どうも、タカピです。
 
早くも今年初のG1フェブラリーSが行われます。
 
今年は、メンバー的にも面白く、見応えのあるレースが見れそうですね。
 
傾向的には、馬場状態に左右されますが、時計が速い年と遅い年が
あるように思います。
速い時計での決着ではスピード能力が問われるので、
地方交流を回っているパワータイプの馬は苦戦するでしょう。
 
今年は、テイエムジンソクというスピード馬がいるので、
速い時計での決着が濃厚かなとは思っています。
 
また、今週の栗東坂路は非常に時計が出やすい馬場だった可能性があります。
調教時計だけで判断する人や専門誌も多いので、鵜呑みにするのは危険だと思います。
しっかり動きをみて判断する方が賢明です。
 
 
また、先週の変則開催の影響で、フェブラリーS以外の今週の3重賞の追い切りが
評価しにくい感もあるので、京都牝馬S、ダイヤモンドS、小倉大賞典に関しては、
記事を控えるかもしれませんし、書いても簡潔なものになるかもしれません。
その点はご理解して頂けると幸いです。
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 

調教評価(オススメ馬)


*横のアルファベットは評価印です
 
テイエムジンソク A
ノンコノユメ B+
ニシケンモノノフ B+
ゴールドドリーム B+
ベストウォーリア B+
サンライズノヴァ B+
 
 
 

追い切り 短評

 
テイエムジンソク
どこまで上昇していくのか予想がつかない感じになってきました。
自らハミを取ってグイグイ伸びる感じがあり、走る気に満ちている印象ですし、
四肢が深く入り伸縮性に優れた動きでフットワークが雄大です。
蹴りの強さもあり力強さも十分ですし、躍動感が半端ない。
前走の東海S時は少し緩ませた感もあり、少し小ぢんまりしていましたが、
それでもあの強さでしたし、スピードが違い過ぎました。
今回は、芝スタート、初の1600mと超えるべき課題はあります。
先手を取って行く形になると思いますので、何かに差される可能性もあります。
それでもスピードで圧倒する可能性もかなり高いのではないかと思う追い切りの動きでした。
人気でも馬券からは外せません。
 
 
ノンコノユメ
前走時の調教、パドックを見て復調気配を感じていました。
まさか勝ち切るとまでは思いませんでしたが、あれはフロックではない。
先週はサッと流す調教で、今週はしっかり追ってきた内容でした。
フォームにゆったり感が出てきて、フットワークに柔軟性が出ましたし、
伸びやかさが出て動きが大きくなりました。
走りに集中力も感じますし、今の状態なら良い脚を長く使えると思います。
流れが速くなる可能性が高いですし、突き抜ける可能性も十分ありそう。
 
 
ニシケンモノノフ
回転の速いフットワークで抜群のスピード感。
フォームもゆったり感があってかなり状態が良さそう。
坂路をまっすぐに駆け上がり重心の安定感も十分。
1600mは長いですが、テイエムジンソクの作る流れが速くなる可能性があり、
パワータイプの馬ががスピード負けする可能性もあります。
そうなるとスピードタイプの馬が台頭する場面があってもよい。
内目でしっかり脚を溜める競馬が出来れば、流れ込む可能性は十分あると思います。
 
 
ゴールドドリーム
2週続けて坂路で好時計を出し、仕上げに抜かりはなさそう。
回転の速いフットワークでスピード感がありますし、
フォームもしっかり伸びて芝馬の追い切りを見ているかのようです。
ただ、前走のチャンピオンズC時のような唸るような迫力感にはもう一歩。
前走時は生涯最高のデキと思えるほどの動きだったのでそこまで求めるのは酷。
この馬は、芝向きの動きをするので、中央の軽いダートで力を発揮するタイプ。
地方の力の要る馬場は向かないので、地方の成績は度外視していいです。
時計が速いスピード決着になれば、連覇も十分狙えると思います。
 
 
ベストウォーリア
1週前はまだ硬い捌きでもう一つかなという印象でした。
しかし今週の動きは、フットワークがしっかり伸び、
この馬本来のパワフルさとスピード感がある動きでした。
前走取消の影響もなさそうですし、一追い毎に動きに活気が出てきているので、
レースを使わなかったことがプラスに出ている可能性もあります。
もう8歳になりますし、全盛期の力はないとは思いますが、
東京コースは得意ですし、頭はなくとも馬券に絡む走りは出来そうな雰囲気はある。
 
 
サンライズノヴァ
馬体や動きは迫力ありますね。
能力のポテンシャルは相当だと改めて思いました。
まだ緩いところもあり完成するのは先だと思いますが、
ここでも好勝負するだけの能力はある馬。
今週の追い切りもゆったりとしたフットワークで重心の安定感もありました。
ラスト100mくらいまで手前を替えずに余力たっぷりでしたし、
状態は更に上がっているのではないでしょうか?
ただ、手前を替えてからの伸びがイマイチに見えた。
まだ加速に時間がかかる面があるだけに、それが出た感じですね。
外目の枠を引いてノビノビ走れれば可能性は十分あると思います。
 
 
ロンドンタウン
今までの軽い動きから力強さが出てきて上昇気配。
一発の魅力はありますが、前肢の送りが窮屈な走り方で、
脚の持続力に欠くので、一瞬の脚を活かしやすい小回り向きの馬。
東京マイルは合わない印象が強いのが残念。
 
サウンドトゥルー
重心の安定した力強い動きは変わりませんし、状態は安定しています。
中央のG1も制しているように、他の地方タイプの馬よりも中央の馬場に適性はある。
ただ、距離のマイルは短い印象ですし、しっかり脚を溜める競馬でないと脆さが出る馬なのも事実。
そういう面で乗り慣れた大野騎手からミナリク騎手に変更の意図がわからない。
ペースが速くなる可能性が高く、末脚を活かせそうな展開になりそうなだけに残念。
 
ケイティブレイブ
動きは力強く迫力満点です。
ただ、東京マイルのスピード勝負では分が悪そう。
やはり地方の力の要る馬場でのパワー勝負でこその馬に思います。
 
キングズガード
使い詰めですし大きな上積みもなく安定した動き。
段々と動きが小さくなってきている印象を受けましたし、
G1で馬券になるには心身ともに余裕がないのではないか?
追い込む競馬をする勇気のない藤岡祐騎手もマイナス。
 
インカンテーション
道中のフォームはゆったり感があって良かったですが、
追い出しての躍動感が武蔵野S時に比べて劣っていました。
状態は良好ですが、ピークではないという判断。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
フェブラリーS 狙い目
 
1頭目
 
 
2頭目
 
 
にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 
 
 
Facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/eternaldnj/
 
Twitterはこちら⇒https://twitter.com/eternaldnj