こんにちは。 調教博士たかぴ です。

 

日本各地で、爆弾低気圧が大暴れしていますね。

皆さん、怪我などしないように気をつけて下さいね。

関東圏も雪がかなり降ってますし、京都も雪が降ってるみたいですね。

トレセンでの調教も大変でしょうし、今週末の開催にも影響あるかもしれませんね。

 

 

では、本日は、今週の重賞 AJCCのデータ考察を行います。

 


 

AJCCデータ考察

 

 

血統データ

 

中山2200mの種牡馬データ(2011年1月~)より好成績の種牡馬を挙げてみます。

 

ステイゴールド

11-7-8-67 勝率11.8% 複勝率28%

やはり、中山と言えばステイゴールド産駒ですね。

特に、2200mは外回りでコーナーも緩やかなので、ラップの上げ下げが少ない持続戦になりますので、持続血統のステイゴールド産駒は好成績です。

先週の17(日)の最終レースの2200mは1着~3着までステイゴールド産駒が独占でした。

今年は、ショウナンバッハマイネルメダリストが出走予定です。

 

ディープインパクト

9-5-3-40 勝率15.8% 複勝率29.8%

2014年の路盤改装により、ディープ産駒の中山成績が上昇しています。

勝率ではステイゴールドを上回ってます。ただ、人気馬が多く回収率は低いです。

今年は、人気が予想される、ディサイファサトノラーゼンクランモンタナが出走予定。

 

ゼンノロブロイ

4-5-2-24 勝率11.4% 複勝率31.4%

あまり知られていないかもしれませんが、ゼンノロブロイは中山血統です。

30頭以上出走している種牡馬の中で、平均着順もトップの成績です(中山2200m)。

まんべんなく走るということでしょうね。

今年は、ステラウインドライズトゥフェイムルルーシュが出走予定です。

 

 

騎手データ

 

中山2200m(2011年1月~)の騎手データです。

 

蛯名騎手(ステラウインド

7-2-4-31 勝率15.9% 複勝率29.6% 平均着順5.8着 平均人気4.8人気

 

戸崎騎手(ショウナンバッハ

5-1-2-21 勝率17.2% 複勝率27.6% 平均着順6.2着 平均人気4.9人気

 

F.ベリー騎手(サトノラーゼン

3-2-1-11 勝率17.7% 複勝率35.3% 平均着順7.4着 平均人気5.2人気

 

柴田大知騎手(マイネルメダリスト

6-2-5-39 勝率11.5% 複勝率25.0% 平均着順7.2着 平均人気7.3人気

 

柴田善臣騎手(ルルーシュ

4-3-7-22 勝率11.1% 複勝率38.9% 平均着順6.2着 平均人気7.1人気

 

やはり、中山と言えば、戸崎、蛯名ですね。 これにベリー騎手、さすがですね。

特に蛯名騎手は、平均着順も良いので、本当に得意なコースなのでしょう。

ただ、この3人は人気になるんですよね。

 

そこで、穴党の方が気になる騎手の出番です。

柴田大知騎手と柴田善臣騎手ですね。W柴田です(笑)

平均人気が7.3と7.1人気ですから、人気薄を持ってくる事が多いということです。

特に善臣騎手は、複勝率も高いので注目ですね。

 

脚質データ

 

中山2200mの脚質データです。

 

逃げ

14-8-7-63 勝率15.2% 複勝率31.5% 単勝回収率213% 複勝回収率160%

 

先行

33-34-30-179 勝率12% 複勝率35.1% 単勝回収率144% 複勝回収率116%

 

やはり、中山コースですので、前に行けないと話にならない事がデータからも分かりますね。

中団以降から差して勝ち切れるのは、相当な能力がないと厳しいですね。

 

注目は、逃げ馬の好成績ですね。

淡々と流れるレースですので、行ききってしまえば残れる確率も高いのでしょう。

しかも、回収率も高く、人気薄の逃げ馬には注意した方が良いということでしょうね。

 

今年は、何が逃げるのか読みにくいですが、ここを読み切れたら馬券を取れる確率も上がるかと思います。

 

 

まとめ

データをまとめてみると、今年の注目馬は、

 

  • サトノラーゼン
  • ステラウインド
  • ショウナンバッハ
  • マイネルメダリスト
  • ルルーシュ

あたりになりますね。

後は、調教を待ちたいと思います。

 

 

本日は以上です。