↑応援お願いします↑

 

 

おはようございます。 たかぴ です。

 

馬券スランプに陥ってます。

マジで当たりません(笑)

この時期は、毎年のことなんですけどね。

 

今日は、何とか当てれるように頑張ります!

 

 

京成杯

 

○(人気)グループ

②ウムブルフ

①メートルダール

⑧マイネルラフレシア 

⑫ユウチェンジ

④プロフェット

 

△(穴)グループ

⑮ナムラシングン

③ケルフロイデ

⑦プランスシャルマン

⑭ブレイブスマッシュ

⑥ルネイション

⑩アドマイヤモラール

⑨オンザロックス

 

 

実績的にも抜けた存在がおらず、能力比較も難しいですね。

 

軸馬候補

②ウムブルフ

④プロフェット

⑦プランスシャルマン

 

軸馬選びも迷ってます。

現時点では、3頭を中心に考えます。

 

 

2014年の路盤改装後から、中山の馬場は、ディープ産駒がより走る馬場になってます。

今までのように、ディープ産駒中山不要説は通じなくなってきています。

 

②ウムブルフは、前走の未勝利戦も同じ中山の2000mで大外枠から圧勝しています。

走り方を見ても、切れだけのタイプではなさそうで、持続力もありパワーも感じます。

大物の雰囲気もありますので、ここで結果を出してハイレベルの3歳牡馬クラシック戦線に殴り込みをかけたい所でしょう。

 

④プロフェットは、調教の動きが目立ちましたね。

ハービンジャー産駒に見られる重苦しさはあまり感じません。

前走は、京都特有のスローペースになり、上がりの脚比べとなったことで持ち味を全く活かせなかった。

あの、スマートオーディンでも差しきれない流れだったので仕方ないでしょう。

ですから、今回の条件替わりはプラスだと思います。

ただ、日本の競馬に慣れてない騎手に不安点はありますね。

 

⑦プランスシャルマンは、何と言っても、前走のホープフルSを経験した事は大きいですね。

個人的に、2歳戦で一番レベルが高かったのは、ホープフルSだと思っています。

同じ条件の今回は、流れも楽に感じるはずです。前走のメンバーで0.9秒差ならここでは上位と考えていいでしょう。

柴山騎手も中山2000mの成績は良いので、この人気なら狙いたいですね。

 

 

その他の相手は、パドック見ないと絞れませんが、今のところ

・レースレベルの高かったホープフルS組のブレイブスマッシュ

・中山向きで好枠のケルフロイデ

・前走のパフォーマンスが魅力のメートルダール

・掴みどころは無いが、G1で4着は立派なユウチェンジ

この辺を考えてます。

 

 

日経新春杯

 

○(人気)グループ

⑦シュヴァルグラン

①レーヴミストラル

⑥プロモントーリオ

⑩サトノノブレス

③アドマイヤフライト

 

△(穴)グループ

⑨べルーフ

⑤ダービーフィズ

④シャドウダンサー

⑧ダコール

 

 

軸候補

⑦シュヴァルグラン

⑧ダコール

 

 

⑦シュヴァルグランは、勢いもそうですが、調教を見てても1600万下を卒業したての

馬とは思えない迫力があります。瞬発力はないですが、追うだけ伸びていくような持続力は、

やはり距離伸びて良いのでしょう。

人気になり過ぎのような気はしますが、ここもあっさり通過するだけの能力はあると思います。

ただ、一つ気になる点は、ハンデが54キロしか背負わされなかった点ですね。

55キロくらいは課せられると思っていただけに、ハンデキャッパーは、まだそこまでの馬だと思ってないのかもしれませんね。

 

⑧ダコールは、8歳ですが、京都は4-2-2-2とメチャクチャ走ります。平坦コースが大得意な馬です。

しかもディープ産駒です。京都2400mのディープ産駒の成績は他を圧倒してます。

調教は、元々動かないタイプですので、見栄えしなくても問題ありません。

逆にいつも調教の動きに騙されてきましたから(笑)

58キロを課せられているように、能力は高い馬です。この人気なら狙ってみる価値は高いと思います。

 

 

その他は、

・脚の使いどころは難しいが、立て直して好枠の、レーヴミストラル

・休み明けだが、調教良かった、シャドウダンサー

・この距離向き、重賞実績もある、プロモントーリオ

・一昨年の勝ち馬でディープ産駒、サトノノブレス

辺りを考えています。

 

 

本日は以上です。