後に有馬記念の出走も視野に入れている可能性もあるだけに
ピークには仕上げて来ないのは納得。
相手関係を考えても3連覇の可能性は高いでしょう。
 
 
フェイムゲーム
去勢の影響が出ていた昨年に比べれば
今年は安定していると思います。
動きの方も変わりなく順調といった感じです。
特に強調できる動きではないですが、
手応えも良く追われてからもしっかり伸びていました。
このメンバーでは実績上位ですし、勝ち負けでしょう。
 
 
プレストウィック
追われたからしっかり伸びていましたし状態が落ちた感じはない。
ただ力強さに欠けましたし、フットワークの伸びやかさは薄れてきた印象です。
まあでもアルバート以外と比べれば能力は上位の方だと思いますし、
本来の先行する競馬が出来れば流れ込むことは十分可能でしょう。
 
 
シルクドリーマー
休み明けで、調教時計が示すようにまだ重たさが残る動きです。
ただ馬自身には前に行こうとする姿勢が見えましたし、
走る気はあると感じました。
ここを叩かれた後は期待できるのではないかと思います。
 
スポンサードリンク
 
 
 

チャレンジC 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ブレスジャーニー B+
デニムアンドルビー B+
マサハヤドリーム B+
モンドインテロ B+
マイネルミラノ B+
サトノクロニクル B
 
 
 

追い切り 短評

 
 
ブレスジャーニー
まだ少しふらつくようなところはありますが、
追われてから頭をグッと下げてギアチェンジしていましたし、
伸び脚も鋭く、併走馬を一気に突き放しました。
今回は距離短縮しますし、前走の菊花賞もバテた感じではなく、
最後までジリジリ伸びていましたので叩かれた上積みは大きいかなと思います。
強力なメンバーでもないですし、どんな走りができるか注目です。
 
 
デニムアンドルビー
道中の手応えも良かったですし、追われても回転の速いフットワークで
スピード感がある動きでした。
追い切りの動きは変わらずに良く、いつ復活しても良さそうな雰囲気はあります。
ただここ数走を見ても、以前のような持続力は無くなっている印象ですね。
一瞬伸びかけてから他馬と脚色が一緒になっています。
今は牝馬特有の一瞬の脚を活かす競馬の方が良さそう。
そういう面で小回りに変わるのはいいかもしれません。
 
 
マサハヤドリーム
大きなアクションで活気のある動きでした。
休み明けを一叩きされて素軽さもアップしている印象です。
前走は11着と言っても勝ち馬とは0.6秒差なので大きく負けてはいません。
上がりが速くなる競馬は向いていないと思うので、
小回りコースで適度に上がりがかかる条件は合うでしょう。
ただ、メイショウサムソン産駒は気性が難しい馬が多く、
折り合いがつきにくい馬が多いので距離は短い方が良い印象はありますね。
この馬に関しても2000m以下の方が良さそうなイメージはあります。
 
 
モンドインテロ
捌きの軽さがあり伸び脚も良かった。
びっしりと追われ勝負気配も高いと感じました。
スパッと切れる脚がなく取りこぼしも多い馬ですが、
今回は何としても重賞を勝ちたいという意欲を感じました。
乗り慣れたルメール騎手に戻りますし、好勝負でしょう。
 
 
マイネルミラノ
徐々に動きが良くなってきました。
フットワークも伸びやかになってきて躍動感も出てきました。
前走で馬体が絞れていましたし、上向き気配だと思います。
ただ最近はテンに行けなくなってきていますので、
無理に押して行くより好位で脚を溜める競馬の方が結果が出るのかなと
思うところはありますね。
そろそろ激走に注意しておきたい存在です。
 
 
サトノクロニクル
頭が高い走法でしたが、捌きはかなり素軽くなっています。
特徴が掴み辛い馬で、好不調がわかりにくいです。
まだ馬に若さが残っているので来年になればもっと良くなって来そうな
雰囲気はあります。
菊花賞は道悪の影響もあったと思いますが、
位置取りなど中途半端な競馬になってしまいました。
本来の好位で立ち回る競馬が出来れば大崩れはないでしょう。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
チェレンジC
 
 
ステイヤーズS
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj