どうも、タカピです。
 
寒波が激しく、いろんな所で影響が出ているようですが、
皆さんは大丈夫でしょうか?
 
インフルエンザも猛威を振るっているみたいですし、
体調管理には気をつけて、競馬を楽しみましょう。
 
 
今週は、クラシック&古馬マイル路線を占う意味で
興味深い重賞レースが組まれています。
個人的のも楽しみにしているレースです。
 
では、今週の重賞のポイントです。
 
<きさらぎ賞>
毎年小頭数ながら、その年の活躍馬を輩出しているレースです。
今年も素質の高そうな馬が何頭かいますし、楽しみなレース。
時期的に荒れ始めた京都の馬場ですが、基本的には決め手が必要でしょう。
クラシック戦線は瞬発力が重要なので、この先を占う意味で、
上がりの速い競馬に対応出来るのかはチェックしておきたいです。
 
 
<東京新聞杯>
今年の飛躍を狙うメンバーが集まり、
見応えのあるレースになりそうです。
ここ数年は、ペースが緩んで持続力に長けた馬が好走しています。
今年はどんな流れになるかでしょう。
マイル戦らしい速めの流れになれば、スピードに長けたマイラーの出番ですが、
流れが緩めば持続力に長けた中距離タイプが有利だと思います。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
サトノフェイバー A
二ホンピロタイド B+
カツジ B+
ダノンマジェスティ B+
ラセット B+
スラッシュメタル B
 
 
 

追い切り 短評

 
サトノフェイバー
フットワークに躍動感があり、追い出しての反応も鋭い。
少し頭の高さはありますが、これからの成長で上半身の使い方が
矯正されるにつれて気にならなくなってきそう。
活躍馬の少ないゼンノロブロイ産駒ですが、この馬が代表産駒になっても良さそう。
大型馬ですが重さも全く感じないですし、逆に素軽い動きで
現時点での完成度も高いと思う動きです。
デビュー戦もあっさり逃げ切り、力の違いを感じたレースでしたし、
先行出来て瞬発力に長けているのは魅力です。
頭数も落ち着きましたし、今回もあっさり押し切る可能性は十分。
 
 
二ホンピロタイド
この時期の3歳馬には珍しく、重心の安定感が目立ち動きが力強いです。
切れ味には欠けますが、追うだけ伸びていく持続力がありそうな走り。
クラシック戦線は瞬発力重視な面はありますが、
先々を含め期待出来そうな能力を感じる馬です。
おそらく今回は上がりが速く、決め手を求められるレースになると思うので、
そこでどんな競馬が出来るか注目したい。
 
 
カツジ
大物感はないですが、小気味よいフットワークでバネ感がある。
フォームのバランスも良く、追い出しての反応も速い。
どちらかというとスピードタイプに見えるので、
マイラーとしての資質は高そう。
この時期なら1Fの延長も気にならないので、実績的にも狙い目はあります。
 
 
ダノンマジェスティ
昨年の皐月賞馬アルアインの全弟。
兄に比べると、胴も伸びた感じでスマート感はある。
デビュー戦を見ても仕掛けてからの脚は凄いものがあります。
ただ、追われると外々に逸走していたのを見ても、
まだポテンシャルに馬体が追いついてない感じがします。
気性的に制御出来ないほどの悪さを感じないので体質の問題でしょう。
アルアインもそうでしたが、基本的には奥手の血統なのでしょう。
兄と一緒で、使われる毎にグングン力をつけていく雰囲気がある。
調教でもフットワークが大きく、加速力に秀ていると感じましたが、
まだ力強さには欠けるイメージでした。
現時点では乗り難しい面があるので、松若騎手が乗りこなせるかでしょう。
 
 
ラセット
伸縮性のあるフットワークで躍動感があります。
血統的にダート馬っぽいのでデビュー戦はダートを使われましたが、
2戦目から芝を使われて成績が安定しています。
調教の動きを見ても芝向きの走りで、加速力も高そう。
混戦模様のメンバー構成ですし、馬券に絡んでも不思議はない馬だと思います。
 
 
スラッシュメタル
調教の動きは、アクションが大きく力強い。状態は良いと思います。
ただ、ここ2戦もそんな感じでレースでは結果が出なかった事を考えると、
現時点では決め手不足は否めないのかなと思います。
フットワークもパワータイプですし、力を要する展開になった場合に
注意が必要な馬かなと思います。
 
