こんにちは。

 

本日は、東京新聞杯のデータ分析を行います。

過去10年の1番人気の成績が、1-1-2-6と悪く、荒れやすいレースとなってます。

今年は、ダノンプラチナという人気馬が出走予定ですが、人気に答える事が出来るのか注目ですね。

 

 

東京新聞杯データ分析

血統(種牡馬データ)

東京芝1600mの種牡馬成績です。

 

 

 

・ディープインパクト

47-43-28-229 勝率13.5% 複勝率34.0%

・ダイワメジャー

26-16-22-152 勝率12.0% 複勝率29.6%

・ハーツクライ

24-15-8-137 勝率13.0% 複勝率25.5%

 

ディープ産駒が強いですね。出走頭数が多くても勝率、複勝率共に高いですから、絶対に無視はできないですね。

今年は、エキストラエンドスマートレイアーダノンプラチナトーセンスターダム

マーティンボロが出走予定です。

 

ハーツクライ産駒の出走予定はありませんね。

ダイワメジャー産駒は、ダイワリベラルが出走予定です。

 

 

騎手データ

東京芝1600mの騎手成績です。

 

・蛯名騎手(ダノンプラチナ

31-16-16-160 勝率13.9% 複勝率28.3%

・横山典騎手(ダイワリベラル

29-25-14-139 勝率14.0% 複勝率32.9%

・三浦騎手(タガノブルグ

28-22-11-141 勝率13.9% 複勝率30.2%

・戸崎騎手(テイエムタイホー

25-13-10-120 勝率14.9% 複勝率28.6%

・岩田騎手(エキストラエンド

10-7-9-55 勝率12.4% 複勝率32.1%

 

成績の良い騎手は、上記の5人ですが、なんと三浦騎手が入っています。

これは驚きですね。東京マイルは得意にしているようです。

穴党の人には注目出来るデータですね。

 

 

脚質データ

東京芝1600mの脚質データです。

 

 

・逃げ

30-31-29-249 勝率8.9% 複勝率26.6% 単勝回収率215% 複勝回収率181%

・先行

119-97-114-879 勝率9.8% 複勝率27.3% 単勝回収率89% 複勝回収率88%

・差し

142-155-115-1566 勝率7.2% 複勝率20.8% 単勝回収率60% 複勝回収率70%

・追込

49-57-84-1348 勝率3.2% 複勝率12.4% 単勝回収率52% 複勝回収率53%

 

やはり、直線の長い東京ですから、逃げ、先行、差し、あまり差がありません。追込の複勝率も10%を超えてますので、完全に無視することも出来ないですね。

 

回収率から人気薄の逃げ馬には注意が必要でしょう。

しかし、今年は何が逃げるのか分かりませんね。そこを読み切れたら高配当を取れるかもしれません。

 

 

前走距離別成績

東京新聞杯の過去10年の前走距離別成績データです。

 

 

・1400m

2-0-2-12 勝率12.5% 複勝率25.0%

・1600m

7-9-6-74 勝率7.3 複勝率22.9%

・1800m

0-0-0-14 勝率0% 複勝率0%

・2000m

0-1-2-12 勝率0% 複勝率20%

・2200m(エリ女)

1-0-0-2 勝率33.3% 複勝率33.3%

 

前走マイル出走組を狙うのがセオリーのようですね。

 

 

世代別成績

東京新聞杯過去10年の世代別成績です。

 

 

・4歳

3-2-3-24 勝率9.4% 複勝率25.0%

・5歳

3-3-6-30 勝率7.1% 複勝率28.6%

・6歳

4-4-0-30 勝率10.5% 複勝率21.1%

 

・7歳

0-1-1-30 勝率0% 複勝率6.3%

 

4歳、5歳、6歳馬の成績にさほど差はありません。この世代から選ぶべきでしょうね。

4歳馬でも好成績を残せていることと、7歳以下は不振なことを考えると、スピード寄りのレースになりやすいということでしょう。

 

 

データからの中心候補

以上よりデータからの中心候補は以下の馬ですね。

 

ダノンプラチナ(血統、騎手、前走距離、世代)

ダイワリベラル(血統、騎手、前走距離、世代)

・トーセンスターダム(血統、前走距離、世代)

 

やはり、データからもダノンプラチナは該当しますね。

1番人気の成績だけが引っかかりますけどね。後は、調教を確認して問題なければ馬券内は 確保する可能性は高いですね。

ただ、スタートが悪く追込脚質なので、馬場状態や展開によっては勝ちきれないことも想定しておく必要がありそうです。

 

ダイワリベラル、トーセンスターダムは前目に付けれる馬なので、配当的に単勝の妙味はこちらにあるのかもしれません。

 

 

 

以上です。