↑応援お願いします↑

 

おはようございます。 

 

愛知杯の調教評価です。

 

A評価

シュンドルボン

 

B+評価

ハピネスダンサー

オツウ

タガノエトワール

 

B評価

マコトブリジャール

フェリーチェレガロ

グレイスフラワー

 

 

シュンドルボン
充実一途。
ノビノビとしフットワークで、動きに柔らかみがあります。
G1の前走でも0.2秒差。2キロ減の今回は勝ち負け濃厚だと思います。
不安点は、騎手がテン乗りの点。
 
 
ハピネスダンサー
連勝の勢いを感じるキビキビとした動きで、体調は良さそう。
後は、重賞での力関係だけか。
切れるタイプではなさそうなので、先行してどこまで粘れるかですね。
 
 
オツウ
坂路でバネの効いた走りで迫力もありました。
距離延長になる点が気になるところですが、血統的には問題ないですし、
走り方も短距離限定馬ではなさそうなので、後は気性の面だけでしょう。
 
 
タガノエトワール
追い出して弾むように伸びたようにデキは高いレベルで安定している。
まだ線の細さが残っているので、成績は安定しないが、牝馬重賞レベルでは
上位の能力がありそう。力の要る中京でどんな走りをするか注目。

 

 

大荒れ重賞として有名なレースですが、今年も一筋縄ではいかない雰囲気ですね。

 

以上です。