どうも、タカピです。
 
ホープフルSはありますが、実質、今週が2017年の中央競馬最終週ですね。
サトノダイヤモンドが勝った昨年の有馬記念から
もう1年が経過したことになります。
今年の有馬記念はどんな結果になるのか今から楽しみです。
 
その前に、土曜日に行われる重賞、阪神Cの追い切り診断をしたいと思います。
 
では、ポイントから
 
 
<阪神C>
G2ですが、実質G1とも言って良いくらいのレースです。
1400mが得意な馬は意外と多いので、
ここが目標という馬も多数いると思います。
今年は番組改革で、2歳混合G1が2つになりましたが、
個人的には、阪神CをG1に格上げすべきではないかと思っています。
 
阪神内回りですので、スピードと瞬発力に長けた馬を狙いたいところ。
持続力に長けた中距離寄りのマイラーは苦戦傾向にあるかなという印象です。
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
イスラボニータ A
サングレーザー A
モズアスコット B+
レーヌミノル B+
アポロノシンザン B+
サンライズメジャー B+
 
 
 

追い切り 短評

 
イスラボニータ
引退レースに悔いのない仕上げで挑んできました。
この秋の2戦はいつもの豪快さと柔軟性がもう一つといった印象でしたが、
今週の動きは、四肢をいっぱいに伸ばした躍動感のあるフォームで見栄えしました。
優れた瞬発力を発揮するには絶好の舞台ですし、
昨年のリベンジと引退に花を添える可能性が高まったと感じた追い切りでした。
 
 
サングレーザー
充実一途で完全に軌道に乗ったと思います。
坂路で軽めの追い切りでしたが、首をグッと下げて気合乗り&集中力抜群。
また、追い出しての反応も速く、バネ感のあるフットワーク。
気性面での成長が著しく折り合いもつくようになっていますし、
1400mの距離もベスト。マイルCSの3着より上の着順を期待したい。
 
 
モズアスコット
まだ3歳馬ですし、子供っぽさが残っている状況ですが、
荒削りながら豪快な動きが目を引く存在。
頭が高いところがあり、体の使い方に成長の余地を残しますが、
追われてからの豪快なフットワークには底知れぬスピード能力を感じます。
父フランケルを彷彿させる豪快なアクションで、
来年は短距離界を席巻する可能性が大です。
揉まれるとどうか分からない面があるので、内枠は避けたいところ。
 
 
レーヌミノル
完全に短距離馬の走りになってきましたね。
クラシックを走っていた時は、柔らかみのあるフォームでしたが、
今はスピードを前面にだした動きになっています。
反応の速さは相変わらずで、並走馬を一気に突き放す豪快さは健在。
見せ場十分だったマイルCSからの1F短縮は歓迎ですし、
ここでも好勝負可能だと思います。
 
 
アポロノシンザン
豪快な動きで能力の高さを印象づけました。
南Wコースの大外を回り、並走馬を馬なりで交わす迫力ある動きでしたし、
交わした後に追い出して並走馬完全に置き去りにする豪快さ。
逃げて結果を出している馬ですが、単調な逃げ馬ではなく、
追ってからもう1段ギアを上げれる馬だと感じました。
今回もスピードを活かして逃げることになるでしょうが、
楽に行かせると、直線でもうひと伸びは必至ですので注意が必要な存在だと思います。
 
 
サンライズメジャー
好調時の荒っぽい動きをしていますし、
今季は調子が良さそうに感じます。
今週も終い重点のいつもの追い切りでしたが、
追い出して乗り手を困らせるような仕草を見せつつ、
豪快な伸び脚を披露しました。
ここ2走東京コースで目だった末脚を使っていますが、
本来は瞬発タイプなので、小回りの阪神に変わって爆発力が増す可能性はあります。
穴として狙い目かもしれません。
 
スポンサードリンク
 
 
ダンスディレクター
回転の速いフットワークでスピード感はありました。
ただ、今回は少し間隔があいた影響か、フラフラする場面がありました。
乗り手が修正するのに必死だったくらいで、まだ完調までは一息かも。
立て直されての残り100mの切れは見所あったので、
レース前までに微調整出来ればきっちり仕上がる可能性はありますが、
本追い切りのみ評価では微妙ですね。
 
 
キャンベルジュニア
堀厩舎にしては珍しくPコースでの追い切り。
併せたサトノクラウンに合わせた調教に見えましたので、
この馬自身の勝負気配は薄いのかなと感じます。
動きはアクションも大きく力強さはあったので、ここを叩いた次が勝負か?
 
 
ビップライブリー
短距離馬にしては柔らかみがある馬。
前々走のスワンS時が躍動感があり一番良かった。
2着に好走した前走の京阪杯時は、動きが少し小ぢんまりして来た印象でした。
今回も同じような動きだしピークとは言えない。
京阪杯は、そんな動きでも好走出来たレベルだったと思います。
このメンバーでは決め手不足かもしれない。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
阪神C狙い目
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj