どうも、タカピです。
 
今週は、3重賞行われますが、
先週の三日間開催の影響で追い切りが変則になっています。
非常に評価が難しい週になったなという印象です。
 
また、3重賞共にメンバーの質が低く、
重賞と呼んでよいのかも疑問に思いますね。
 
特にG2の日経新春杯はOP特別か?と思ってしまうメンバーですし、
京成杯においても、将来OPで活躍する馬がいるのか?と思うくらいの
メンバー構成になっています。
 
今週に関しては、追い切りも重要ですが、
能力もしっかり考慮しないとダメでしょうね。
能力だけで何とかする馬もいると思います。
 
 
では、今週の重賞のポイントです。
 
<愛知杯>
メンバー的には、例年と変わらないような感じです。
ローカル開催の牝馬限定重賞+ハンデ戦なので、
荒れる結果になりやすいレースです。
中京コースは、直線400mありますが持続戦には
なりにくく、瞬発力が活きるコースだと見てます。
加えて、ラップが緩む牝馬戦なので、
一瞬の脚に優れた馬を狙いたいですね。
 
 
<京成杯>
年末にホープフルSが行われたのに、
直ぐに同条件のレースを年始に持ってくる意図が疑問。
メンバーを見ても、条件馬で終わりそうな馬が多数います。
当然動きの質も条件レベルの馬ばかりなので、
何が好走しても個人的には驚きません。
今年は、クラシックには繋がらないレースになりそう。
 
 
<日経新春杯>
正直、ローカルのOP特別か?と思うようなメンバー構成。
今年の古馬重賞を引っ張って行くだろう4歳世代もいません。
これをG2と呼んでよいのか疑問ですね。
京都コースは持続力が必要なコースですが、
このメンバーでは、ラップも緩みそうですし、
瞬発力のみで何とかなるかもしれません。
狙いを定め辛いレースになった印象ですね。
 
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
マキシマムドパリ A
ゲッカコウ B+
ブラックオニキス B+
リカビトス B+
ワンブレスアウェイ B+
キンショーユキヒメ B
 
先週の変則開催の影響で、追い切り映像がない馬も多く、
なかなか判断が難しいレースです。
映像を確認出来なかった
ギモーヴ
タニノアーバンシー
エテルナミノル
クインズミラーグロ
レイホーロマンス
クィーンチャーム
に関しては評価が出来ませんでした。
 
 

追い切り 短評

 
マキシマムドパリ
引く続き好調子をキープしています。
フットワークに伸びがあり、体を大きく使えている。
硬さもなく、充実を感じる動きでした。
キンカメ産駒で一瞬の脚を活かすタイプの馬なので、
前走のような牡馬相手で先行しては脚が持たない。
それでも5着に好走したところに調子の良さが見えました。
今回は牝馬限定戦で流れが緩むので、先行しても脚は持つはず。
できれば中団からレースをして欲しいところですが、
このメンバーならトップハンデでも上位の評価が必要な馬です。
 
 
ゲッカコウ
充実一途で調子がグングン上がってる。
使われつつ調子を上げており、強い調教は必要ないです。
今週もサッと流す程度でしたが、軽やかなフットワークで
硬さもなく、しっかり伸びていました。
瞬発タイプなので、上がりが適度にかかる中京コースは
合っていると思います。
ただ、左回りになるとパフォーマンスが下がる傾向にあるのが
少し不安材料ではあります。
 
 
ブラックオニキス
馬体に実が入ってきてひ弱さはなくなりました。
体をいっぱいに伸ばしたフォームで柔軟性がある動き。
走り方からも持続タイプに見えますし、
牝馬戦の瞬発力勝負には向かないタイプではあります。
一昨年のようなHペースの消耗戦になった場合は出番がありそうですので、
穴として押さえておくのはよいかもしれません。
OP特別あたりで穴を開けそうな雰囲気はあるので覚えておきたい。
 
 
リカビトス
小さな馬ですが、動きには非力感は見られません。
坂路をサッと流した追い切りでしたが、
アクションが大きくバネ感がありました。
瞬発力がありそうなフォームで中京コースで一発がありそう。
ハンデも51キロで面白い1頭です。
 
 
ワンブレスアウェイ
牝馬にしては力強さがある動きで、相変わらず調子の方は良さそう。
一瞬の脚に欠けるので、先行して押し切りたいタイプですが、
ここ数走はゲートで遅れる致命的な競馬で、後方からの競馬になっています。
あの競馬では流れ込むのがやっとで本来の力を全く発揮できていません。
今回もスタートが最大の課題です。五分に出て先行出来れば、
この相手なら粘れるだけのポテンシャルはあると思います。
 
 
キンショーユキヒメ
フットワークに伸びがあり、力強さもある動き。
頭が高い走り方で、上半身の出が窮屈なので、良い脚は一瞬かも。
だからダートは合わないタイプで前走は度外視で良いです。
府中牝馬Sくらい走れれば、上がりがかかる中京なら
突き抜けるだけの脚はありそう。
 
 
 
 
 

京成杯 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
エイムアンドエンド B+
ダブルシャープ B+
コスモイグナーツ B+
ジェネラーレウーノ B
コズミックフォース B
デルタバローズ B
 
 
 