 
オーデットエール
フットワークもしっかり伸びますし、力強さもあります。
能力はありそうですけど、結果が伴わない現状。
大きく負けてないだけに、きっかけ一つで馬券に絡んでもおかしくはないです。
現時点では一瞬の脚に欠けるので、そこで差を付けられている印象があります。
こちらも展開次第と言ったところでしょう。
 
 
 
 

東京新聞杯 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
グレーターロンドン A
リスグラシュー B+
クルーガー B+
ダイワキャグニー B+
ストーミーシー B+
サトノアレス B
 
 
 

追い切り 短評

 
グレーターロンドン
後肢が深く入り、伸びやかなフォームで走れていますし、
動きにバネ感があり、力強さも出てきました。
終始手応えにも余裕があり、躍動感にあふれる動きでした。
やはりこの馬の武器は、強烈な決め脚ですし、マイルが最も合うと思います。
ここ2走は道悪や、小回りで外を回される競馬など本領を発揮できていません。
東京のマイル戦なら、脚をしっかり溜めれば突き抜ける脚を使えると思います。
動きもしっかりしてきましたし、今年はマイルのG1を狙える馬でしょう。
 
 
リスグラシュー
坂路で猛時計を出し、ビシビシ鍛えられています。
49.8-12.3ですから牝馬にはやりすぎなのではと思うほど。
併せた相手は完全にバテていましたが、この馬は最後まで頑張った。
昨年には考えられないような内容で、それだけ体質がしっかりしたということ。
以前のような華奢な感じも全く見られませんし、成長著しい。
焦点は、久々のマイル戦がどうかでしょう。
加速するまで時間がかかるタイプなので、東京コースは合っていますが、
牡馬と混じってのマイル戦では瞬発力不足も感じてしまう。
ただ馬の状態は良いので、ヴィクトリアマイルに向けて
どういったレースが出来るか注目でしょう。
 
 
クルーガー
変わらずに目立つ動きを披露しました。
絶好調に映った前走の状態を維持しています。
今年の活躍を期待している馬ですし、ここでも勝ち負けは出来ます。
追い切りの動きも、道中にゆったりさが出て
追い出した時の切れに繋がっていますし、フットワークもしっかり伸びています。
前走は、勝った馬に4角で上手く閉じ込められ追い出しが遅れたのが敗因だと思います。
加速してからは良い脚を使っていたので惜しい内容でした。
富士Sでも好走があり、東京コースも問題ないので楽しみな1戦です。
 
 
ダイワキャグニー
前走の金杯の時にも書きましたが、
この馬は母型のサンデーの血が濃く出ており
中山のような狭いコースより、東京コースの方が向いている走りです。
今週の追い切りも、重心が安定した力強いフォームで躍動感がありました。
東京コースに変わる今回は持てる能力を発揮できると思います。
馬券には入れておいた方が良いでしょう。
 
 
ストーミーシー
四肢がしっかり伸び、フットワークも大きい。
少し硬さが見られた前走時よりも気配はアップしています。
動きに躍動感があり、追って確実に伸びそうな動きでした。
距離的には、もう少し短い方がパフォーマンスは上がりそうですが、
前走の金杯でもあわやの脚でしたので、気配がアップしたここは
侮れない存在だと思います。
 
 
サトノアレス
動きはシャキッとしてきて1戦毎に上昇している感はあります。
ピッチ走法で切れを感じる動きですし、瞬発力に秀ている。
ただ、力強さに欠ける軽い走りなので、
今はマイル以下で瞬発力を活かす競馬の方が適性が高そう。
コーナーリングとか苦手そうで器用さに欠ける面もあるので、
広い東京コースは合っていると思います。
 
 
ハクサンルドルフ
動きが力強く活気もあります。
昇級戦ですが、通用しても良い能力はありそう。
ただ瞬発力に欠けている走りに見えましたので、
OPのマイル戦では決め手不足になる可能性もあります。
走りからは、距離は2000mくらいが良さそうな印象を受けました。
 
アドマイヤリード
いつものように他馬の後ろを追走し、ゴール前に抜かす追い切り。
休み明けの分、好調時の回転力は見られず少し重たい動き。
スパッと抜ききれなかった点も仕上がり途上を感じました。
先を見据えた仕上げだと思います。
 
カデナ
前走時あたりから動きに活気が戻りつつある。
今週は若干フラフラするところもあったので、
完調はもう少し先かも。
ただ、1戦毎に上向いているのは確か。
前走は大外枠が全てですし、大きく負けてない。
マイル戦で瞬発力を活かせれば復活はある。
 
 
 
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目は?
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj