どうも、タカピです。
 
寒い日が続いて冬を実感している今日この頃です。
 
今週は、2重賞と少し余裕が持てそうですね。
このくらいの方がバタバタしなくて良いので
個人的には好きですけどね。
 
では、今週の重賞のポイントです。
 
<東海S>
早いもので、もうフェブラリーSの前哨戦の時期ですね。
ダート戦線は、新興勢力の台頭が早いので
1つのレースを大事に見ていおいた方が良いと思います。
今年は、昨年後半から一気に台頭してきた
テイエムジンソクの勢いには逆らえない雰囲気も感じますが、
その他に新勢力が出て来る可能性もあるので注目です。
 
 
<AJCC>
頭数が少なく、寂しい感じは否めませんが、
今年の活躍が期待できるメンバーが多く、
レース自体は楽しめるし、注目すべきレースになったと思います。
この頭数なら、瞬発力に長けた馬が一気に勝負をつけてしまう
可能性がありそうですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
テイエムジンソク B+
オールマンリバー B+
ディアデルレイ B+
アスカノロマン B+
ローズプリンスダム B+
シャイニービーム B
 
 
 

追い切り 短評

 
テイエムジンソク
勢いの衰えは感じず、充実一途の気配です。
迫力感は少し薄れてきましたが、その分軽快さが出てきました。
走る気を前面に出した前向きな走りで、アクションも大きい。
四肢をいっぱいに伸ばしたフォームで推進力もあります。
少し行きたがる気性ですが、古川騎手が前半は行く気に任せた騎乗を
するようになって本格化した感じです。
チャンピオンズCも惜しい2着でしたし、同条件のここは
能力が一枚上の存在だと思いますね。
 
 
オールマンリバー
回転の速いフットワークで抜群のスピード感。
調教時計も加速ラップで好時計で優秀。
目下の充実振りを物語る追い切りの動きでした。
溜めたら相当切れる脚を使いそうな雰囲気があります。
レース成績も安定しているタイプで、確実に脚を使える馬だと思います。
ダート路線は昇級の壁があまりないことが多いので、
この馬もいきなりから好勝負可能だと思います。
 
 
ディアデルレイ
輸送を控えていますが、3頭併せの外でしっかり負荷をかけて来た。
動きの方の見栄えも良く、状態は更に上がっていると思います。
抜群の手応えから、追い出しての一瞬の脚が目立ちましたし、
フットワークもパワフルで力強く、回転力もありました。
先行できる器用さがあり、追って確実に伸びるので、
レースでの安定感があります。ここでも上位争いが期待できます。
 
 
アスカノロマン
以前より動きの質が変わってきました。
ダート馬にしては珍しいくらい柔らかい動きをしていましたが、
今週の動きは力強さが目立ち、パワフルな感じに変化していました。
これが良い傾向なのかはレース結果が出ないと何とも言えない面がありますが、
直近の不甲斐ない結果を思えば、動きの変化は良い傾向と考えても良いです。
当たりが強い和田騎手になって成績が下降しているように、手が合ってなかった。
今回から重賞で好走していた時の太宰騎手に戻りますので、変わる可能性はあります。
 
 
ローズプリンスダム
休養明け3戦目で動きがガラッと変わってますね。
ここ2走はフラフラしたり、重心に安定感がなかったりと良くなかった。
しかし、今週の動きは回転力が上がりスピード感が出ていますし、
走りに集中力も出てきたように思いました。
チャンピオンズCも12着でしたが、勝ち馬とは0.7秒差で大きく負けていません。
今回の方がメンバーの質は低いですので、そろそろ結果を出してきても
不思議ではないですね。
 
 
シャイニービーム
ピッチ走法で捌きの軽い軽快な走りです。
回転の速いフットワークで瞬発力がありそうだと思いました。
ただ力強さで少し劣る印象もありますので、一瞬の脚で伸びてきても
追い比べでパワー不足が出るかもしれません。
勝ち切るのは難しいかもですが、2~3着に入って来る可能性はありそう。
 
