どうも、タカピです。
 
今週は2歳牝馬のG1阪神JFが行われます。
そのG1の追い切り診断はまだ後ほど更新します。
 
今回は、その他の今週の重賞
中日新聞杯とカペラSの追い切り診断をします。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
中日新聞杯
ローカルハンデ重賞らしいメンバー構成となりましたね。
実力差がなく激戦になりそうなレースです。
中京コースは小回り向きの瞬発力だけでは対応できないコースですし、
パワーも要する馬場です。
ディープ系の馬も他のコースに比べて苦戦傾向にある点も
馬券対策として難しくさせる要因になろうかと思いますね。
ゴール前で一気に形勢逆転となることも多く、
脚を溜めてラスト1Fで末脚を爆発させるタイプが狙い目かもです。
 
 
カペラS
地方交流重賞やOP特別といろんな路線がある
ダート短距離レースだけに能力比較が難しい面があります。
今回のメンバーも各レースで成績をあげて来た馬に加え、
準OPを勝ち上がってきた馬も多く、難しいレースだと思います。
ダート馬は調教評価が難しいこともありますし、
馬券は頭を悩ましそうです。
中山ダート1200mはペースが速くなりますが、
先行、追い込み脚質関係なく好走馬が出ますので展開比較も難しいです。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
マキシマムドパリ A
スズカデヴィアス B+
ショウナンバッハ B+
ロードヴァンドール B+
フェルメッツァ B+
マウントロブソン B
 
 
 

追い切り 短評

 
マキシマムドパリ
重心のブレも一切なく、回転力に優れた素晴らしい動き。
前肢の出の硬さもあるにはあるが普段よりマシな方。
坂路をまっすぐ走る姿はピークを思わせる動きです。
前走G1で4着に粘ったのも納得の動きを披露していました。
一瞬の脚に欠けるので、上がりが適度にかかる中京コース適性は抜群。
今回はかなりチャンスがあると思います。
 
 
スズカデヴィアス
回転の速いフットワークで、更にスピード感が出ている。
上積みも感じますし、前走以上の状態にありそう。
キンカメ産駒で、典型的な瞬発型なので使える脚は一瞬です。
乗り方が難しいタイプであるのは否定しがたい。
藤岡康騎手がしっかり脚を溜める騎乗が出来れば突き抜ける脚はあります。
 
 
ショウナンバッハ
良い頃の動きが戻ってきました。
前走あたりから復調気配を感じていましたが、
今回は更に前進といった追い切りの動きでした。
アクションが大きくなり躍動感が出てきましたし、
フットワークも伸びやかになっています。
自ら進んでいこうとする走る気も出てます。
そろそろ馬券内に好走しても不思議なく、
注意しておいた方が良いでしょう。
 
 
ロードヴァンドール
パワフルな動きで坂路を駆け上がる。
状態はずっと良いと思え、メンバーの格が下がる今回はチャンスか?
パワーを要する中京コースも合っている印象ですし、
ダイワメジャー産駒も活躍しているイメージがあります。
今回は横山典騎手に乗り替わりになる点が
テン乗りという意味で不安ではありますが、
先手を取れれば押し切れる力量と状態にはあると思います。
 
 
フェルメッツァ
素軽い動きで状態は変わらず良好に映ります。
捌きが軽い走り方なので、瞬発タイプで小回り向き。
使える脚も短いタイプでしょう。
なので、前走のように位置を取りに行く競馬では
終い脚を失くすことになりがちです。
中団あたりで脚を溜める競馬が出来ればチャンスはありそう。
 
 
マウントロブソン
長めからしっかり追い切り運動量はこなしている。
少し間隔があいたこともあるがスッと伸びないところがある。
元々からそんなタイプの馬なので、そんなに気にしなくても良いが、
重賞を狙うのであればもう少し切れ味が欲しいところもある。
今回も持続力で勝負する形なので、大崩れはないと思いますが、
勝ち切るかと言われれば、ゴール前で何かに差されそうな予感もしますね。
 
スポンサードリンク
 
 

カペラS 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
グレイスフルリープ B+
ノボバカラ B+
サイタスリーレッド B+
ニットウスバル B+
スノードラゴン B
ディオスコリダー B
 
 
 

追い切り 短評

 
グレイスフルリープ
休み明けになりますが、しなやかな動きで重苦しさがない。
前肢の送りに少し硬さがありますが、ダート馬なので許容範囲。
フットワークも大きくしっかり伸びていますし、
いきなりから勝ち負けしても不思議ないくらいの状態でしょう。
 
 
ノボバカラ
南Wコースでさっと流す追い切りでした。
休みなく使われているので強い調教は必要ない。
動きの方も硬さもなく、しっかり伸びたフットワークで柔軟性も感じました。
揉まれ弱い面があり、ごちゃつく位置取りだと走る気を無くす面があるので、
逃げるか、揉まれない位置で先行出来ればスピードは一枚上だと思います。
 
 
サイタスリーレッド
回転の速いフットワークでスピード感があります。
きびきびした動きでいかにもスピードがありそうな馬。
先手を取って勝ち進んんで来たのも納得です。
前走のように先手を取れないと力を発揮出来ないので、
何とか逃げ争いには加わりたいところでしょう。
自分の形で競馬が出来れば、ここでも勝ち負け出来る状態と能力はある。
 
 
ニットウスバル
回転の速い軽快なフットワークでデキの良さがうかがえます。
1200mなら上がり35秒前後を確実に使ってくる馬。
ペースが速くなる中山1200mなら突き抜ける脚は十分あります。
今回はテン乗りの吉田豊騎手ですが、癖の強い馬でもなさそうなので
心配はいらないと思います。
今回も切れ味鋭い末脚を発揮してくるでしょう。
 
 
スノードラゴン
相変わらずフットワークがパワフルで力強さがあります。
ただ動きは毎回変わったところはなく、現状維持の状態でしょう。
ワンペース気味に走るようなところがあり、
勝ち負けするにはスパッと伸びきる脚が欲しい面があります。
年齢的にも衰えは感じますし、もうワンパンチ欲しいのも確かです。
 
 
ディオスコリダー
ダート馬らしいパワー感はないですが、フットワークは大きい。
頭が高い走法で追い比べで見劣りそうなところはあります。
追い切りの動きは、キビキビとしっかり伸びたフットワークで
状態はなかなか良さそう。
ただ、追われてふらつくようなところもあり、まだ完成は先の気がします。
今の状態でどこまでやれるか注目ですし、
結果次第では来年のダート短距離界で活躍できそうな馬です。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
中日新聞杯
 
 
カペラS
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj