↑応援お願いします↑

 

おはようございます。 調教博士たかぴ です。

 

調子出てきました。

 

先週の調教A評価の2頭

・京成杯 プロフェット 1着

・日経新春杯 シュヴァルグラン 2着

 

いやー、良かったです。個人的にもホッとしましたね。

変則調教が落ち着いてきたので、これからは本領発揮と行きたいところです。

 

パドック評価は、時間がなくブログには掲載できないので、Twitterでつぶやくことが多いのですが、こちらもいい感じですね。

京成杯はこちら

日経新春杯はこちら

皆さん、拡散よろしくお願いします(笑)

 

 

では、先週の重賞回顧していきます。

 

 

愛知杯

 

いやー、こちらの予想は散々でしたね。

レース自体、珍しいラップ構成になりましたね。

一番速いラップが5F目の11.1秒です。この区間で一番ラップが速くなることは滅多に

ありません。個人的にも見たことないかもしれません。

やはり、ローカル重賞なので、普段はあまり重賞に乗れないような騎手が多いですから、

こういう変なラップになるのでしょう。

ローカル騎手の体内時計がおかしい証拠ですね。

勝った、バウンスシャッセは、さすが田辺騎手ですね。この流れを冷静に読んでしっかり脚を溜めましたね。

後々記事にしょうと思いますが、関東の騎手では、田辺騎手は非常に優れている騎手です。

 

人気のシュンドルボンは、この流れにまともに付き合ってしまいましたね。

やはり、乗り代わりが裏目に出ました。

 

収穫があったのは、アースライズマキシマムドパリでしょうね。

両馬とも、調教はキャンターだったので評価は出来ませんでしたが、この流れでもしっかり

踏ん張ってますので、牝馬重賞レベルでは上位の能力があります。

特に、アースライズは、一瞬抜け出しましたから、今後の牝馬重賞では安定して走ってくれる存在ではないかと思いました。ただ、マンカフェ産駒なので、底力が無くG1では上位は厳しいでしょうね。

 

 

 

日経新春杯

 

ダコールが逃げるという、まさかの展開になりましたね。

途中でメイショウウズシオがペースを上げなければ、とんでもないスローペースになっていたかもしれませんね。

 

勝ったレーヴミストラルは、川田騎手が上手く乗ったと思います。

この馬は、ピッチ走法で、前足の出方から使える脚が短いタイプで、脚の使いどころが難しい

タイプだと思います。ですから、金鯱賞のような道中から脚を使わされる展開ではラスト伸びきれないです。

頭数も落ち着いたのもラッキーでしたね。直線だけの競馬をさせた川田騎手のファインプレーです。

今後も、こういう展開では好走するでしょうが、道中ラップが厳しくなるG1ではダメなタイプでしょうね。

 

シュヴァルグランは、逆に流れが向かなかったですね。

スッと反応できるタイプではないので、こんな上がりの勝負になっては厳しいです。

しかし、ハナ差でも2着になって賞金を加算できたので大きかったですね。

天皇賞(春)のような持続ラップはこの馬には適してると思いますので、注目しておきたいですね。

 

サトノノブレスは、徐々に調子が上がってるので、今後もそこそこの成績は出そうです。

ダコールは、+22キロと調整に失敗した感はありましたが、良く粘りましたね。

べルーフは、やはりこんな上がり勝負になっては厳しいです。典型的なハービンジャー産駒なんで仕方ないですね。

 

 

京成杯

 

今年は、結構なレベルの高さだったのではと思います。収穫のあるレース内容でした。

前半1000m:61.8

後半1000m:59.6

ですから、後半の方が2.2秒速いですね。

この流れでは、追い上げに脚を使わされるので、中団以降の馬は厳しいですね。

昨年の皐月賞の後半1000mが59.0秒、一昨年が59.4秒ですから、皐月賞でも好走出来る

ラップを経験出来たのは収穫でしょう。

 

勝ち馬のプロフェットは、調教も抜群でしたし、デキは申し分無かったと思います。

ハービンジャー産駒ですから、前走の萩Sのような上がり33秒台の決着になる京都の馬場は

明らかに向いてません。

また、ハービンジャー産駒にしては軽いタイプのように見えますので、昨年のべルーフよりも好走の幅は広いと思います。

今年の牡馬クラシック戦線は粒揃いで、あまり目立たないかもしれませんが、有力馬のほとんどは、加速力に優れた差しタイプの馬で、明らかにダービー向きの馬が多いです。

皐月賞向きなのはエアスピネルぐらいですからね。

例年の皐月賞の好走ラップを経験し、器用な立ち回りの出来るプロフェットは皐月賞では面白い存在になると思います。

 

2着のケルフロイデも、京都の上がり勝負は合わないタイプで、中山替わりで変わりました。

ただ、プロフェットとの力差はなかなか埋まらないと思える内容でしたね。

 

3着のメートルダールは、現状はこういうレースしか出来ないのでしょうね。

かと言ってゼンノロブロイ産駒ですんで、持続力に富んだタイプでも無い可能性もありますから、東京で変わり身を見せれるかどうかも未知数です。個人的には中山でこそと思います。

東京でどれだけ脚を使えるか見てみたいので、次走は東京で使って欲しいという願望はあります。

 

プランスシャルマンは、東京向きですね。距離も短いところが良いかもしれません。

ジャングルポケット産駒なんで中山の馬場は不向きだったということでしょう。

 

同じく、ジャングルポケット産駒のマイネルラフレシアも中山は向かないと思いますが、

それよりも、今回はデキ落ちしていたと思います。東スポ杯時の調教は柔軟な動きでしたが、

今回は、調教から硬さが見られましたので。

 

ブレイブスマッシュは、気性が成長しないと厳しいですね。

パドックでもうるさかったですし、口向きも悪いです。

 

ユウチェンジは、こんなものでしょう。

やはり、朝日杯の3着以下は、何度やっても着順入れ替わりそうですし、レベル的には高くないですね。

 

最後に人気のウムブルフですが、こちらも気性が課題であり最大のネックです。

素直ではない性格のようで、パドックでも横着な周回をしていました。周りを舐めてるような仕草をします。

道中も終始かかってましたし、あれじゃレースにならないですね。

潜在能力はとてつもなく高いと思いますが、気性の成長がないと大成は難しいでしょう。

古馬になってからでしょうね。

 

 

長くなりましたが、本日は以上です。