 
モルトベーネ
相変わらず動きは軽やかで状態は変わらず良好だと思います。
ここ数走の動きも良く、パドックでの馬っぷりも良かったので
調子自体は悪くないと思います。
揉まれ弱い面がありそうで、ごちゃつく競馬だと走るのを止めるのかも。
理想は楽に外目を先行できる競馬でしょう。
枠次第ではそれが出来ると思いますし、そうなればチャンスはありそう。
 
 
 
 
 

AJCC 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ミッキースワロー B+
ショウナンバッハ B+
レジェンドセラー B+
ディサイファ B+
ダンビュライト B
ゴールドアクター B
 
 
 

追い切り 短評

 
ミッキースワロー
瞬発力が素晴らしいと感じる動きで、いきなりから好勝負出来そう。
まだ気性が若く、レースでも行きたがる素振りが目立つ馬ですが、
回転の速いフットワークや、四肢の送りが深くアクションが大きい走りは
脚力の高さを示していると思います。
菊花賞も前半あれだけ行きたがり、勝負どころで早めに進出する競馬ながら
一瞬勝っちゃうかもと思ったほどの競馬振りでした。
距離短縮は好材料ですし、セントライト記念を勝ったコースで期待の方が大きい。
今年は躍進が期待できる馬だと感じた追い切りの動きでした。
 
 
ショウナンバッハ
前走の中日新聞杯の時に動きがしっかりして来たので、
そろそろ注意が必要と書きましたが、強烈な末脚で惜しい4着でした。
その前走時より、更に躍動感が出て、回転力も上昇しています。
前走より更に切れる脚を使っても不思議ない状態にあると思います。
今回も軽視は禁物なのは間違いないでしょう。
 
 
レジェンドセラー
ルーラーシップ産駒にしては重たさがなくスッキリした捌き。
以前は、能力に馬体の成長が追いついていない感じでしたが、
古馬になり、馬体にも実が入って来て走りが安定して来ました。
大型馬ですが、回転の速いフットワークでスピード感があります。
瞬発型の走りに見えますので、一瞬の脚が活きる中山コースも良さそう。
本当に良くなるのは秋以降だと思いますが、
現時点でもこのメンバーなら好勝負出来そうな雰囲気はあります。
 
 
ディサイファ
去年の秋から動きは良くなっているんですけどね、
使われる条件がコロコロ変わって馬が可哀そうな感じもします。
基本的には1600m~2000mの馬だと思います。
前走のように2400mで先行させたりしても意味はないです。
動きの方も、集中力があり追ってのバネ感もありました。
馬に走る気があるのは救いで、適条件で走れればまだ見限れない馬。
距離は1F長いですが、頭数も落ち着いたので展開次第で脚は溜まると思います。
 
 
ダンビュライト
瞬発力に欠けるので、調教の動きも目立つ馬ではないです。
坂路で普段通りにしっかり追えていましたので順調に来ています。
まだ皐月賞時のような迫力は見られなかったのでピークではなさそう。
前走は準OPでしたが、さすがに能力が違った印象で完勝でした。
エンジンの掛かりは遅いですが、加速力と持続力はある馬です。
先行力もあるので、小回りでもレースはしやすいタイプでしょう。
今年は活躍が期待できる馬だけに、ここでも格好をつけておきたいところ。
 
 
ゴールドアクター
頓挫明けでやはり少し捌きの重さは感じます。
ただそれは絶好調に映った宝塚記念時と比べての評価で、
普段の動きとはそんなに変わることはないです。
しかし、ここは始動戦でもあり、無難な仕上げに落ち着いた感はあります。
目標は先ですし、使いながら調子を上げていきたい意図も見えます。
実績的に格上は間違いないですが、今回は有力馬の一角という評価で良さそう。
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目は?
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj