↑応援お願いします↑

 

こんにちは。 たかぴ です。

 

今週は、クラシックに向けた3歳牡馬の重賞

京成杯が行われます。

 

しかしですね、このレースって意味あるのかなと思うわけです。

 

昨年から、暮れのホープフルSが重賞に変わりましたよね?

それから2週間しか経っていないわけですよ。

しかも、同じレース条件なんです。

何だかなぁって感じです。

距離を2200mとかに替えればいいのになと思うんですよね。

 

 

まあ、そんなこと言ってても始まらないんで、ポイントをまとめてみます。

 

・ラップ構成

中山2000mのラップは、12秒そこそこのラップが淡々と続く傾向があります。

東京や京都みたいに、11秒前半や10秒台のラップが出ることはほぼ無いですね。

ということで、東京や京都の速い上がり勝負が苦手なタイプの馬が好走する条件です。

今年は、プロフェットがそういうタイプのように思いますね。

 

 

・騎手

中山2000mの成績が良いのは、戸崎騎手ですね。

まあ、中山と言えば戸崎騎手ですから、これは皆さんご存知のとおりですね。

ちなみに、戸崎騎手はメートルダールに騎乗するようです。

 

他を挙げますと、以外なところで、柴山騎手の成績が良いです。

乗り数は少なめですが、勝率、複勝率共に戸崎騎手に近く、単勝回収率は100%を

超えています。

今年は、戸崎騎手からの乗り替わりで、ブランスシャルマンに騎乗します。

 

また、F・ベリー騎手も良い成績ですね。

ベリー騎手は、2000mと2200mの成績が特に良く、短距離より中距離が得意な騎手ですね。

今年は、ウムブルフに騎乗します。

 

 

・種牡馬

まあ、ディープ産駒はやはり走ります。決め脚が優れてますからね。

今年は、ウムブルフです。

 

その他では、ハービンジャー産駒の勝率が良いです。

まあ、典型的な鈍足血統なんで、速い上がりが求められない条件では強いですね。

今年は、プロフェットです。

 

他では、シンボリクリスエス、メイショウサムソン、ゼンノロブロイあたりの勝率は良い

ですね。

使える脚が短いタイプの産駒が多い種牡馬ですから、直線短い中山は合います。

今年は、ゼンノロブロイ産駒のメートルダールが出走します。

 

 

以上をまとめますと、注目馬が見えてきます。

複数項目に該当している、

プロフェットメートルダールウムブルフ

の3頭が注目馬になりますね。

結果はどうなるか、今週末を楽しみにしたいと思います。

 

 

 

本日は、以上です。