追い切り 短評

 
エイムアンドエンド
坂路、南Wと二日続けて時計を出す意欲的な追い切り。
前肢を高く上げる大きなアクションで活気がある。
走り方からも、器用な競馬は苦手ではないかと思います。
広い東京から狭い中山に変わるのでそこがどうか?
コーナー4つの競馬場は走り難そうな印象を受けるので、
中山だとスッと先行したいところ。
 
 
ダブルシャープ
四肢をいっぱいに伸ばしたフォームで躍動感があります。
後肢が前肢の外側を軌道する走り方なので、走るのに筋力を使いそう。
こういうタイプは、使える脚も一瞬の馬が多く、上がりもかかった方がいい。
東京や阪神で脚負けしたのは仕方のないところ。
札幌でのパフォーマンスを見る限り、中山コースに変わるのはプラス。
コーナーリングも上手なので、ここは巻き返す可能性も大いにありそう。
 
 
コスモイグナーツ
エイムアンドエンドもそうですが、エイシンフラッシュ産駒は、
前肢のアクションが大きい馬が多く、小回りでは窮屈な競馬を
強いられそうな馬が多いです。
この馬もそのような走り方で、現状では東京の方が良さそう。
ただ、動き自体には活気があるので、状態は良さそう。
キャリアもありますし、すんなり先手を取れれば、
のびのび走れるので押し切れる可能性もあります。
 
 
ジェネラーレウーノ
力強さはないですが、軽い動きで状態は良さそう。
大物感はないので、将来性は疑問ですが、
このメンバーなら現状では上位のグループか?
先行したい馬が多いので、どういうレースをするのかですが、
走り方的にはコーナリングも問題なさそうなので、控える競馬も出来そう。
 
 
コズミックフォース
脚運びもスムーズで反応も上々でした。
上半身の送りが少し窮屈なのはキンカメ産駒の特徴。
瞬発タイプでしょうし、中山は合うでしょう。
デビュー戦のパドックの姿は、筋肉量が多く張りもあり、
素質を感じました。
試金石ではありますが、素質はこのメンバーなら上位でしょう。
漁夫の利騎乗が得意な戸崎騎手とは合っているタイプに思います。
 
 
デルタバローズ
堀厩舎の馬で、デビュー戦圧勝なので人気になりそう。
動きの方も、南Wのラスト1Fを12秒台でまとめているので
脚力はあると思います。
まだ馬が若く、フワフワしたところがあるので、
もう少し時間が欲しいような気がするのは確かです。
フットワークは伸びるので、先々を含め注目しておきたい。
 
 
 
 
 

日経新春杯 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
パフォーマプロミス A
ガンコ B+
サンタフェチーフ B
ミッキーロケット B
ロードヴァンドール B
モンドインテロ B
 
 
 

追い切り 短評

 
パフォーマプロミス
終い重点の軽めの追い切りでしたが、
伸びやかなフットワークで重心の安定感がありましたし、
柔軟性もあり、大きなフォームで見栄えしました。
追ってからの反応も速く、加速もスムーズ。
昇級戦になりますが、このメンバーなら、
状態、能力ともに上位評価が出来ると思います。
今年はOPで活躍しそうな雰囲気を感じますので
競馬振りが楽しみです。
 
 
ガンコ
首をしっかり使ったフォームで力強さがありました。
併走馬をぶっちぎった内容で状態も良さそう。
1000万を勝ったばかりの条件クラスの馬ですが、
まだこれからの馬ですし、峠を過ぎたOP馬相手なら
見せ場以上はあって不思議はないでしょう。
 
 
サンタフェチーフ
単走追いですが、CWコースの外々を回り運動量は充分。
軽快なフットワークで動きが軽やか。
牝馬らしい動きで一瞬の脚はありそう。
このくらいの距離を走るようになって安定感が出てきましたし、
このメンバーなら馬券内に好走しても不思議ではないです。
 
 
ミッキーロケット
ここに入れば実績的にもトップですし、
正直負けられないとまで言える馬でしょう。
ただ、最近は気性難が出てきた印象で、
調教も嫌々走る姿が出るようになってきたのが不安材料。
今週も、頭を振ったり、フラフラするところもありました。
毎回坂路で減速ラップになるように、良い脚が続かないタイプなので、
京都コースなら、流れが緩まないと取りこぼす可能性もありそう。
ガチガチなスタイルの和田騎手とも手が合っていないと思います。
もう少し柔らかい騎乗が出来る騎手の方が良さそう。
 
 
ロードヴァンドール
フットワークの伸びはありますが、
前走時に比べると、動きが小ぢんまりして来た印象。
少し疲れが出てきた可能性もありそう。
前走時は、大幅なメンバー弱化で期待が出来ると書きましたが、
しっかり逃げて馬券内に好走しました。
逃げて自分の競馬が出来れば粘り強いタイプ。
今回も横山典Jで逃げるでしょう。
ただ、本質は2000mくらいがベストで2400mは長いと思います。
 
 
モンドインテロ
いつも通りの動きで、状態は安定しています。
好不調の波が少ない馬で、安定感はありますが、
逆を言えば、パンチ力に欠けるのも確か。
今週の動きも、追ってから並びかける時の脚は良かったが、
並んでからが甘い印象を受けました。
気性的なものか、使える脚が短いのかは分かりませんが、
レースで詰めの甘さを見せるのも納得の追い切りの動きでした。
3コーナー過ぎの下りを利用して持続戦に持ち込めれば
好勝負は出来そうですが、勝ちきれるかと言えば微妙ですね。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目は?
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj