こんにちは。 たかぴ です。

 

AJCCの見解をします。

 

グループ分け(オッズ)

○(人気)グループ

③ディサイファ

⑥サトノラーゼン

①マイネルフロスト

⑪スーパームーン

⑨ライズトゥフェイム

 

 

△(穴)グループ

⑬ヤマニンボワラクテ

⑦ショウナンバッハ

⑭スズカデヴィアス

⑧ステラウインド

⑤クランモンタナ

④ショウナンマイティ

⑮マイネルディーン

 

実績からも、ディープ産駒の2頭が人気の中心になってます。

ただ、ディサイファ、サトノラーゼン共に追わせるタイプのディープ産駒なので、

位置取り次第では届かない展開も想定するべきですね。

 

 

調教から

参考記事はこちら

調教評価(東海S、AJCC)


 

調教からは、A評価のショウナンバッハですね。

バネの効いたフットワークとスピード感は抜群でしたね。

 

その他は、B+評価の、ライズトゥフェイムスーパームーンですね。

 

 

データから

血統

・ステイゴールド産駒

 

中山2200m成績(11-7-8-67) 勝率11.8%、複勝率28%

中山でステイゴールド産駒は注目せざるを得ませんね。

ショウナンバッハマイネルメダリスト

 

 

・ディープインパクト産駒

中山2200m成績(9-5-3-40) 勝率15.8%、複勝率29.8%

ディープインパクト産駒は、路盤改装後に更に走るようになってます。

ただ、小回りコースなので、反応の遅いタイプの馬は位置取り次第では、

脚を余す可能性もあります。

ディサイファサトノラーゼンクランモンタナ

今年は、反応の遅いタイプのディープ産駒が出走します。

差しタイプのディサイファ、サトノラーゼンは危険な存在になるかもしれません。

逆に、先行するクランモンタナは穴馬として面白いです。

 

・ゼンノロブロイ産駒

中山2200m成績(4-5-2-24) 勝率11.4%、複勝率31.4%

ゼンノロブロイ産駒も中山血統です。

⇒ライズトゥフェイムステラウインドルルーシュ

 

 

騎手

・蛯名騎手

 

7-2-4-31 勝率15.9%、複勝率29.6%

⇒ステラウインド

 

・戸崎騎手

5-1-2-21 勝率17.2% 複勝率27.6%

ショウナンバッハ

 

・F.ベリー騎手

3-2-1-11 勝率17.7% 複勝率35.3%

サトノラーゼン

 

中山の中距離と言えば、戸崎、蛯名、ベリーですね。

ただ、ベリー騎手はテン乗りなので少し割引きが必要かもです。サトノラーゼンは以外と乗り難しいと思います。

 

穴騎手からは、

・柴田大知騎手

6-2-5-39 勝率11.5% 複勝率25%

マイネルメダリスト

柴田大知騎手は、先行して粘り込む騎乗で穴を開けることが多いです。

マイネルメダリストも先行出来れば面白いですが、大外枠は厳しいですね。

 

 

脚質

・逃げ馬

14-8-7-63 勝率15.2%、複勝率31.5%、単勝回収率213%、複勝回収率160%

中山2200mは、人気薄の逃げ馬が押し切るレースことが良くあります。

昨年のクリールカイザーもそうでした。

逃げ馬は要注意です。

⇒スズカデヴィアス

 

 

 

世代別成績

AJCC過去10年の世代別成績です。

 

・4歳馬 1-3-1-12 勝率5.9% 複勝率29.4%

・5歳馬 3-0-4-18 勝率12.0% 複勝率28%

・6歳馬 3-1-3-29 勝率8.3% 複勝率19.4%

・7歳馬 3-2-1-23 勝率10.3% 複勝率20.7%

 

5歳馬と7歳馬の勝率が高い。4歳馬は勝ちきれないことが多い。

 

中心には5歳馬を選びたい

⇒マイネルフロストショウナンバッハヤマニンボワラクテスズカデヴィアス

 

 

 

予想まとめ

軸候補

⑦ショウナンバッハ

調教も、唯一のA評価ですし、データ的にも該当項目が多く、軸で行きたいと思います。

 

前走は、出遅れて最後方からでしたが、戸崎騎手も今回は、もう少し前目に付けるでしょうから差し切りに期待したいですね

 

 

相手(本線)

⑨ライズトゥフェイム(調教、ゼンノロブロイ産駒)

⑭スズカデヴィアス(逃げ、5歳馬)

⑦ステラウインド(蛯名騎手、ゼンノロブロイ産駒)

⑪スーパームーン(調教)

 

相手(押さえ)

⑥サトノラーゼン(ベリー騎手、ディープ産駒)

①マイネルフロスト(5歳馬)

 

馬券は、ショウナンバッハの単勝は買いたいですね。

後は、軸が穴グループなので、三連複か馬連で流すのが良いかもしれません。

馬券は、各自の好みで購入されて下さい。

 

 

本日は以上です。