どうも、タカピです。
 
今週は、土、日、月の三日間開催ですね。
重賞は、日、月に行われます。
 
また、久々に3重賞の週なので、少し忙しかったですね。
毎年楽しみにしている小倉開催も始まりますし、
来週は今年1発めのG1のフェブラリーSと競馬が面白い時期になりましたね。
 
では、今週の重賞のポイントです。
 
<京都記念>
今年は牝馬の参戦が多いので、ペースがどうなるかですね。
クロコスミアあたりが先手を取れば、流れが緩む可能性があるので、
瞬発力勝負になる可能性もありますね。
そうなると牝馬でも太刀打ち可能だと思います。
今年G1戦線で活躍しそうな馬が多いのでレースが楽しみですね。
 
 
<共同通信杯>
ダノンプレミアム、ワグネリアン、タイムフライヤーに次ぐ存在がおらず、
まだクラシック戦線は混沌としている雰囲気があります。
これからトライアルも始まってきますし、勢力図が明確になってくるのでしょう。
なので、当然このレースからも有力馬が出てくる可能性はありますし、
クラシックに向けてレースはチェックしておくべきでしょう。
個人的な見解としては、今年は混戦模様で難しいレースだと思います。
 
 
<クイーンC>
素質が高そうな馬が多く、桜花賞に向けて面白いレースになりそう。
牝馬路線は、現時点では阪神JFの1,2着馬が頭一つ抜けている印象ですので、
このレースでその2頭を脅かす馬が出てくるのを期待しています。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
アルアイン A
クリンチャー B+
ディアドラ B+
レイデオロ B+
クロコスミア B+
アクションスター B
 
 
 

追い切り 短評

 
アルアイン
ストライドが更に伸び、走りに柔軟性も出てきました。
確実に成長していると感じる追い切りの動き。
フットワークが大きくなり、後肢が深く入るようになって蹴りの力強さも増したし、
余分な力を使うことなくギアチェンジ出来るようになってきたと思います。
まだ下を出して走っていたように余力たっぷりの内容でしたし、
それでいて併走馬を突き放していたので、
いきなりから勝ち負け出来る状態にあると思います。
菊花賞の3000mはさすがに長かったですが、2200mなら何の問題もないでしょう。
 
 
クリンチャー
アクションが大きく、一時の鈍足感はありませんでした。
力強いフットワークで勢いを感じるスピード感がありましたし、
今までの決め手に欠けるような印象は全くありませんでした。
4歳になり1段階スケールアップした印象を受けました。
古馬中距離重賞は持続力が求められるので、この馬の長所が活かしやすい。
今年は更なる活躍が期待できるのではないかと感じた追い切りの動きでした。
 
 
ディアドラ
デキ落ちを感じたエリザベス女王杯時に比べれば動きは上昇しています。
メイチに仕上げた秋華賞に近い躍動感を感じました。
今回は、狙い目が立ちそうな雰囲気を感じます。
この馬は、状態が良い時は、ゆったりとしたフットワークから
追い出してグイっと伸びますし、フォームを大きく見せます。
エリ女の時は小ぢんまりしていましたが、今回は躍動感がありました。
ライバルとなる牝馬が数頭出走しますが、今回は引けを取らないと思います。
 
 
レイデオロ
仕掛けてからの抜群の反応で、併走馬を外から一気に突き放しました。
回転の速いピッチ走法で、瞬発力が凄い。
決め手では現役トップクラスだと思います。
後は、古馬になっての持続力勝負でどういうパフォーマンスを見せるかでしょう。
ルメール騎手は馬に長く脚を使わせることに長けているのでレイデオロとの相性は抜群でしたが、
今回乗り替わるバルジュー騎手は、一気に脚を使わせるタイプなので、
最後に脚色が止まる可能性はあります。
それがどういう結果になるのか注目しています。
しっかり勝ち切る事が出来れば今年はかなりの活躍が見込めると思っています。
 
 
クロコスミア
昨秋から馬体に実が入って、以前のひ弱さは全く無くなっています。
今週の動きも、大きなアクションで坂路のチップがかなり高く舞っていました。
馬は完全に本格化しています。
牝馬ですが、一瞬の脚に欠ける面があるので持続力を活かせる中距離が良さそう。
牡馬混合戦で速いラップが続くレースになると未知数ですが、
今回は小頭数で、牝馬も多いので道中ラップが緩む期間はありそう。
楽に先行出来そうですし、粘り込みのは注意が必要かと思います。
 
 
アクションスター
今までは、力感に欠けるフットワークでしたが、
今週の動きには躍動感がありました。
四肢をしっかり伸ばしたフットワークでしたし、状態は上がっていそう。
ただ、今回のメンバーでは能力的に格下感は否めない。
直線平坦の京都コースは合っていると思いますので、
このレースの後にOP特別などで出走してくれば穴で狙ってみたい。
 
 
モズカッチャン
叩き良化型なんですかね?
休み明けの動きは毎回目立ちません。
今回も小ぢんまりとしたフットワークでしたし、
絶好調に映った、エリザベス女王杯の頃の躍動感はなかったです。
使われつつ状態を上げて来る馬なので、1,2走は様子を見たい感もあります。
 
 
 
 

共同通信杯 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
ブラゾンダムール B+
ステイフーリッシュ B+
サトノソルタス B+
グレイル B+
ゴーフォザサミット B
エイムアンドエンド B
 
 
 

追い切り 短評

 
ステイフーリッシュ
軽快なフットワークで状態が良さそう。
追い出して手前を替えてからの伸び脚が良かったし、加速力がありそう。
ステイゴールド産駒は奥手の馬が多いですが、
この馬はフォームにひ弱なところもないですし、完成度は高いタイプ。
前走はメンバーが揃ったG1で3着に好走しましたし、能力はある。
東京コースでの上がり3F勝負に対応出来れば勝ち負けになりそう。
ただ、重賞での中谷騎手は不安定な騎乗振りが多いのでマイナスでしょう。
 
 
ブラゾンダムール
首をグッと下げて走るフォームに雰囲気を感じます。
フットワークも柔らかく瞬発力もありそう。
まだ前肢の送りが窮屈なところがあったり、
気性が子供っぽいところがあり、完成度では劣る面があるのは確か。
馬体も緩さがあるので、ペースが速くなった場合は追走で脚を使ってしまうかも。
それが出たのが2戦目のレースでした。
現状は先行する競馬よりも後方で脚を溜めて決め手を活かす競馬が良いと思います。
1000m60秒くらいのペースになる事が多いレースですので、
しっかり脚を溜めれるかにかかっています。
デビュー戦を見ても決め手は優秀なので、巻き返すだけの器はあります。
 
 
グレイル
迫力のあるフットワークでスピードとパワーがある。
スッと反応するような脚はないですが、加速に乗れば長く脚を使える。
自らレースを作れるタイプではないだけに、何かを目標にしたレースなら
強さを発揮すると思いますし、それが前走の京都2歳Sで出たと思います。
少し気になる点は、手前の替え方がぎこちない点です。
今回は左回りに変わるので、スムーズに走れるか注意して見ておきたい。
 
 
サトノソルタス
フワッとしたフォームで力みがない走り方。
柔らかみもあるし、能力は感じます。
まだ力強さなど、走りにしっかりとした安定感はないので、
ここではキャリアの浅さが出るかもしれないですし、
良くなるのは先のような感じも受けます。
良馬場での決め脚は未知数ですし、ここでどのくらいの脚を使えるか注目しています。
 
 
ゴーフォザサミット
しっかり仕上がっていると感じる動きです。
重心の安定したフットワークで安定感がありますし、
追ってからの反応も速かったです。
ビッシリは追ってないので、まだおつりは残した仕上げですが、
好勝負出来る状態には持って来れたと思います。
前走は、ホープフルSを5着に好走したナスノシンフォニーを負かしましたし、
東京コースで決め手が活きた競馬振りでした。
現状でも安定感や完成度はこのメンバーでも上位だと思います。
 
 
エイムアンドエンド
ホープフルSの追い切り診断で、走るフォーム的に中山は合わないと
書きましたが、やはり走り難そうでした。
エイシンフラッシュ産駒は走るフォーム的にコーナーが多いコースは苦手でしょう。
今回は、東京コースに変わるのでパフォーマンスが上がると思います。
動きも、軽快なフットワークでアクションも大きく、
一瞬の脚が良さそうな印象を受けました。穴として注目したい。
 
 
 
 

クイーンC 追い切り診断

 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
フィニフティ A
ツヅミモン B+
オハナ B+
ロフティフレーズ B+
テトラドラクマ B+
マウレア B
 
 
 

追い切り 短評

 
フィニフティ
四肢をしっかり伸ばしたフォームで柔軟性があります。
この時期の牝馬にありがちなひ弱さもなく、走る雰囲気のある馬です。
追ってからのバネ感も素晴らしく、加速力がありそう。
まだキャリア1戦ですが、ディープ産駒で能力も高そうなだけに
いきなりから重賞で好勝負してもおかしくない。
メンバーが揃った1戦だと思いますし、ここで結果を出せれば
クラシックも楽しみな存在になると思います。
 
 
ツヅミモン
やはりこの時期の牝馬としては力感が抜けている。
シンザン記念の追い切り診断でも書きましたが、能力は相当高いと思います。
今週の動きも、ゆったりとしたフットワークで重心が安定していますし、
500キロを超える大型馬とは思えない軽快さがありました。
追っての反応も速く、鞍上の指示に応える素直さがありそう。
競争馬としてのセンスが高いと思います。
一瞬の脚で勝負するタイプではないですが、東京なら持続力も活かせますし、
スタートセンスもあり無理なく好位に取りつけるのも魅力。
長く脚を使わせることが得意なデムーロ騎手なら好勝負でしょう。
 
 
オハナ
400キロちょっとで小柄な牝馬だけに、少し華奢なところはあります。
ただ、走らせると躍動感のあるフットワークで良いバネをしています。
能力はかなり高そうで、加速力も優れている。
今週の追い切りでは、並走馬と馬体が当たるかくらいに接近していましたが、
怯むことなく、むしろ煽るくらいの根性を見せていました。
スタートも速く、レースセンスもありますし、
広々とした東京コースに変わってパフォーマンスが上がりそうです。
 
 
ロフティフレーズ
ロードカナロアーディープインパクトの血統でこれからの主流になる血筋。
前々から言っていますが、ロードカナロア産駒はスプリンター的なムキムキ感はなく、
非常に柔軟性に溢れるフットワークをする馬が多いですし、この馬もそうです。
追い切りも、ゆったりとしたフォームで軽やかな脚捌きで能力を感じました。
内容的に軽めでしたので、追ってからの脚色やフットワークを確認出来なかったのは残念。
ここはメンバーが揃ってますし、キャリア1戦では厳しい戦いになるとは思いますが、
この後のレースに向けて注目しておいても良いと思います。
 
 
テトラドラクマ
回転の速いフットワークでスピードが目についた追い切り。
ピッチ走法で、スピードタイプに見えました。
広い東京で一瞬の脚を活かせばチャンスはあるのではないかと感じました。
好位でレースが出来ますし、ペースが緩んで上がり勝負になったら一発はありそう。
 
 
マウレア
阪神JFの時も感じましたが、450キロくらいある馬ですが、
あまり力強さも感じませんし、走りにも大物感は感じないんですよね。
ただ、それでも急に流れが速くなった阪神JFで3着ですから能力は高いのでしょう。
まだ成長の余地を残していそうですし、今の状態でも結果を残しているので
やはり牝馬同士では上位の能力があるのかもしれません。
ただ、個人的にはあまりグッとくるのを感じない馬なので、中心視はしないと思います。
 
 
アルーシャ
伸びのあるフットワークですし、仕掛けてからの脚も良好。
調教の動きからは能力はありそうに感じました。
ただ、前肢の出が少し硬い印象を受けました。
母父のタピットの影響が出ているのかもしれないので、
上がりの勝負になりやすい東京では脚負けするかもしれません。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
今週の狙い目は?
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj