どうも、タカピです。
 
来週は有馬記念ですね。
サトノダイヤモンドが勝ったのはつい先日のように思えますし、
改めて1年はあっという間だなと思います。
 
個人的には来年は、次のステージに向かいたいと思っているので、
今年の残りわずかな期間も良い追い切り情報を与えられたらなと思います。
 
では、今週の重賞のポイントから
 
 
朝日杯FS
ホープフルSがG1になったので、メンバーの質を心配しましたが、
今年は良いメンバーが揃った印象ですね。
マイル路線、クラシック路線を歩む馬が集結した印象です。
阪神マイルは能力がきっちり反映されるコースなので、
クラシックを狙う馬も距離の不利にはならないと思います。
先週のオルフェーヴル産駒に続き、
新種牡馬のロードカナロア産駒が結果を出せるか注目ですね。
2~3歳戦は瞬発力重視なので、切れ味のある馬が有利だとは思います。
 
 
ターコイズS
中山ハンデ重賞、牝馬限定戦と荒れる要素たっぷりのレース。
昨年は人気馬での決着でしたが、
一昨年は二桁人気の馬が1~3着を独占する大波乱でした。
今年の重賞の傾向を見ても、中山開催と牝馬限定戦は
人気馬の激走が見られるので、ここも一筋縄ではいかないでしょう。
牝馬限定重賞なので、一瞬の脚に長けた瞬発型が狙い目ですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ダノンプレミアム A
ダブルシャープ B+
ダノンスマッシュ B+
ステルヴィオ B+
タワーオブロンドン B+
フロンティア B+
 
 
 

追い切り 短評

 
ダノンプレミアム
1頭抜けた動きでスケール感が半端ない。
今週は軽めの調整でしたが、先週はしっかり追われ、
馬なりで並走馬を大きく置き去りにする圧巻の動きを披露しました。
とにかくフットワーク雄大且つしなやかで完歩が大きい。
追われてからのギアチェンジも速く、回転力が上がり一気に加速します。
大物感十分の走りで、この先のクラシック路線でも大いに期待している1頭。
マイルの距離は少し忙しいかなと思っていた前走でしたが、
スッと2番手につけてあっさり押し切りました。能力が向けている印象でしたね。
今回は他馬ももっとマークすると思いますし、楽な競馬は出来ないと思いますが、
それでもこの馬を任すのは至難の業ではないかと思いますね。
無事にダービーまで行って欲しいと思う馬です。
 
 
ダブルシャープ
中央転厩初戦だが動きは目立っています。
追われて体をグッと沈ませるフォームで坂路をグイグイ駆け上がる。
フォームも雄大ですし、回転力もありスピード感もあります。
非常に活気のある動きをしており注意が必要な1頭でしょう。
中央でもクローバー賞、札幌2歳Sと好走していますしチャンスは十分ある。
前走のサウジアラビアRCは前半折り合いを欠いたのが敗因。
あれでは終いは伸びないで当然。それでもジリジリ伸びていたので
能力はあるなという印象でした。
今回も折り合いが鍵。その課題をこなせればアッと言わす可能性はあります。
 
 
ダノンスマッシュ
反応が素晴らしく、離れた並走馬を軽く促しただけで
あっさりと追いつきました。かなりの瞬発力を持っていそう。
動きの方もしなやかで伸びやかなフットワーク。
力強さはないですが、いかにもマイル前後で切れる脚を使えそうな印象。
先行力もあるので、好枠が引ければあっさり突き抜けても不思議ない。
能力は間違いなく高いと思いすし、楽しみな1頭です。
 
 
ステルヴィオ
馬体もコンパクトにまとまって如何にもマイラーと言った馬。
追い切りの動きも2週連続でキレキレでしたし、能力はかなり高い。
反応が抜群に速いですし、四肢をいっぱいに伸ばしたフットワークも素晴らしい。
ロードカナロア産駒は柔軟性がある馬が多い印象で、
マイル前後で活躍する馬が多く出そうだと感じます。
前走は後方から凄い脚を使っての2着。勝ち馬とは位置取りの差と枠順の差があった。
レース上がりより1秒以上、勝ち馬より0.9秒以上速い脚を使っており
能力は示したレースだったと思います。
今回は前を射程圏に入れてのレースをするでしょうし、
この馬の瞬発力を活かせられれば勝ち負けは十分可能でしょう。
 
 
タワーオブロンドン
雄大なフォームでパワフルな動きですし、
フットワークも伸びやかで柔軟性もある馬。
2歳馬にしては完成度が高いと感じます。
ここ2週の動きも躍動感と柔らかみがあり、
状態は高いレベルで安定しています。
距離もマイルは問題ないでしょうし、阪神マイルの直線も
この馬の加速力を発揮するには好都合のコース。
大崩れはないでしょうし、勝ち切る可能性も大いにあります。
 
 
フロンティア
一叩きされ動きに素軽さが出てきて上昇気配。
まだ新潟2歳S時のような柔軟性は見られませんが、
パワフルで雄大なフットワークは見栄えします。
スピードの持続力に長けた感じですし、先行抜け出し型でしょう。
レース振りに安定感はありますが、一瞬の決め手に欠けるだけに
何かに差される可能性はあります。
 
 
アサクサゲンキ
2週続けてビッシリ追われ負荷をかけられている。
2歳馬でこれだけやれるのは体質が強く状態が良いからでしょう。
ただ調教でラスト1Fが減速ラップになる点からもスピードタイプで、
距離も短い方が良さそうな感じはします。
阪神マイルは長いと思います。
 
 
カシアス
大きなフォームで躍動感がある走りは健在。
前走時に比べて少し小ぢんまりした感があったのと、
ふらつく面が見られたので上積みは乏しいかも。
距離もマイル以下が良さそうに感じますし
阪神マイルで勝ち負けするにはもうワンパンチ欲しい。
 
 
ファストアプローチ
頭が高い走りですが力強い捌きで脚力は高い。
ただ気性面が子供過ぎで回りを気にしながら走っている。
追い切りでもブリンカーをつけているくらい。
レースで集中して走れれば上位が期待できるが、
気性の成長が欲しい現状でG1は厳しい印象。
 
 
スポンサードリンク
 
 

ターコイズS 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ラビットラン A
エテルナミノル B+
ワンブレスアウェイ B+
ペイシャフェリス B+
バンゴール B+
サザナミ B
 
 
 

追い切り 短評

 
ラビットラン
素晴らしい動きですね。
使われつつなので強い調教は必要ないので終い重点でしたが、
フットワークのバネ感が凄く、飛んでいるかのような滞空時間。
脚を溜めれば相当な加速力を発揮する馬だと思います。
秋華賞は勝ちを意識して強気な競馬をしたのが裏目に出た格好。
この馬本来の終いに賭ける競馬をしたら結果は違ったかもしれません。
マイルの距離はピッタリの印象ですし、
このメンバーなら突き抜ける可能性は高いでしょう。
 
 
エテルナミノル
現在体調が凄く良さそうに映ります。
体をしっかり使ったフォームで走れていますし、
大きなアクションで躍動感もあります。
反応も良く、軽く仕掛けただけでスッと伸びていました。
前走はG1のエリザベス女王杯で距離も長かった印象ですが、
直線は一瞬オッと思わせる脚でしたし、見せ場はあったと思います。
あの走りなら、距離短縮ですしこのメンバーなら勝ち負けを期待できそう。
 
 
ワンブレスアウェイ
四肢をしっかり伸ばいたフォームで軽やか且つしなやかな動き。
調教の動きは前走と変わらず良いです。
前走は馬体増で位置取りも後ろ目になり、且つスローペースで
この馬の持ち味が出せなかった。
少しでも絞れれば機動力が増すでしょうし、
先行して押し切る競馬が出来ればこのメンバーでは上位の力はある馬。
 
 
ペイシャフェリス
南Wで大外を回り豪快な動き。
休み明けですが、迫力感のあるフットワークで体調は良さそう。
先行力を活かせればいきなりからでも走れそうな雰囲気を感じました。
人気はないでしょうが、穴として狙ってみたい1頭。
 
 
バンゴール
キンカメ産駒でフットワークは伸びないが、回転力のある脚捌きで
スピード感があります。
走り方からは一瞬の脚を活かす瞬発型に見えますので、
小回りの中山は合っていそう。
スローになれば突き抜ける脚はあるかもしれない。
 
 
サザナミ
今調子が良さそうに映ります。
大きなフォームで伸びやかなフットワークで走れている。
前走のゴール前の脚は目立ちましたし、距離はマイルでも問題なさそう。
ハンデも54キロで主力扱いされている印象ですし、好走可能でしょう。
 
 
リエノテソーロ
ダートでも活躍している馬だけ合ってパワフルな動き。
ただ、NHKマイル時のような体をしっかり伸ばした躍動感はまだない。
 
ミスパンテール
バネ感があり躍動感のあるフットワークで能力はある馬。
問題は若すぎる気性で、追い切り時も口向きの修正に一苦労の様子。
大敗が続いているのも気性面の問題が大きいからでしょう。
 
フロンテアクイーン
好調時のスピード感が見られない点がどうか?
前肢の出も窮屈に映るし、冬場は硬さがでるのかもしれないです。
成績は出ているのでそこまで不安視しなくて良いかもしれませんが。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目
 
朝日杯FS
 
 
ターコイズS
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj