こんにちは。 たかぴです。

 

本日は、2月14日の日曜日に京都競馬場で行われる、

京都記念(G2)のデータ分析を行います。

 

今週から復帰することになった福永騎手は、先週落馬で怪我の浜中騎手に変わり

タッチングスピーチに騎乗予定です。

いきなりの人気馬ですね。大丈夫でしょうかね?

毎年、京都記念はG1クラスの馬が出走するレースですが、今年のメンバーは小粒の印象を受けますね。

 

 

京都記念 データ分析

血統(種牡馬データ)

京都2200mの種牡馬成績です。

 

・ディープインパクト

18-13-13-65 勝率16.5% 複勝率40.4% 単勝回収率96% 複勝回収率88%

・ステイゴールド

4-5-8-41 勝率6.9% 複勝率29.3% 単勝回収率190% 複勝回収率164%

・ハーツクライ

4-14-4-57 勝率5.1% 複勝率27.9% 単勝回収率113% 複勝回収率118%

 

 

ディープ産駒は京都は本当走りますよね。今回も注目せざるを得ません。

タッチングスピーチトーセンレーヴヒストリカルが出走予定です。

 

その他で、穴血統として、回収率の高いステイゴールド、ハーツクライ産駒を挙げます。

穴として面白いと思います。

ステイゴールド産駒は、ショウナンバッハ

ハーツクライ産駒は、ワンアンドオンリーが出走予定です。

 

 

騎手データ

京都2200mの騎手成績です。

 

 

・岩田騎手(アドマイヤデウス

6-9-5-25 勝率13.3% 複勝率44.4%

・デムーロ騎手(サトノクラウン

2-1-2-9 勝率14.3% 複勝率35.7%

・藤岡佑騎手(スズカデヴィアス

3-5-4-17 勝率10.3% 複勝率41.4%

 

武豊、ルメールが東京参戦なので、騎手的に大注目という騎手はいませんが、あえて挙げるなら、岩田騎手とデムーロ騎手ですかね。

また、穴騎手としては、今週から復帰の藤岡佑騎手の成績が良いです。

逃げ馬のスズカデヴィアスに騎乗予定ということで穴で非常に面白いと思います。

2年連続の好走もあるかもですね。

 

 

前走距離別成績

京都記念過去10年の前走距離別データです。

 

 

・1800m

0-2-0-7 勝率0% 複勝率22.2%

・2000m

3-2-0-24 勝率10.3% 複勝率17.2%

・2200m

0-0-2-15 勝率0% 複勝率11.8%

・2400m

2-1-3-20 勝率7.7% 複勝率23.1%

・2500m

4-2-3-9 勝率22.2% 複勝率50%

 

前走2500m出走馬の成績が抜群です。

これは、前走が有馬記念出走馬の成績4-2-3-7なので、ほぼ有馬記念出走馬による成績です。

前走が有馬記念の3頭、アドマイヤデウストーセンレーヴワンアンドオンリーには心強いデータです。

 

また、香港帰りの馬の成績も優秀です。

前走2000mと2400mは、香港Cと香港ヴァーズ出走馬の成績が主です。

日経新春杯出走馬の成績は、0-0-2-12、

中山金杯出走馬の成績は、1-1-0-5とあまり良くはありません。

人気のレーヴミストラルとヤマカツエースには嫌なデータですね。

 

 

世代別成績

京都記念過去10年の世代別成績です。

 

 

・4歳馬

5-2-1-21 勝率17.2% 複勝率27.6%

・5歳馬

4-1-5-22 勝率12.5% 複勝率31.3%

・6歳馬

1-7-3-22 勝率3.9% 複勝率33.3%

・7歳馬以上

0-0-1-25 勝率0% 複勝率3.8%

 

中心は4、5歳馬ですね。6歳馬は1着はないけど2、3着なら充分可能性はあるデータでね。

ただ、7歳馬以上は酷い成績ですね。

 

4歳馬は、

サトノクラウンタッチングスピーチミュゼゴーストヤマカツエースレーヴミストラルが出走予定です。

 

5歳馬は、

アドマイヤデウスショウナンバッハワンアンドオンリースズカデヴィアス

が出走予定です。

 

 

データからの注目馬

以上より、データからの注目馬は、

ワンアンドオンリー(血統、前走有馬、5歳)

アドマイヤデウス(騎手、前走有馬、5歳)

穴で、

スズカデヴィアス(騎手、逃げ、5歳)ですね。

 

 

4歳馬からは、前走レースが不安材料のレーヴミストラルとヤマカツエースの人気2頭と、

前走2200mで牝馬のタッチングスピーチには不安要素もあります。

それなら、休み明けですが、能力はG1級のサトノクラウンに注目します。

 

 

本日は以上です。